生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

原発(原子力発電)から新エネルギーへ

      2014/05/17

例えば、風力発電、ソーラー発電含む、新エネルギーや代替エネルギーへ転換する国が増えるものと思われます。

福島第一原発の大惨事から、スイス、ドイツは原発を将来廃止する方向にある一方で
イタリアも世論が原発依存に反対しています。

欧州各国は今後、原発からの脱却で新エネルギーを含む対策に追われるでしょう。

単に効率性を求めれば、現在、原発開発の答えに行き着くのですが、危険性をはらむ原発では前途多難なことは明白です。

今が良ければ、効率性が優先されるのではなくて、将来の展開を考えることが大切ですね。
尊い命が脅かされ、想像を超える何十万人の大移動がどれだけ大変なことか。

それを体験した人でないと思いは分かりません。

汚染される、食料、土地、水、その他多くの生物の危険性。中途半端で無い、遥かかなた先の汚染除去消滅期間。人や生物、動物の営みが、環境が一瞬で激変すること。環境の恩恵は、一部の人や地域だけではなく、人類みんなが共有するもの。

人が安全で暮らせる生活、安心して暮らせる社会が最も大切なのではないでしょうか。

昔懐かしきとは言わないまでも、古き良き時代の感覚を保ちつつ、二段も三段もギアを入れ替えて、これまでに無い斬新な再生出発計画を打ち出すことが大切です。

各党、アイデアの出し惜しみや脚の引っ張りあい、また、内輪もめしている時間はなく、タスクフォース的にプロジェクト計画で推進するように、対策と革新に対してアイデアは数多くあると思います。

新エネルギーも、ソーラー発電だけが全てではないですし、風力発電も、意外と効率的なことは、ご存知ないかもしれません。

太陽光パネルを利用する、ソーラー発電は、パネル枚数を数千枚と置いただけでは、設置面積の割合に比べても現時点では原子力発電に比べて、効率性はどうしても見劣りがするのですね。

太陽光パネルの効率性は、一般住宅では使えるものの、発電所のエネルギーをまかなえるまでには到っていません。

しかも技術の進化の速度は加速度的とまでいきません。

実験的に、数億かけて太陽光パネルを設置している電力会社はありますがそれも、焼け石に水の状態です。

つまり、新エネルギーや代替エネルギーのこれからの進化と費用対効果、設置面積、設置場所など考慮して国家予算ベースで、組んでいく必要があるのですね。

かつての米国のアポロ計画なみのプロジェクトで推進する必要があると思います。

また、吟味しながら時間をゆっくりかけてやっている時間はないと思われます。

企業で言うところの、計画を持って一部走りながら、更にスピード感を持って推進することも時には大切です。

また、補助金だけでサポートを民間任せだけではなく、国の威信をかけて同時に未曾有のバイタリティーで強力に実行していくことも。

民間ベースと国と、国を超えた協力体制も同時に進めて。そして、現在今なお被災している地域に暮らす人と、日本全土で未来に暮らす人々のために。更に、世界的規模も視野に入れて。

過去から現在に至るまで、時間の経過とともに各エネルギーが、費用・効率性とともにどう変化してきたのか。効率的で無いなら、どうしていけばいいのか。

色々な前向きな検証、チェックも含めて計画していく。その時間軸に対して、これまで国ベースの開発性のプロジェクトはどのように推進されてきたのか。

そして、未来へのエネルギーの明確で確実性のあるビジョンを策定することが大切ですね。
色々な観点から、一方に偏った専門家だけではなく、各方面のその道のプロの専門家やシンクタンクからの意見を聴くことも大切です。

ゆっくり検討している時間はありません、早急にまとめ展開することです。被災された多くの方を思って。被災された多くの方への対策を優先して。将来の日本や世界に暮らす人が安心して生活できるように。家族で地域で心底から笑える暮らしや地域を取り戻すために。

そして、未来の子供たちのために。

 - 話題 , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
発毛が何度でも生える再現性をマウスの実験で成功!

発毛が何度でも生える再現性をマウスの実験で成功!とは、画期的なサプライズです。先日も、発毛についての記事を掲載しましたが時を得ずして、発毛の実験成功とは、発毛についての研究も加速度を増してきた感じがします。薄毛や脱毛、髪の毛が薄くて困っている人や、髪の毛が無い人の悩みは尽き無いのですが発毛・育毛にも良いとなると、発毛がこれだけ、目に見えるくらいに黒々と伸びる実験は、これまでには無いような朗報のビッグニュースだと思います。

no image
世界の大富豪の被害総額いかほど?

「世界の大富豪の被害総額いかほど?」トップ20の記事の中に
あの投資の神様である、ウォーレン・バフェット氏が・・

no image
スーザン・ボイルさんの優れた才能が開花

スーザン・ボイルさんは、今や時の人になりました。
一見どこにでもいそうな女性ですが、Britain's Got Talentでの予選オーディションで、スーザン・ボイルさんが一夜にして注目を浴びてしまったのです。それは、YOU TUBEを見れば・・

no image
ダイオウイカ、世界初の撮影瞬間、伝説がリアルに!

ダイオウイカ、世界初の撮影瞬間、伝説がリアルになりましたね。幻の超巨大イカの撮影に、NHKと国立科学博物館などの国際チームが挑戦したのです。『ダイオウイカ』と言うと、確かに、これまで図鑑上で、ダイオウイカがマッコウクジラに取り付いている絵やイラストで小さい頃から見た人もいるでしょうか。イラストでは、想像上の生き物みたいな感じでしたね。その伝説のダイオウイカが、NHKが、長い年月の末、ついに映像でとらえたわけです。視聴していて、確かに見応えあってすごかった。なんでも、2本の長い腕の触腕まで入れると、最大18mに及ぶ世界最大のイカで、地球上最大の無脊椎動物。

no image
STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見

STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見が!体の細胞に酸性の溶液で刺激を与えるだけで、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などと同様、あらゆる臓器や組織になれる「万能細胞」を作ることに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターなどのグループがマウスの実験で成功しました。iPS細胞では通常作製に2〜3週間かかるのに対し、STAP細胞では最短2日間で作製して、成功率や使う際の安全性も高く

AKB48選抜総選挙結果、渡辺麻友がセンターに

『第6回AKB48選抜総選挙』開票が、2014年6月7日に開票されました。それは …

no image
世界長者番付、すごいの一言では片付けられない?

経済誌フォーブスの、2008年の世界長者番付では、13年間マイクロソフトのビルゲーツ氏が首位でしたが、2008年には、アメリカの投資家、バフェット氏がはじめて首位となったようで

no image
アナログディスク・LPレコードの楽しみ方が急増中?

アナログレコードを見直してみたり、LPレコードを聴いてみたいファン層が増えているようです。音楽鑑賞は、CDが今なお主流で伸びている一方、LPレコードの持つ独特な音質や、あの大きなジャケットを手にする感触など、CDとは違った音楽鑑賞が楽しめるとあって、人気を博してきているみたいですね。折しも、デビュー50周年のザ・ビートルズや、結成50年のザ・ローリング・ストーンズの大きな節目でもあって、音楽そのものの楽しみ方が、見直されて・・

no image
iPhone5Sの販売でドコモが1位に、さらにiPhone6の噂?

iPhone5Sの販売でドコモが1位に、さらにiPhone6の噂が海外でもう出てきました。まずは、iPhone5Sなど、新型iPhoneで販売に変化が出ているようです。これまで、Auやソフトバンクが新型iPhoneの販売で優位に展開。一方ドコモは、spモードメールの対応や在庫が不足も影響して、販売体制の劣勢が伝えられていましたが、ドコモが限定的に首位に・・

no image
Siri(音声認識ガイダンス)の日本語版搭載がAppleからデビュー!

Siri(音声認識ガイダンス)の日本語版搭載が遂にアップルからリリースしました。