生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

高血圧で薬を飲んでも下がらない無い場合、原発性アルドステロン症も

      2014/06/19

NHKニュースで、高血圧で長年悩んでいる患者さんが、薬を飲んでも血圧が思うように下がらないため、医療診断してもらい手術で改善された例を取り上げていました。

高血圧の人は、日本人の3人に1人の4000万人と言われていて、そのうちの10%の400万人が、これから話す原発性アルドステロン症の可能性があるとしています。

では、その原発性アルドステロン症とはどうゆうものなのか?

その患者さんは、十数年高血圧に悩まされ、最高血圧200mmHg以上、あるいは最低血圧100mmHg以上で、血圧を下げる薬の降圧剤を何種類も飲んでも効き目がなく、病院に行っても高血圧はそのようなものだと言われていたらしく、そのまましておくわけにはいかないので、

病院に行ったらそう診断されたのです。

これまでは、あまりにも薬を飲んでも効き目がなくて、せいぜい最高血圧170mmHg程度しか下がらないため、東北大学の病院で診察してもらったら原発性アルドステロン症とのことで、外科手術によって緩和され平常生活に戻りました。

原発性アルドステロン症は、腎臓の上の副腎皮質の上部に腫瘍が出来て、その腫瘍が作用しているため高血圧を下げる降圧剤を何種類も飲んでも下がらない性質を持つものです。

そこで、その患者さんは部分麻酔をして、外科手術によりその患部を焼ききって、悪さをする腫瘍が動作できないようにすると、通常の血圧に戻ったとのことでした。

高血圧の人で、降圧剤を飲んでもなかなか血圧が上記患者さんのように下がらないのならば、原発性アルドステロン症も疑って診察してもらうといいようです。

そのまま放っておくと、脳梗塞、心筋梗塞、不整脈や腎不全を起こすリスクが数倍高まるため、注意が必要になります。

なにも年配者だけではなく、若者にも高血圧でそうした症状の人が増えているようですから、手遅れにならないように早めに診察してもらうといいですね。

 - 生活スタイル ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
最高のサービスとは

最高のサービスとは。PC Windowsのいつもの立ち上げ、
見慣れたPCロゴタイトルがスタート、ほどなく突然、途中で止まった。パソコンのフリーズです。一度はありましたが、何度再起動繰り返しても先には進めない。

全国都道府県ガソリン価格比較
ガソリン代 節約や対策・方法や燃費の節約術は?

ガソリン価格がどんどん上がっています。そこで、ガソリン代を抑えて燃費効率性の良い …

no image
髪の毛が抜けるのを防ぐには、毎日のストレスを減らしヘアケアも。

髪の毛が抜けるのを防ぐには、最初にちばん大事なのは毎日のストレスを減らすことが一番最強なわけです。ストレスがかかり過ぎると、知らず知らずのうちに、いつも髪の毛を引っ張ったり、むしったり、頭皮をかいたりします。するとこれが長期間にわたると頭皮が赤くなったりして、頭皮にもストレスがかかり、髪の毛が完全に抜けやすい状態になります。

no image
年末年始の過ごし方と、2014年の目標は何ですか?

年末や、年に一度の家の大掃除もいいものです。普段行き届かなったかった掃除を、年末に一度に掃除するのも大変なのですが年末の掃除をしている間、一年の区切りをつけられることを感じながら、新年は心新たに頑張ろうと思い、心機一転の気持ちも芽生えたことが収穫として良かったです。結構一日がかりでしたが、気持ち新たに出来るところと、綺麗な環境で過ごせるのがまたいいのです。

no image
婚活・恋愛・結婚、そして出会うべき人に出会うには?

婚活・恋愛・結婚、そして出会うべき人に出会うには?一体どうしていけばいいのでしょうか。興味ある人は多いと思います。例えば、20代だとすると、出会いも多いですし、その分、恋愛するチャンスも多いわけですね。まだまだ、この後も良い人がいるだろうと。次の出会いや恋愛対象を選ぶ余裕もあるかもしれません。と言うより、ありますと、普通は思います。人にもよりますが、その出会うチャンスが多い分だけ余裕を持ちすぎてしまう可能性も大きいわけです。

no image
高速道路で突然事故や緊急停車、危険と事故回避する唯一の方法

高速道路で車がエンストしたり、事故やエンジントラブルでクルマが突然急に止まる場合、車が後続車に追突されたり、ぶつかる危険性が非常に高まり、その際に多くの更なる事故に発展して、後続車からはねられたり、追突されたりしてさらに大惨事になるケースが増えています。その危険性を回避する唯一の方法は、車内に、三角停止表示板や

no image
山中伸弥氏のiPS細胞と小保方晴子氏のSTAP細胞のコラボに期待!

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の山中伸弥氏が、STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)は万能細胞になるメカニズムはiPS細胞と同じ可能性があるため、ノウハウを提供し、協力したいと毎日新聞の取材で話しているようです。小保方晴子氏のSTAP細胞とコラボが実現すれば、人の再生医療の研究に一層の弾みがつくと思われます。それは更に研究の域を超えて、医療の現場で実践されることに拍車がかかると言えそうです。

no image
ダイエットチョコ実は高カロリー?

国民生活センターによると、一般的に30〜40%のカカオを含む、高カカオチョコレートが、各メーカーから発売され、種類も豊富にあり、売り上げを伸ばしている一方で、高カカオチョコレートはカカオの含量や脂質が多く、エネルギーは比較的に高いので、摂り過ぎにも注意が必要のようです。

no image
うつ病の発生メカニズム解明で、自分で出来る範囲の対策は?

名古屋市にある名城大学の鍋島俊隆特任教授と名古屋大学などからなる研究グループが、うつ病の発生メカニズムを解明したと、NHKが伝えています。うつ病などを発症しやすくしたマウスを、集団と一匹ずつ隔離した場合に分けて、ヒトの思春期に当たる時期から3週間にわたって飼育した結果、ドーパミンの減少やうつ病に結びつく結果が出たのです。ドーパミンとは、成績や仕事で結果が出たり、美味いものを食べたり、収入など嬉しい報酬を得た際に分泌される脳内物質で、人の生存本能と深い関係があると考えられています。

ランボルギーニ最新車をイタリア警察に提供、時速100Kmを3.2秒加速

ランボルギーニ最新車をイタリア警察に提供、100mを3.2秒の超加速して追跡も可 …