どんな仕事でも光り輝くことがあります。

それは、些細なことから意味を見出したときに、その現象が突如として起こり、時には光り輝くことにもなるのですね。

一生懸命に、努力しても見出せなかったことが、苦しんで苦しんで意味を見出せなかった時にもあることがふとした、きっかけで目覚めることにも。

たとえ、絶望の淵にいたときも希望を持ち続けることで奇跡が起きるのです。
諦めないこと、それが次の希望や目覚めを誘うのですね。

ただ、待っているだけの姿勢ではなく、同時に求める姿勢もとても大事なことになります。

そして、自分に正直であることも同様に大切です。嘘を自分についていては、後が大変です。
正直に生きて、正直にぶつかればいい結果は出やすいです。

嘘で固めると、その嘘を更に塗り固めることになるので、自然と嘘のメッキは剥がれ落ちます。

自分や他の人に正直にぶっかって失敗することも当然あります。その反面、それ以上に成功の確率ははるかに高かまることは断言できます。様々な要因で。なぜなら、その1つに強い自分がいますよね。ちょっとやちょっとではブレにくく、柔軟に修正して前へ進むこともできます。

どんな仕事も、光り輝きますが、そうではない場合も状況によってあるかもしれません。
仕事が光り輝く場合、その差は、そのものに取り組むいちずな姿勢でしょうか。

同じ仕事をするなら、イヤイヤ仕事をする場合と、仕事をより良くすることや、仕事の達人になるにはどうしたらいいかを考えて仕事するのとは月数を重ねれば重ねるほど、その仕事の本質や習熟する差はとてつもなく大きいです。

その差を知っている人の多くが偉大な功績を残している事実があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。