生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

自動ブレーキ停止システムの進化は?!事故は防げる、防ごう!

      2016/12/07

自動停止ブレーキシステムは進化を遂げて、これからは生活にはなくてはならない実践的に使われる技術の一つになりつつあります。

 

自動ブレーキシステムについてはすでに多くの自動車メーカーによって導入され、一般にも販売が始まり、よくCMやネットでも目にする自動ブレーキが搭載されている車も増えてきています。

 

そうした搭載車が広まりつつある状況で、老若男女、高齢者にかかわらず、幅広い年代層にも必要な装備の一つになってきています。

 

さらにどの家庭においてでも、今の自動車を保有するように、自動ブレーキ機能付きの自動車は、完全自動運転とあわせて、当たり前の時代になるのは時間の問題と考えていいでしょう。

 

最近多くなっている高齢者の衝突事故が頻繁に起こっていますが、そうした悲惨な事故は、自動ブレーキ機能を備えた自動車に乗っていたならば、少なくともそうした悲惨な死亡事故が起きなかった可能性は高いといえます。

 

その意味では特に高齢者にとって、自動ブレーキ機能付きの自動車は必須条件にもなってきつつあります。

 

自動車が建物内に突っ込んで、そこに居合わせた夫婦と一人の子供さんが事故に巻き込まれ、夫婦が亡くなり、唯一小学生の一人の子供さんだけが近くにいなかったことで難を逃れましたが、ご両親がいなくなったことで、残された子供さんの気持ちは、想像を絶してこの世のものとは思えないでしょう。付き添いと心のケアが最優先となります。

 

本当に涙が出て言葉を失うものです。出来ることなら時間軸を事故前に戻して、もう一度、自動ブレーキ搭載の車で走行再現してあげたいくらいです。絶対に!

 

ただ、現実問題としては、ようやく各自動車メーカーも自動停止機能を備えた車を販売し始めたところもあって、まだまだ費用がかかるため、今すぐの導入や買い替えは現実的ではありませんが、将来は後付けでも低料金で自動ブレーキ機能を備えた自動車があれば、今回のような悲惨な事故は防げたと言えます。

 

一方、自動運転については、各自動車メーカーしのぎを削り、日々進化した自動運転技術を発展させていますが、ドライバーとしては自動運転装備といえども、当面の間は前方注意もしながら運転することになります。

 

現在は、ドライバーが責任を負うものになっています。

 

そうなると、本来の自動運転技術の確立ではなくなりますが、過渡期から現在にまで自動運転やオートストップ装備があっても、車の走行は自ら状況や走行状態を目視して、万一の緊急事態での停止する機能、歯止めは必要不可欠ですね。

 

国土交通省の自動車性能評価試験の結果は・・

車種 メーカー 総合得点 自動ブレーキ得点

(総合得点は71点が満点、自動ブレーキは25点満点)

1位 アクセラ マツダ 70.5点 24.5点

2位 フォレスター 富士重工業 69.5点 23.5点

3位 インプレッサ 富士重工業 68.9点 22.9点

4位 レヴォーグ 富士重工業 68.5点 22.5点

5位 プリウス トヨタ自動車 68.1点 22.1点

 

なお、上記の自動ブレーキの得点の25点満点は、歩行者との衝突防止に関わる点数です。

 

次のような道路状況にもよっては、ドライバーが判断することも必要に迫られることになります。

 

例えば、雪が降って路面が見えなくなったり、道路が凍結して車線が隠れる状況下。

 

また、想定外の事態で、前方の道路に穴がすっぽり空いていたり、道路が突然陥没した路面に気づき、対応できるのかどうか。

 

また、山道の斜面から大きな落石が始まり路面変化、斜面の変化に気づくかどうかなど、突発的な道路状況にどれだけ対応できるかはとても重要なことになります。

 

よくありがちな、豪雨、豪雪、氷点下での天候で車体、窓、カメラの凍結、氷着、汚れ、機器破損・不備への機器の対応、ドライバーの対応を含め、天変地異やソフトの不具合など、対策も普通に対応が迫られると予想できます。

 

突発的に車の前を横切る人や自然環境など、まだまだ解決しなければいけない自動運転技術、自動ブレーキシステムではありますが、それでも今できるところから自動ブレーキの停止システムを導入して、防げたはずの事故が防げるのであれば早急に取り入れられれ、悲惨な事故が防げるとするなら、そうした手段を持つことはとても大切な選択肢になります。

 

同時に高齢者は、特に積極的に取り入れることが望ましくなるわけですが、導入費用、技術の進化と道路交通法、補償を含めた人とのかかわりなど、今後の動向に注目したいところです。

 

一人ひとりの心の持ち方、心の余裕、ゆずり合いは、そうした先進の技術とともに『事故は防げる、防ごう!』の思いは、事故を防ぐ、人それぞれの人生を左右する大きなカギとなります。

 - 生活スタイル , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
歯の健康美を保ち、歯周病を防ぐ最高の秘訣は?パート1

歯の健康美を保ち、歯周病を防ぐ最高の秘訣は?それは、歯のケアと、歯を正しく磨くこと!一斉に、えっー!!と聞こえて来ました。笑。歯のケア+歯を正しく磨くの両方がとても重要なのです。じゃー、早速、歯の健康美人を目指す最高の秘密を暴露しますね。これは、歯の美しさをキープするだけでなく将来にわたって、健康とお金の節約も出来る一挙両得の秘伝です。

集中して作業する環境づくり
作業用bgm/勉強用bgmで集中力高める音楽・リラックスできる軽音楽

作業用bgmや勉強用bgmで バックにそれとなく 軽い静かな音楽を聴き流しながら …

no image
プロ野球の無料ネット配信に2012年から変化が。

プロ野球は無料ネット配信でかなり使えそうですねから、変化が。プロ野球の観戦で、直接球場に足を運ばない場合、野球観戦の仕方にも変化が出てきました。これまでジャイアンツ戦が中心でTV観戦していたファン層も、また他の球団を応援していたファンにも観戦に幅広い選択枝が出てきましたね。プロ野球の無料ネット配信に2012年から変化がでて、これまで無料のネット配信していたものが、有料のネット配信化への以降であったり、試合の途中経過をスマートフォンでの試合経過を楽しんだり・・・

ランボルギーニ最新車をイタリア警察に提供、時速100Kmを3.2秒加速

ランボルギーニ最新車をイタリア警察に提供、100mを3.2秒の超加速して追跡も可 …

no image
山中伸弥氏のiPS細胞と小保方晴子氏のSTAP細胞のコラボに期待!

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の山中伸弥氏が、STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)は万能細胞になるメカニズムはiPS細胞と同じ可能性があるため、ノウハウを提供し、協力したいと毎日新聞の取材で話しているようです。小保方晴子氏のSTAP細胞とコラボが実現すれば、人の再生医療の研究に一層の弾みがつくと思われます。それは更に研究の域を超えて、医療の現場で実践されることに拍車がかかると言えそうです。

メルセデス・ベンツ The new S-CLASS
安全走行をハイテクで極限装備したベンツの S-CLASSの凄さとは?

グーグルの自動走行の中のシステムの一つ、安全走行を極めた車(自動走行車ではあまり …

no image
ポップコーンは金塊に値するくらいポリフェノールを含有している?

ポップコーンは軽くて水分があれだけ少なくても、ポリフェノールが存在して、特にポップコーンの外皮である殻は最も注目に値するもので、実際にポリフェノールと繊維をあわせ持つ、高濃度を保持する王様的食品でもあり、それらは黄金とも金塊ともい言える価値が有るようです。金に匹敵する存在価値があるのがポップコーンなのですね。

no image
インフルエンザAウイルス予防はR-1乳酸菌ヨーグルトで可能?

R-1ヨーグルトは、免疫力を上げるなど健康効果機能がある機能性ヨーグルトとして、注目されてきていますが、その理由は、従来の整腸作用や内臓脂肪の軽減や抗炎症作用に加え、機能性ヨーグルトが、マウスの研究実験からインフルエンザAウイルスへの感染予防の効果を雪印メグミルクが発表しています。ウイルス量と炎症を示す指標が軽減化され、腸内の免疫力にかかわる善玉菌も回復したり良い作用をしているようです。

苦境から脱出する方法
行き詰った時に、苦しい現状から脱出する唯一の方法や手段は?

何かに行き詰まることは、仕事・職場や生活、   家庭・家族、対人、お金 …

no image
健康を維持するため、PM2.5飛来対策や準備は?

PM2.5飛来への健康対策に必要な手段として、PM2.5対応の専用マスクの着用や、PM2.5の分布予測を見ながら対策をとることが必要になってきます。拡散しているPM2.5の吸引は体を蝕み、体や健康に大きなダメージにつながるため、自らが対策手段をとらないと・・・