生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

本田圭佑選手の視力2.0の視力回復のレーシックの良さは?

      2014/05/17

本田圭佑選手(サッカー日本代表)が、レーシックの視力回復施術のを受けていたようです。
Yahoo・東京ウォーカーによると、本田選手の視力は、右眼と左眼ともに、視力が0.4から2.0と劇的に回復したとのことで、

本田圭佑選手自身、以前から視力の低下を実感していて、2012年6月中旬に、SBCメディカルグループが展開する視力矯正専門院「新宿近視クリニック」で
これまで興味を持っていたというレーシック施術を受けて、視力の完全回復に成功したようです。

レーシック(LASIK)は角膜屈折矯正手術の一つで、仮に現在が近視で、視力が落ちていても、レーシックの角膜矯正手術をすることで、現在の裸眼より視力が回復して良くなり裸眼で遠く先まで見えるようになるのです。

多くの芸能人やスポーツ選手だけでなく一般の人でも、このレーシック手術を受ける人が増えて視力を回復しています。

今回、本田選手が受けたレーシックは、世界で1500万眼以上という実績がある「iLASIK」の最新バージョンで、「iDesign iLASIK」(アイデザインレーシック)を本田選手専用に個人的に合うようにカスタマイズしたレーシックのようです。

患者が希望する視力の見え方を極限まで再現させるため、近視や乱視の度数だけでなく、
高次収差と呼ばれる眼球全体の歪みや、角膜の形状と患者の眼球の光学的特性をあらゆる計測データを元にして、

どこまで見える視力にしたいのかとかなど、視力治療を患者の希望を取り入れて患者本人の思いも取り入れて治療を行ったのが今回のカスタマイズしたレーシックのようです。

かなり劇的な視力回復で、視力が良くない人やこれからレーシックを受けようとしている人にとっては、うらやましい限りでしょうか?

鳥の視力は驚異的で、人の視力の6倍以上の視力を持っていて、人が100メートル先の人の顔が確認できる程度なら鳥は、3Km以上先のものがはっきり確認でるみたいで、ハクトウワシは5km先の魚を見分けられますし、イヌワシは3km先のウサギを見つけることができるそうです。

狩猟型の鳥は、人の8倍以上の視力を持つので本当に驚きですね。アフリカの原住民の人でも、鳥のように視力が、4とか5とかいる人もいるようです。そこまで、見えてもと言う事になりますが、やはり、遠方まで視界良好で見渡せられれば、

本田圭佑選手は、まさに狩猟型の攻撃的プレイヤーなので両目の視力2.0の高い視力は、高い運動能力を備えることを意味しますね。

かなり、便利で裸眼も回復できるので、一旦、視力が回復するとレーシック施術後は、視力回復と余分な出費をしなくて経済的にもいいですしレーシックの恩恵を最大限に感じるのでしょうね。

視力を回復したとたんに普段の景色が劇的に変わって見えるのでしょうし、これまで、ぼんやりかすんでいた景色やはるか先の遠方の景色でも見えないところがはっきり分別したり、見分けられる訳ですから、

一般の人だけでなく、特にスポーツ選手にはこのレーシックによる恩恵は計り知れない武器にもなります。一瞬の判断や遠くの選手の動きが分かるわけですから瞬時の判断が必用とされるスポーツ選手にとっては身近な存在になりそうです。

例えば、レーシック施術の恩恵は、野球選手のバッターでも、重宝しそうです。なぜなら、このレーシックの視力回復技術は投球の球筋やコースの瞬時判断がこれまで以上に、早く反応できるのと、

飛んでくるボールを見る時間がそれだけ長くなる分だけ、球筋の流れや軌道の判断が増して引き付けてバッティングがでるようなるわけですから。両目視力の2.0なんかは、まさしく、すごいと言わざるを得ませんね。

裸眼の視力が回復するのはスポーツ選手にとっては大きな、かなめ的存在です。本田選手からも、このレーシック技術のすごさを感じます。これからも、ますますレーシック手術を受ける人が多くなりそうです。

 - 話題 , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
本田圭佑選手がスポーツ選手に勧めるレーシック手術ビフォーアフター

本田圭佑選手がスポーツ選手に勧めるレーシック手術前後の変化、Before・Afterが気になります。レーシック手術後どうなったのかや、良かったのか悪かったのかなど。本田選手がレーシック手術を受けた後、ネット上でレーシック手術がうまくいかなかったのではという噂がネット上で一時立ちました。しかし、現在本田選手は、今も視力は左右とも1.5を保っています。

no image
世界の大富豪の被害総額いかほど、パート2。

ウォーレン・バフェット氏や他のトップクラスの企業家を見てもわかるのは、資産価値が莫大だと言う事を前回言っていました。しかし、それだけに身動きが。

no image
ソチの浅田真央ちゃんがフリーで蘇った理由とは?

浅田真央ちゃんがソチ・オリンピックで魅せた最高のフリープログラムでの演技は感動を覚えるものでしたね。フィギュアスケート界の選手だけではなく、世界中の多くの人が感動を覚えたシーンでもありました。では、どうしてショートプログラムでミスをして、フリープログラムで蘇ったのかですが、元々、浅田真央ちゃん自身は天性の才能と併せて不屈の努力の賜で生み出された技ですが、あくまでも憶測の範囲内ですが、今まではひよっとして一つの欠点と不運を同時に持ち合わせていたかもしれません。

no image
東京スカイツリー+東京ソラマチ=家族・恋人の最適スポット

人気スポットの東京ソラマチも見逃せませんね。東西約400m、約5万2000平方メートルの広さに、ショッピングや食べ歩きが堪能できる、東京ソラマチは国内有数の商業施設スポットで、312店舗が建ち並び、それこそ、子供たちや家族から恋人同志にも嬉しく、楽しめる多目的商業施設の一つとも言えます。この東京ソラマチ・・

no image
山中伸弥京都大教授 ノーベル賞 iPS細胞とは

山中伸弥京都大教授 ノーベル賞 iPS細胞とは山中伸弥 ノーベル賞 iPS細胞は、昨年も受賞候補としてあがりお馴染みではあると思いますが、ついに!ノーベル医学生理学賞を受賞されました。山中伸弥 ノーベル賞受賞 iPS細胞と3文字が2012年に現実となりました。おめでとうございます。そもそも、iPS細胞とは、一体何?ですが、人工多能性幹細胞(iPS細胞)で(Induced pluripotent stem cells)の略。つまり・・

no image
アナログディスク・LPレコードの楽しみ方が急増中?

アナログレコードを見直してみたり、LPレコードを聴いてみたいファン層が増えているようです。音楽鑑賞は、CDが今なお主流で伸びている一方、LPレコードの持つ独特な音質や、あの大きなジャケットを手にする感触など、CDとは違った音楽鑑賞が楽しめるとあって、人気を博してきているみたいですね。折しも、デビュー50周年のザ・ビートルズや、結成50年のザ・ローリング・ストーンズの大きな節目でもあって、音楽そのものの楽しみ方が、見直されて・・

no image
結婚する資格や品格を持つ人とは?

結婚する資格や品格を持つ人とは?まさに先月5月下旬に、話題になった芸能人女性の逆バージョンそのものを指します。結婚して2年もするかしないかに、相手を裏切る行為は、それで幕引きで、離婚にほぼ100%つながります。と言うより、結婚する以前の話で人としての常識と品格が全く無い人を指します。相手を全く考えていない、相手を思わない人と結婚したことになりますね。

no image
BCNデータとGfKのデータの違いで記事にも大きな変化が!

製品やサービスなど、データのサンプリングをとるにしても、調査対象の中身によって、公表データの違いによってデータの取り扱い方にも随分差が出ることが分かります。朝日新聞によると、調査会社BCNでは、「iPad」を売る米アップルが初めて首位から陥落したとが発表されました。BCNデータ→エイスースが12月のメーカー別シェアで44・4%に急伸、アップルは40・1%、一方、GfKデータ→12月もアップルが首位を維持したとしています。違いは、BCNのサンプリング数は、調査対象の家電量販店がBCNでは約2400店のデータ数、iPadの入荷が多い複数の大手量販店が含まれていないデータによる発表。一方、GfKは約4000店、iPadの入荷が多い複数の大手量販店が含まれるデータです。データーひとつ採るにしても、調査対象製品が含まれる販売先によって随分データーの正確性に違いが浮き彫りになってくるのですね。

no image
最高の指導者とは、なでしこジャパン監督・佐々木紀夫

最高の指導者の資質や器が垣間見れます。常に、選手を思い、選手が次に向かっていける時に、けなす事ではなく、まずはねぎらう。そうしたことが、選手の意欲をそがれることではなく、選手一人ひとりが、自ら反省と改善につなげ次を狙っていこうという意欲の高まりを作り出していける環境づくりが気持ちの持続と高揚につながっているのだと確信できます。チームを指揮する立場のある指導者、監督、リーダー、上司そして、最高の指導者とは、かくあるべきだと言えます。意欲をそぐ意見や指導ではなく、個々自らが反省と次の改善に向けて取り組む姿勢を作り出す・・

no image
刑事コロンボのピーター・フォークさんは、いつまでも永遠に!

「刑事コロンボ」シリーズのピーター・フォーク氏が、ロサンゼルスの自宅で死去されました。83歳でした。コロンボ刑事は、おなじみの、よれよれのレインコートと葉巻がトレードマークで、独特の言い回しや、スタイルがテレビで受けました。「刑事コロンボ」シリーズのドラマの中では犯人を、一見とぼけた口調や雰囲気の中で、完全犯罪のアリバイを解決するべく、犯人との独特な会話の中から糸口を見つけ完全犯罪を見事に解決するドラマなのですね。