生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

宇多田ヒカルのHEART STATION・Fight The bluesは

      2014/05/18

Fight The blues を歌う 宇多田ヒカルさんですが、ブルー、つまり「憂鬱と戦え」が歌の1曲目のタイトルで始まります。

宇多田ヒカルさんの曲を聴いて感じることは、メロディと歌詞が優れていること、マッチすること。
メロディは特に、イントロからあるメロディから始まっても展開メロディの予想がつかないのがいいところと、それでいてアップテンポのリズムに乗せられる、この展開ありなのかと。

予想を超える展開がいいですね。彼女のメインの土俵に持ち込んで魅了する展開でしょうか。
鋭いリズム感があると思います。

特に、「HEART STATION」のアルバムでは、どの曲も素敵な曲が盛り込まれています。
その曲の序章、Fight The bluesの歌詞に男も女もタフじゃなきゃね、や

メンタルタフネス、つまり精神的なタフネスさが必要だよと歌っています。
まさしく、これからのキーがあるのです。

つまり、この時代のキーワードは、恋愛に限らず男女とも強靭なタフさや、精神的な強靭さが必要とされそれが無いと、これからの時代、2009年は生き残っていけません。

これが最優先のキーワードの前提になります。この精神的タフネスを身につけていい意味で物事をやり遂げる、

仕事をするにも、仕事を見つけるにも長丁場を覚悟して今できること、今しなければならないこと憂鬱に負けると、憂鬱が支配して戦いの意欲がそがれますね。

ちよっとしてことでも良い展開が出来るように良い方向、良い方向へと持っていく心構えが、一層必要になります。

たとえ、今が特にそうではなくても。だから、Fight The blues
宇多田ヒカルさんの曲のタイトル、憂鬱と向き合う、付き合う心構えが光ってきます。
YOUTUBEに見つけたので、贈ります。

実際の曲は、CDを車内で4スピーカーで聴いていますがCDの方が10倍以上遥かに宇多田ヒカルさんの良さが引き出され感性が感じられることは付け加えますね。

音が全然違うので。生だと、もっと最高でしょうけど。下記ではあくまでも、参考です。
↓ ↓ ↓

 - 音楽 , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
SNSから歌手デビュー、ネットの力は素敵

インターネットの総合サイトでSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)から歌手がデビューする時代になりました。
SNSは、多くの個人個人の様々な関心ある分野の中で、趣味を含めた、双方向性のあるコミュニケーション型のサイトです。

no image
マイスペースから情報・音楽発信

音楽発信をマイスペース(世界最大のSNSの日本版)から。SNSで、プロモーションが流れていたことで、偶然知ることになりました素敵なシンガーソングライターをご紹介したいと思います。その歌手の名前は、木下綾香さん、J-popがベースで、リズムアンドブルース、ジャズ、ソウルミュージック系などのジャンルもOK。

no image
「Fight The blues」 宇多田ヒカルの優れたアルバム

Fight The blues by <strong>宇多田ヒカル</strong>というタイトルで始まりましたが、初めて聴いたときは、何気なく何か変わった変調のメロディで乗りやすく、アップテンポでありながら、不思議な世界のメロディの流れでもあり、と思った印象でした。

no image
『クリスマス・ソング』と、『クリスマス映画』は、コレが超最高!

『クリスマスソングとクリスマス映画はコレが最高!』というタイトル。クリスマス・ソングとクリスマス映画は、やはり行き着く所、コレになるのですね。確かに、伝統的なクリスマス・ソングは、どれも、クリスマスには相応しく、と言うより、街で耳にする定番のクリスマス・ソング抜きには絶対にあり得ませんが、知らているポピュラー音楽と、あまり知られていないかもしれない、クリスマス映画を紹介してみたいと思います。で、『クリスマス・ソング』と言えば、山下達郎の、『クリスマス・イブ』・・

集中して作業する環境づくり
作業用bgm/勉強用bgmで集中力高める音楽・リラックスできる軽音楽

作業用bgmや勉強用bgmで バックにそれとなく 軽い静かな音楽を聴き流しながら …