生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

自動ブレーキ停止システムの進化は?!事故は防げる、防ごう!

      2016/12/07

自動停止ブレーキシステムは進化を遂げて、これからは生活にはなくてはならない実践的に使われる技術の一つになりつつあります。

 

自動ブレーキシステムについてはすでに多くの自動車メーカーによって導入され、一般にも販売が始まり、よくCMやネットでも目にする自動ブレーキが搭載されている車も増えてきています。

 

そうした搭載車が広まりつつある状況で、老若男女、高齢者にかかわらず、幅広い年代層にも必要な装備の一つになってきています。

 

さらにどの家庭においてでも、今の自動車を保有するように、自動ブレーキ機能付きの自動車は、完全自動運転とあわせて、当たり前の時代になるのは時間の問題と考えていいでしょう。

 

最近多くなっている高齢者の衝突事故が頻繁に起こっていますが、そうした悲惨な事故は、自動ブレーキ機能を備えた自動車に乗っていたならば、少なくともそうした悲惨な死亡事故が起きなかった可能性は高いといえます。

 

その意味では特に高齢者にとって、自動ブレーキ機能付きの自動車は必須条件にもなってきつつあります。

 

自動車が建物内に突っ込んで、そこに居合わせた夫婦と一人の子供さんが事故に巻き込まれ、夫婦が亡くなり、唯一小学生の一人の子供さんだけが近くにいなかったことで難を逃れましたが、ご両親がいなくなったことで、残された子供さんの気持ちは、想像を絶してこの世のものとは思えないでしょう。付き添いと心のケアが最優先となります。

 

本当に涙が出て言葉を失うものです。出来ることなら時間軸を事故前に戻して、もう一度、自動ブレーキ搭載の車で走行再現してあげたいくらいです。絶対に!

 

ただ、現実問題としては、ようやく各自動車メーカーも自動停止機能を備えた車を販売し始めたところもあって、まだまだ費用がかかるため、今すぐの導入や買い替えは現実的ではありませんが、将来は後付けでも低料金で自動ブレーキ機能を備えた自動車があれば、今回のような悲惨な事故は防げたと言えます。

 

一方、自動運転については、各自動車メーカーしのぎを削り、日々進化した自動運転技術を発展させていますが、ドライバーとしては自動運転装備といえども、当面の間は前方注意もしながら運転することになります。

 

現在は、ドライバーが責任を負うものになっています。

 

そうなると、本来の自動運転技術の確立ではなくなりますが、過渡期から現在にまで自動運転やオートストップ装備があっても、車の走行は自ら状況や走行状態を目視して、万一の緊急事態での停止する機能、歯止めは必要不可欠ですね。

 

国土交通省の自動車性能評価試験の結果は・・

車種 メーカー 総合得点 自動ブレーキ得点

(総合得点は71点が満点、自動ブレーキは25点満点)

1位 アクセラ マツダ 70.5点 24.5点

2位 フォレスター 富士重工業 69.5点 23.5点

3位 インプレッサ 富士重工業 68.9点 22.9点

4位 レヴォーグ 富士重工業 68.5点 22.5点

5位 プリウス トヨタ自動車 68.1点 22.1点

 

なお、上記の自動ブレーキの得点の25点満点は、歩行者との衝突防止に関わる点数です。

 

次のような道路状況にもよっては、ドライバーが判断することも必要に迫られることになります。

 

例えば、雪が降って路面が見えなくなったり、道路が凍結して車線が隠れる状況下。

 

また、想定外の事態で、前方の道路に穴がすっぽり空いていたり、道路が突然陥没した路面に気づき、対応できるのかどうか。

 

また、山道の斜面から大きな落石が始まり路面変化、斜面の変化に気づくかどうかなど、突発的な道路状況にどれだけ対応できるかはとても重要なことになります。

 

よくありがちな、豪雨、豪雪、氷点下での天候で車体、窓、カメラの凍結、氷着、汚れ、機器破損・不備への機器の対応、ドライバーの対応を含め、天変地異やソフトの不具合など、対策も普通に対応が迫られると予想できます。

 

突発的に車の前を横切る人や自然環境など、まだまだ解決しなければいけない自動運転技術、自動ブレーキシステムではありますが、それでも今できるところから自動ブレーキの停止システムを導入して、防げたはずの事故が防げるのであれば早急に取り入れられれ、悲惨な事故が防げるとするなら、そうした手段を持つことはとても大切な選択肢になります。

 

同時に高齢者は、特に積極的に取り入れることが望ましくなるわけですが、導入費用、技術の進化と道路交通法、補償を含めた人とのかかわりなど、今後の動向に注目したいところです。

 

一人ひとりの心の持ち方、心の余裕、ゆずり合いは、そうした先進の技術とともに『事故は防げる、防ごう!』の思いは、事故を防ぐ、人それぞれの人生を左右する大きなカギとなります。

 - 生活スタイル , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
PM2.5、ドス黒いスモッグの健康被害は致命的!

PM2.5、ドス黒いスモッグの健康被害はどう見ても致命的としか言いようがありません。中国でのPM2.5のどす黒い街と化したスモッグは、もはや救いようもないくらい健康被害は甚大に。まさか、写真は夜じゃ〜無いですよね。大気汚染によるスモッグがここまでとは、マジで信じられない世界。よう、ここまでしたなー、という感じ。

no image
人とのつながりが希薄化してないか?

最近特に、人とのつながりが希薄化しているように感じられます。特に、若い世代でSNSなど、人のつながりは大切にする一方で、SNSやツイッター、フェイスブック、LINEなどスマホ化やPCの依存が大きくなるに伴い、便利な面や利便性も拡大しているわけですが、その一方で、本来の持つ、人とのつながりやリアルでの相手の痛みや同情する心、人の持っている優しさがこれまで普通に持っていた可能性のある人まで変化をもたらし、年々希薄化しているように感じられます。

no image
2014年、毎年恒例で、日経新聞、朝日、毎日、読売新聞を比較する

日経新聞、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の4新聞を、、毎年新年に恒例で朝一番に購入します。比較すると興味の持つ記事は人によりますが日本経済新聞の元旦の新聞は読み応えがあります。ハイテクを通して今後の生活に及ぼす流れの一端が見える多面的な記事がとても興味深いです。それは、1記事だけでなく複数のページ・紙面をとって独自に紹介しているのは日本経済新聞ならではなのかもしれません。このあたりは、他の新聞社でもできそうなのですが、どうしても芸能、スポーツの記載になるのはしかたのないことですね。

no image
Google MapsとAppleのマップ、実用的な地図ナビは?

iPhoneのGoogle Mapsと、Appleのマップのどちらがナビとして使いやすい地図ナビか?結論で言うと、Google Mapsの方が使いやすいナビです。ただし、その前にAppleのマップで走行中に表示されるデザインは圧倒的にアップルのナビの方が、かっこいいし、見栄えのする地図です。3Dは今ひとつの感。Google Mapsの使い勝手がいいのは・・

高血圧で薬を飲んでも下がらない無い場合、原発性アルドステロン症も

NHKニュースで、高血圧で長年悩んでいる患者さんが、薬を飲んでも血圧が思うように …

父の日プレゼント2
「父の日」こそ、日頃の感謝と気持ちを態度で表そう!

「父の日」は、人ぞれぞれ人の数だけ色々な思いがあると思います。 現在、同居してい …

no image
恋愛の女性の悩みを解決するには?

女性の恋愛の悩みを解決するには、一口では片付けられるものではないわけですが、そうかと言って、うまくいかない、出来なーいでは済まされること、済まされないことが出てきます。それにです、20歳代前半の恋愛、20歳代後半過ぎてからの恋愛と、30歳過ぎてからの恋愛では、心理的面や精神的なゆとりにも変化が出てきます。

no image
SNSサイトの新発見

SNS(Social Networking Service)、人と人とのネットワーキング上での出会いで、コミュニケーションがとれる、コミュニティタイプのネットワークサービスと言われています。話題を共有したり、語り合ったり、聞いたり、様々な会話がなされ2003年頃、アメリカが発祥地のようです。そのSNSの中でも、

no image
毛髪アンチエイジングで抜け毛予防と、髪の毛が生えるには

毛髪アンチエイジングで抜け毛予防するだけでなく、ある方法で試すと、毛が生えてくる効果もあるようですね。枝毛を切る癖を直し、ストレス発散やタバコの吸い過ぎを自粛、夜更かしをしない、脂気の多い食事ばかり摂らないことは、良く聞くところですが、髪の加齢を防ぐにもいい方法が

no image
「夫婦生活で嫌なこと、夫婦生活が円満になる秘訣」ベスト5とは?

「夫婦生活で嫌なこと、夫婦生活が円満になる秘訣」ベスト5とは?「夫婦生活で嫌なこと」ベスト5が、起点なのですが、裏返せば、その逆パターンが、夫婦円満のコツなのですね。「夫婦生活で嫌なこと」や「これは絶対イヤ!」なことは
何かで、R25が、20〜49歳の既婚の男女208名にアンケートしたようです。その結果、ご覧のとおり第1位、「会話がない」これが50%以上、占めています。そりゃそうですね。もし、夫婦間の会話が無いとどんなことになるか・・