失業から雇用、そして新たな仕事を創出をするには。

仕事雇用の減少が起きていますが、経済危機に対して、民間が出来る事は最大限に行い、その一方で、これまでとは違う発想や枠組みづくりの対策から政府が仕事と雇用を増やすめ、雇用の創出を早急に取る時期に差し掛かっていると思います。

民間がやれる範囲は限られるため、政府が、独自に新しい業態なり、現在の産業の中に新たな仕事や雇用が生み出される新たな枠組みづくりインフラを作り出すことが求められるでしょう。

既存の企業を助ける意味でも、一つひとつの産業が更に発展するよう見直していくことを最優先に。身近なこところでは、農業ひとつをとってもハイテク技術を利用できることがあります。人材を新しく入れて、それを更に伝統的な農業も発展させること。

自動車産業ではどうでしょうか、今のガソリンやハイブリッドにこだわるのではなく、新しい仕組みの動力、電気を更に発展させる、官民一体のプロジェクトにする、現在の仕組みを変えるプロジェクトを推進させる。今のエネルギーを変えていくんだという取り組み。

人材が不足するなら、学生と教授が実績をあげるように共同研究を加速する。

人手不足ならば、全く新規に学ぼうとする学生を増強し育成する、また、赤ちゃんを増やす、人口増加の環境づくりを急ぐ。待った無しで、同時進行に耐えれる態勢づくり。

それぞれの分野に関心ある学生を学費を投入して人材を増やすなり、民間から学ぼうとする人を増強して育成するなりして、これまでとは全く違った枠組みを創出することが、経済危機を救うことにつながります。

一方、現実的に、早めに取り掛かれる雇用の創出もあります。厚生労働省が更に本気で取り掛かれるかにかかります。

例えば、職業訓練の充実度です。現在の一部基礎的なカリキュラムを一層実践的モードに、企業でも即戦力で使える内容にするには、3ヶ月コースではなかなか基本の習得にしかつながらないため、

最小限6ヶ月コース、1年コース以上の職業訓練期間を、これまでの伝統的な職業訓練コースに加え、将来の展開を図れるハイテク技術も取り入れたり、

かつ現実に即した実践的カリキュラムを増やして、現在、仕事を失っている人にも、より新たな分野の仕事につながるよう、教育訓練の実践モード習得を強力に目指していくことでしょうか。

例えは、今の時代にあったものに加えて、将来の必要とされる技術や海外の成功事例も積極的取り入れていく方法もアリです。

今後、目先だけを追いかけていては、経済成長はありえないので、緊急時にも余裕をもって対処できるデザインなり、スキームが一層求められてくるのではないでしょうか。

それぞれの分野にわたって、今後、政府が将来の様々な産業発展のためにやることは山のように仕事があると思います。そのため、一つひとつ問題を早急にクリアしに行くことです。つまり、ホームランを狙わずに、確実なヒットを積み重ねていって最後に結果を出して勝ちに行くみたいに。

それを、足の引っ張り合いに時間を割くことは、相当、多面的にロスするので、与野党、一致団結して、日本経済、更に世界の経済、産業発展につながるよう舵をきっていくなど・・。

米国のゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラー社が、経営再建計画を提出するも救済案には限界があると思われます。

根本的に売れない市場が出来ているため、莫大な救済支出は、一過性になる可能性が高く、岐路に立たされているオバマ大統領の手腕が一層問われてくると思います。

即効性は求められて、大胆な改革案でもない限り、再生の道は見えないでしょうし、起死回生の一手一手を大切に考え、全知全能を結集し、一手先の効果的な展開を、これほど必要とされることは無かったのではないでしょうか。

その一手をオバマ大統領がどう打ち出すのか、それとも日本では新たな対策を出せるのか、かつて?経済大国と言われた日本の手腕がとても問われています。

頑張れ日本とみんなから異口同音に支持される政府になって欲しいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。