生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

発毛を促す物質を発見|毛髪・髪の毛が生える物質とは?

      2014/05/17

発毛を促す物質を発見|毛髪・髪の毛が生える物質とは?

発毛を促す物質をついに発見! 毛が生える物質をついに発見したと報道されました。

アメリカのエール大学の研究チームが発見したようです。(読売新聞)

これは、大発見ですね。これからの展開が楽しみになりますが、これまで、毛が生える仕組みは、小さな進展はあってもある程度のところで止まっていました。

マウスの実験から、毛が生える仕組みを突き止めました。これは、人間の髪の毛にも応用ができるのではと考えられ、脱毛や毛が薄い、薄毛の人、髪の毛が無い人など、脱毛治療にも光明に繋がる可能性が高そうです。

髪の毛に困っている人は多いですから、少しでも髪の毛が増える、毛生え薬のようなことをつい期待してしまいます。

髪の毛の元には幹細胞があって、変化したり、分裂を繰り返して髪の毛が生えるのですが、その髪の毛をつくる元の、幹細胞が、どんな要因で変化するのかは分かってはいなかったのです。

それが、今回のエール大学チームの実験で、大きな発見をしました。
毛根の周りにある「脂肪前駆細胞」の数を調べ、「脂肪前駆細胞」が出来ないよう操作したマウスは、毛は成長しませんでしたが反対に、「脂肪前駆細胞」を操作して、出来るようにしたマウスは、毛が成長したのです。

「脂肪前駆細胞」は、「PDGF」と呼ばれるタンパク質を生成して、「PDGF」が毛の幹細胞に作用することで毛が生えはじめることが分かったようです。

脂肪前駆細胞→PDGF(タンパク質)生成→毛の幹細胞へ働きかけ→毛が生え始める「幹細胞」は、ある意味「人の色々な器官を作り出す細胞」の役割をしているので、「幹細胞」と特定できるところが大きいです。

「PDGF」は(Platelet-Derived Growth Factor)の略で、内皮細胞や外皮細胞などによっても生成されるようですが、今回は脂肪になる前の細胞=脂肪前駆細胞が「PDGF」を作り、毛の幹細胞へ働きかけることを発見したようです。

毛が生え始めるという、大きな発見だと思います。今後、髪の毛が無くて困っている人や、
髪の毛が薄くて困っている人にも朗報かもしれません。

毛生え薬の進展と、実用化を期待したいところですね。
発毛について東京理科大の新たな革新的な実験成功について、発毛が何度でも生える再現性をマウスの実験で成功!で、記事追加しておきます。

 - 話題

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
世界の大富豪の被害総額いかほど?

「世界の大富豪の被害総額いかほど?」トップ20の記事の中に
あの投資の神様である、ウォーレン・バフェット氏が・・

no image
山中伸弥京都大教授 ノーベル賞 iPS細胞とは

山中伸弥京都大教授 ノーベル賞 iPS細胞とは山中伸弥 ノーベル賞 iPS細胞は、昨年も受賞候補としてあがりお馴染みではあると思いますが、ついに!ノーベル医学生理学賞を受賞されました。山中伸弥 ノーベル賞受賞 iPS細胞と3文字が2012年に現実となりました。おめでとうございます。そもそも、iPS細胞とは、一体何?ですが、人工多能性幹細胞(iPS細胞)で(Induced pluripotent stem cells)の略。つまり・・

no image
世界長者番付、すごいの一言では片付けられない?

経済誌フォーブスの、2008年の世界長者番付では、13年間マイクロソフトのビルゲーツ氏が首位でしたが、2008年には、アメリカの投資家、バフェット氏がはじめて首位となったようで

ワールドカップ 2014 サッカー、ブラジルや西村主審は? ザックは?

ワールドカップ 2014 日程 日本時間でも サッカー見られ、ブラジルの試合キッ …

no image
2020年夏季五輪の開催都市は東京に決定!

国際オリンピック委員会(IOC)は2013年9月7日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで総会を開き、2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市を東京に決定!東京では1964年以来56年ぶりの快挙!で2回目の五輪開催。開催都市決定の世紀の瞬間の画像あり。

no image
自然エネルギーと新エネルギー・代替エネルギー

自然エネルギーの活かし方が多面的にあります。従来型の水力発電、火力発電に加え、風力発電、太陽光パネルなどのソーラー発電、地熱発電など自然エネルギーや、代替エネルギー、蓄電での対応など様々な電力供給が考えられます。蓄電での対応など様々な電力供給が考えられる中、対策面でも様々。

no image
世界最強将棋ソフトV.S.現役プロ棋士との電王戦 対決結果は?

「第2回将棋電王戦」は、世界コンピュータ将棋選手権で好成績を挙げた最強コンピュータと、現役のプロ棋士5人による史上初の団体戦で、これまでプロ棋士1勝2敗1分。その1引き分けも、現役の塚田九段がまさに執念で持ち込んだ背水の陣の賜。相手コンピュータの考え方の隙をついたプロ棋士の頭脳将棋の結果とも言えるかもしれません。

no image
新国立競技場の建築の粋を極めた臨場感とデザイン性を白紙に!

新国立競技場は、斬新的で、どこにも無い近未来を思わせる建築!と、タイトルは付いてますが、新国立競技場 国際デザインコンクールで選ばれた建築物の作品で、新国立競技場は、8万人を収容する立体スタジアムのキャパが必要なこと・・最優秀賞に輝いたのは、イギリスの建築設計事務所、ザハ・ハディド・アーキテクトのデザインが選出され、それはもう近未来の斬新的なデザイン・・

no image
STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見

STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見が!体の細胞に酸性の溶液で刺激を与えるだけで、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などと同様、あらゆる臓器や組織になれる「万能細胞」を作ることに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターなどのグループがマウスの実験で成功しました。iPS細胞では通常作製に2〜3週間かかるのに対し、STAP細胞では最短2日間で作製して、成功率や使う際の安全性も高く

no image
世界の大富豪の被害総額いかほど、パート2。

ウォーレン・バフェット氏や他のトップクラスの企業家を見てもわかるのは、資産価値が莫大だと言う事を前回言っていました。しかし、それだけに身動きが。