生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ガソリン時代の車から電気自動車(EV)の次世代エコカーが間近に?

      2014/07/15

これだけガソリンが高騰している今、
電気自動車(EV)次世代エコカー
移るのがこれからの自然なカタチだと考えます。

 

産経新聞に注目すべき記事に目が止まりました。

 

それは、
ノルウェーではEVに対する
手厚い税制優遇の恩恵によって

 

2014年3月に、なんと新車販売台数における
EVの割合が25%に達したのです。

 

さすが、自動車業界が注目している
ノルウェーです。

 

北欧を含めて、ヨーロッパの最先端に対する
企業の動きや国策として政府が、
機敏に対応している姿を感じます。

 

ノルウェー政府は環境にやさしい自動車に対して、
高額な自動車税対策をはじめとして、

 

高速道路の料金の免除
無料の公共駐車場、

バスレーンの通行許可など、
かなり手厚い優遇措置を導入しています。

 

また、ドライバーがEVを無料で
充電できる無料充電スポットが国内に点在していて、

市街地の駐車場では無料で充電・駐車ができる
便利なスポットがあるのです。

 

ノルウェーは人口は約500万人、
環境に優しい政策を自動車を適応・奨励して
積極的な取り組みを展開しています。

 

その背景には、
米電気自動車(EV)メーカー、
テスラ・モーターズが製造する
EVセダン・モデルSが好調なのが
大きな要因になっています。

 

北欧ではフィンランドのノキアと言えば、
携帯電話端末では
世界最大のシェアを取っていましたし、
また、携帯電話の代名詞でもありました。

 

北欧では日本では考えられない施策や
先端技術の導入のイメージがあります。

 

車ではベンツが、
Cクラスの400万円台クラス以上で
半自動操舵運転装置
搭載した車を販売しています。

 

これほどまでに
ガソリンが高騰しているエコ時代に、

 

ヨーロッパの先端技術の企業に
EVの割合が25%に達するほど

 

政府がサポートしている姿には
エコ時代をリードしていこうとする姿勢を感じます。

 

確かに、燃料電池車(FCV)
酸素と水素で排出は水だけで、
自然にも優しく、航続距離も700km程度ありますが、

 

最終的には、家でスマホのように充電できる手軽さと
航続距離が長い電気自動車(EV)が発売され、

 

プリウス並みの料金の車であれば売れるでしょうか。

 

あとは、肝心の課題の航続距離が長く、
電池のコストが低く、充電時間が短い、

 

そして家庭でも充電できる
プラグインハイブリッドであれば!・・・

 

次世代エコカーは、これまで以上に、
身近に迫ってきている感じが強いです!

 

エコの時代に入り、
政府と企業がどのような対応をして
先端エコの時代を日本が拓いていき、
未来が創られるのか楽しみでもあります。

 

ノルウエーとは環境や税制面、人口は違いますが、
カタチづくる国や企業が先鞭をつけて
先頭に立ってリードする必要はあります。

 

それは日本なのか、他の国なのか
また日本ではどの企業が先導するのか?・・・

 

いづれ日本にグーグル的な発想をしていく企業が現れ
時代を新しく創っていくのか?
とても興味があります。

 

毎日新聞によると、
東京大工学系研究科の
水野哲孝教授らの研究チームが、

 

リチウムイオンと比べ充電容量7倍
次世代型の充電式電池
原理を開発したと発表しました。

 

リチウムイオン電池は、
携帯・スマホ、PC、タブレットと多目的で使われて、

 

充電が途中で何度でもできて
使い勝手はいい反面、
電池の使用時間が短いのが欠点なのですが、

 

この次世代電池では、
7倍の容量を軽量化出来ると見込めるため、
今後はスマホ、PCだけではなく、

 

次世代の電気自動車(EV)充電にも
応用できる可能性を秘めています。

 

理論的には充電容量は従来の約7倍ですが、
現実験段階では2倍のため、
今後の実用化に向けて実験も加速しそうです。

 - 生活スタイル , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
子育て支援・待機児童ゼロ&結婚と子供を増やすには?

子育て支援・待機児童ゼロはアベノミクスの三本目の矢としては十分に分かりますし、これまでの政策より良くはなっていると思います。でもこれだけではヤングママは納得出来ないこともあるのではと思います。このあたりは議論が出てくるようにも感じます。でもですよ、それよりもっと大切なことが必要になるのですね。結婚と子供を増やすには、どうするのーと言う根本的な問題です。少子高齢化が加速する中で三本の矢だけでは十分に足りていないのです。なぜか?・・・

高血圧で薬を飲んでも下がらない無い場合、原発性アルドステロン症も

NHKニュースで、高血圧で長年悩んでいる患者さんが、薬を飲んでも血圧が思うように …

no image
健康を維持するため、PM2.5飛来対策や準備は?

PM2.5飛来への健康対策に必要な手段として、PM2.5対応の専用マスクの着用や、PM2.5の分布予測を見ながら対策をとることが必要になってきます。拡散しているPM2.5の吸引は体を蝕み、体や健康に大きなダメージにつながるため、自らが対策手段をとらないと・・・

ランボルギーニ最新車をイタリア警察に提供、時速100Kmを3.2秒加速

ランボルギーニ最新車をイタリア警察に提供、100mを3.2秒の超加速して追跡も可 …

no image
PM2.5、ドス黒いスモッグの健康被害は致命的!

PM2.5、ドス黒いスモッグの健康被害はどう見ても致命的としか言いようがありません。中国でのPM2.5のどす黒い街と化したスモッグは、もはや救いようもないくらい健康被害は甚大に。まさか、写真は夜じゃ〜無いですよね。大気汚染によるスモッグがここまでとは、マジで信じられない世界。よう、ここまでしたなー、という感じ。

no image
原発ゼロを目指すことは、日本の未来にとっては大正解!

原発ゼロを目指すことは、日本の未来にとっては大正解!だと思います。小泉純一郎元首相が講演で「全原発ゼロを実現し、循環型社会を目指すべきだ」としたのはまさしく日本とってもいいことです。なかなか元首相が日本のあり方をとるスピーチをする人は少ない中で、「 未来の日本を考える」、ひいては「 未来の世界を考える」とも言えます。以前にも記述しましたが、天文学的な甚大な被害を経済的にも、精神的にももたらした原発事故や、放射性廃棄物、放射性物質の怖さを体験した日本にとっては、これ以上の最悪の環境をもたらす原発はもはや時代逆行と言ってもいいですね。

食中毒予防の3原則や食中毒を予防する方法は?

食中毒は1年中どこにでも発生する可能性がありますが、その食中毒の原因となる細菌や …

歯科治療
歯科治療も病院設備や歯科医師の技術によっても違いあり

歯の治療に今まで何年も、または何度も治療に通った人も多いかもしれません。 歯科治 …

指先の乾燥割れ
指の皮膚乾燥の割れを防ぐため専用の軟膏を購入後、試すと・・

秋から冬にかけて、指先、特に指の爪先のまわりの皮膚が割れてパックリ状態や、ひび割 …

no image
スターバックスで年に一度の恒例年賀を楽しむ

スターバックスで年に一度の恒例年賀を楽しむのが昨年からの家族の恒例になっています。どういうことかと言うと、家族で一緒にコーヒーを飲みに行くことはまずありません。笑 それゆえに、新年の神社参りをした後、昨年から、その後に向かう先がスタバになって・・