生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

無意識はサラバ!、記憶を留める、記憶をたどることが役立つ!

      2014/05/17

記憶を留めたり、確かに辿ることで役立つことを実感しました。
と、同時に無意識に行動した経験ってありますか?

それは何か? ですが、実は運転免許証を一瞬紛失して、どこを探しても無く、確かに今まで持っていたのにと、何度も確認しても、書類まわりや車の中も隈なく探しても見つかりません。

郵便局で必要書類に添付する運転免許証のコピーをとってもらい、手渡しで受け取り、そのまま運転免許証のカバーの中には入れたものの、再度、別の書類で自動車運転免許証のコピーが必要なため、その足で今度は近くのコンビニに運転免許証を持って行きました。

そして、財布と運転免許証を取り出してコンビニのコピー機に。

沢山のお客さんがコーヒー焙煎機の前に立ちはだかり、

避けるようにコピー機前に行って料金のコインを投下しましたが、

なな、なんと、肝心の自動車運転免許証が見当たりません。

えっーと、思いあちらこちらを探してみたものの、どこにもありません。

コピー機周辺や車から店に辿ってきた通り道にも。

車の中をダッシュボードを初め、座席下、あちこち探しても見当たらないのですね。
かなりショックです。

念のため郵便局にそのまま戻り、周辺を探しても問い合わせてもありません。

コンビニも同様なのですね。落としていないかコピー機の裏の床下も探し、まるで神隠しに合ったように忽然と自動車運転免許証が消えたのです。

早速、一旦諦めて警察へ紛失届けをするべく電話で問い合わせしました。近くの交番か警察署に行かなければならないのかと思いましたが、運転免許証の紛失届は、電話でも受け付けできるので、そのまま届け出を済ませました。

このまま見つからなければ、遠方の運転免許証センターで再交付を受けなければなりません。

半日以上の時間と料金が無駄になります。運転免許証をなくしたからといってないまま運転すると不所持になるのですね。

紛失した運転免許の再交付・再発行手続きは下記のとおり。
・運転免許試験場や
・運転免許センターなどで再交付。

最寄りの警察署に紛失届けも含めて、問い合わせする方がいいです。
・運転免許証再交付申請
・申請用写真1枚(縦3cm×横2.4cm)

運転免許センターにも通常あります。
・身分証明書(保険証、年金手帳、身体障害者手帳、パスポート、社員証、学生証、住民票、外国人登録証明書など)
・印鑑(認印でも大丈夫)

そこで、話を元に戻して無意識と記憶の本題に。

どうしても運転免許証探しても出てこないので、再度記憶を辿って行きました。

この作業は何度もしました。どこまで持っていたのか、どのようなアクションをしていたのかなど記憶をたどって。

もちろん、記憶の限界があったり、ぼんやり定かではないこともあるものの、どうしてコンビニの中にわざわざ入ったのかなど。

コピーをするには、運転免許証そのものが必要です。普通、手ぶらでコピーをするため入ることはないですよね。

そうして一旦は諦めていたものの、再度時間を置いて記憶をたどると、
場所の特定はコンビニ内と特定して、

再度、ここしかないと思い、再訪問して事情を話してコピー機の後ろ床下を再度探してみました。コンビニ内のコピーの裏の床面をも一度は探してみたものの無いのが分かっていたのですが、やっぱりありません、機械周辺もそうです。

しかしですよ、なんとなんと運転免許証発見したのです!

なんと、コピー機の裏ではあるのですが、コピー機のカバーを上にあげた時に、料金を投入するため、コピー機のカバー上に無意識に載せた運転免許証が、カバーを上に上げた瞬間に知らずにそのまま裏のツガイに向けて斜めにサーッとズリ落ちたのです。

コピー機上の後方背面上の溝にちょこんと載っていました。

これほど有難いことはありません♪

最後まで諦めなくて良かったと。うれしくて思わずそのコンビニで買う必要のない物の買物をしました。汗

そこで教訓ですが、そもそも大事なものを置いたり、アクションを起こす場合は、無意識はマズイので、できるだけ記憶に留めておく必要があります。

無意識にアクションをしていては、記憶がと留まらないので、後から思い出そうとしても曖昧でダメなのです。

こんなことありませんか、とても大きなショッピングセンターの駐車場、どこに車を留めたか分からずに一瞬記憶を辿ることは?そのようなことと同じでしょうか。

1つひとつの行動ややっていることを確かにしておけば、また記憶に留めておけば、後々万一の場合も記憶を辿ればいいので、とても便利に重宝するのですね。無意識はご法度です。

もし、そんなことあったよ、でしたら、記憶に留める、無意識に行動しないで、周りを見渡して置いた場所の周辺の目印や確認などしておくと後から付箋の役割で便利かもしれません。

特に、無意識的に行動しないのがポイントですね。

いつも考えていたり、記憶にとどめたり、頭をスッキリさせておくことが脳トレにもいいでしょうか。

もし、少しでも何か思い当たることがあれば、少しお試しをしてみるのも何かに役立つかもしれません。

 - 生活スタイル , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
原発ゼロを目指すことは、日本の未来にとっては大正解!

原発ゼロを目指すことは、日本の未来にとっては大正解!だと思います。小泉純一郎元首相が講演で「全原発ゼロを実現し、循環型社会を目指すべきだ」としたのはまさしく日本とってもいいことです。なかなか元首相が日本のあり方をとるスピーチをする人は少ない中で、「 未来の日本を考える」、ひいては「 未来の世界を考える」とも言えます。以前にも記述しましたが、天文学的な甚大な被害を経済的にも、精神的にももたらした原発事故や、放射性廃棄物、放射性物質の怖さを体験した日本にとっては、これ以上の最悪の環境をもたらす原発はもはや時代逆行と言ってもいいですね。

集中して作業する環境づくり
作業用bgm/勉強用bgmで集中力高める音楽・リラックスできる軽音楽

作業用bgmや勉強用bgmで バックにそれとなく 軽い静かな音楽を聴き流しながら …

no image
SNSサイトの新発見

SNS(Social Networking Service)、人と人とのネットワーキング上での出会いで、コミュニケーションがとれる、コミュニティタイプのネットワークサービスと言われています。話題を共有したり、語り合ったり、聞いたり、様々な会話がなされ2003年頃、アメリカが発祥地のようです。そのSNSの中でも、

no image
夫婦間をうまくやる! 離婚を救う最大の処方箋とは!

夫婦間をうまくやる! 離婚を救う離婚を救う処方箋をご紹介したいと思います。なんと過去1年間に離婚した夫婦は1日あたりなんと約650組ものカップルが離婚。なんでそんなに離婚する夫婦が出てくるのー?と思われるかもしれません。もちろん色々な事情があってのことなのですが・・じゃー、少しでもこの離婚率の数値を下げることを、ひいては、夫婦間を救う処方箋も伝授しますね。そもそも離婚に至るまで以前に、さかのぼって考えて行く必要があります。

no image
iPhoneの究極は

音声認識携帯、これはあくまでも究極の勝手な想像と提案です。コチョコチョ、携帯電話から片手で文字を打って入力するのではなく、音声が判断して入力していく。もし、携帯製品を手がけるなら入力は音声認識により、メール文章が入力されていき、メール文章が完成されて、送信できる、そんな携帯があってもいいのではないでしょうか。

no image
プロ野球の無料ネット配信に2012年から変化が。

プロ野球は無料ネット配信でかなり使えそうですねから、変化が。プロ野球の観戦で、直接球場に足を運ばない場合、野球観戦の仕方にも変化が出てきました。これまでジャイアンツ戦が中心でTV観戦していたファン層も、また他の球団を応援していたファンにも観戦に幅広い選択枝が出てきましたね。プロ野球の無料ネット配信に2012年から変化がでて、これまで無料のネット配信していたものが、有料のネット配信化への以降であったり、試合の途中経過をスマートフォンでの試合経過を楽しんだり・・・

no image
最高のサービスとは

最高のサービスとは。PC Windowsのいつもの立ち上げ、
見慣れたPCロゴタイトルがスタート、ほどなく突然、途中で止まった。パソコンのフリーズです。一度はありましたが、何度再起動繰り返しても先には進めない。

指先の乾燥割れ
指の皮膚乾燥の割れを防ぐため専用の軟膏を購入後、試すと・・

秋から冬にかけて、指先、特に指の爪先のまわりの皮膚が割れてパックリ状態や、ひび割 …

no image
毛乳頭細胞工夫して毛包再生し、髪の毛が生えてくる?

毛髪を生み出す組織で、毛乳頭細胞(毛球の上部に位置して毛包を作る役割)を成人男性の脱毛症患者の後頭部から採取して、試験管内で培養後、マウスの皮膚組織に移植したところなんと、毛が生えたと・・

no image
GoogleとAppleがタイアップ、病気と老化に取り組む会社Calico社とは?

oogleとAppleがタイアップして病気と老化に取り組む会社、ヘルスケアのCalico設立は壮大なプラン。取り組む最先端企業同士もそうなら、目標の大きな実現可能と考えられてGoogleとAppleがタイアップして設立するのですね。ライバル同士、しかし先端を担っている企業がこのようにタッグを組んで、一見実現不可能なテーマを可能にしていこうとする姿勢と思いは目を見張るくらい素晴らしいものです。