生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

      2014/05/17

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてのデビューがついに実現ですね。
これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になります。

そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦(札幌ドーム)の前売り券の売れ行きは上々のようです。

過去に大谷が打順8番で先発し、1打席目に安打を放っても、ビデオリサーチ調べでは関東地区の視聴率はわずか2.6%、TBS関係者も「こんなに世間の関心が低いとは…」と青ざめているようですが、これは、恐らく関心が低いのではなくて

大谷が出るのか出ないのか分からないからと仕方がないのですが、ちょっとした怪我で試合に出たり出なかったりすることがあるからです。

最初から先発することが分かっていればそれに、結果を出していけば自然と関心は高くなると思います。

大谷を観たいけど出ない試合には自然と関心度は低くかるかもしれませんね。
大谷の出場と活躍次第で関心度は、自然と高くなることは言うまでもありませんが、バッティングもそうですが、むしろピッチャーとしての二刀流の進化をまずは観てみたいですね。

大谷1軍初デビュー戦

大谷1軍初デビュー戦

(出所:スポーツアネックス)

5月22日、翌日の先発投手として「大谷」の名前が大型ビジョンに表示されると、
札幌ドームは大歓声に包まれたようです。そりゃー全員振り向いて大型パノラマビジョンに釘付けになりますよね。

ピッチャーで結果を出して更にバッターで結果を出すとなると、否応なしに人気度は上昇しそうです。

ところで、5月23日のヤクルト戦で大谷選手のデビュー1軍の試合は毎回の6安打を浴び、2失点で5回86球で交代。

残念ながら観れませんでしたが、デビューとしてはまずまずの試合でしたね。
注目度ではダル超えで、前売り券の売り上げは1日平均で1000~2000枚。球団関係者は「当日券もあるので、3万人は間違いなく行く」と。

スポニチアネックスによると平日のナイターで観衆が3万人を超えたのは、4月5日ソフトバンク戦(3万3769人)のみ。

ダルビッシュが5年6月15日にプロ初登板した時も平日ナイター(水曜日)で、この時は2万4375人。大谷は前売り段階でダル超えのようです事前に分かっていれば人気はあがるものです。

また、日本ハムの栗山監督が23日の大谷先発を事前に発表してから前売り券の売り上げは急増したようです。

ましてや注目の二刀流の大谷となれば絶対観に行きたくもなります。これは、活躍すればするほど勢いがつきます。

5月28日現在、大谷は打者として16試合43打数14安打の打率・326、投手としては1試合5イニングで防御率3.60、さらに、6月に入って、打者として三番に座りました。

3タコ後の4打席目は、二塁打でチームの勝利のきっかけづくりに貢献しました。打者として魅力ですね。野村氏も二刀流には苦言を呈していましたが

しかし、能力のある若手選手にはチャンスを与えてもいいと思います。やってみる価値は十分です。止めてしまうことはリスクしかありません。めったに出ない選手の芽を反対に摘むことになる可能性があります。もちろん、その逆もありますがリスクを冒してもやる価値は十分ですね。

栗山監督の考えに賛成です。

オールスターゲーム2013のファン投票の受け付けも5月28日から始まりました。
https://allstargame.npb.or.jp/vote/login
栗山監督は監督推薦はしない方針なのでファンの投票で二刀流の大谷が選ばれるかどうか。
でしたが、ファン投票では大谷翔平が野手として選出されました。

規定打率には達していないものの打率三割は立派です。交流戦が終わり6月26日のソフトバンクとの試合では大谷がリーグ戦での先発登板。交流戦では1位のソフトバンクとの対戦はいかに!大谷のピッチングが見ものです。

オールスターゲーム2013
第1戦 7月19日(金) 札幌ドーム
【試合開始】19:05 【中継】テレビ朝日系列
第2戦 7月20日(土) 明治神宮野球場
【試合開始】18:05 【中継】テレビ朝日系列
(予備日:7月21日(日) 試合開始14:05)
第3戦 7月22日(月) いわきグリーンスタジアム
【試合開始】18:10 【中継】フジテレビ系列
(予備日:7月23日(火) 試合開始13:00)

監督(昨年度リーグ優勝チーム監督)
セントラル=原辰徳(読売)
パシフィック=栗山英樹(北海道日本ハム)
コーチ(昨年度2位・3位チームの監督)
セントラル=髙木守道(中日)、小川淳司(東京ヤクルト)
パシフィック=渡辺久信(埼玉西武)、秋山幸二(福岡ソフトバンク)
こんごのファン投票が楽しみですね。

としていたところ、ファン投票第1回中間発表が5月3日行われ、阪神の藤浪晋太郎が前田健を抑え、セ・リーグの先発投手のトップに。

投手と野手の「二刀流」挑戦の日本ハムのルーキー、大谷翔平はパ・リーグの外野手で4位、
先発投手で8位の票の2部門で獲得。

中間とはいえ、大谷の名前が2部門で出るとはすごい。みんな観たいんですね。
結果はいかに!

 - スポーツ ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
田中将大投手の成績や防御率も急速に改善!?修正点・問題点を解決?

米大リーグで活躍するヤンキースの田中将大投手が、NHK「プロフェッショナル 仕事 …

no image
2014年メジャーリーグ開幕、マー君初デビュー初先発、初勝利!

2014年、日本のプロ野球も、米メジャーリーグもついに開幕しました♪2014年のメジャーリーグで注目の一つはヤンキースに入団した田中将大、マー君です。メジャーリーグのヤンキースの一員であるマー君にとって2014年のシーズンは楽しみになります。活躍が続けば、メジャーを観に行くファンも増えていくでしょうし、観客動員数にも大きな影響が出るでしょうか。オープン戦ではキッチリ活躍して結果を残し、待望の2014年初メジャーリーグ、初デビュー初先発・・

no image
タイガーウッズのすごさ、超一流とは。

タイガーウッズが超一流と言われている一つには訳があるのですね。誰もが同じ条件でゴルフをしたとしても、プレーに差がついてしまう。出来そうで出来ない、仮にこれまではあったとしても。でもこれからはそうではないですよね。それは・・・

甲子園大会地方予選 高校野球
夏の甲子園大会の地方予選は色々なドラマが待っている!

高校生の野球の頂点である甲子園大会、 予選を勝ち抜いて代表の1校が 各都道県から …

苦境から脱出する方法
行き詰った時に、苦しい現状から脱出する唯一の方法や手段は?

何かに行き詰まることは、仕事・職場や生活、   家庭・家族、対人、お金 …

ヤンキース 田中 故障者リスト
ヤンキース・田中 右肘靭帯の部分断裂、症状や理由、治療・手術は?

右肘の炎症で故障者リスト(DL)入りしている ヤンキース・田中将大投手は、 (写 …

no image
2014年 MLBもメジャーリーグの試合生中継で昨年以上に面白い!

2014年 MLBも昨年以上に面白くなりそうです!ヤンキースの田中将大、黒田、イチロー、レンジャーズ ダルビッシュ有、レッドソックスの上原、田沢、カブスの藤川、メッツをはじめ多くのメジャーリーガーの名前が今後の幕開けに備え、準備しています。2014年のメジャーリーガーはどう活躍していくのか?

no image
WBC2013侍ジャパンメンバーで3連覇を目指して!!

WBC2013年の、侍ジャパンメンバーが決定しました。狙うはWBC3連覇を目指して!!それしかありません。ダルビッシュも、イチローも黒ちゃんもいません。しかし、ピッチャーもなかなか揃っていてあとは、打線がしっかり打ち込んでくれれば、いい線を走れるのではないでしょうか。あの、広島戦との戦いは、初戦の実践とは言え山本監督も誤算だったと思います。では、WBC2013年の、侍ジャパンメンバー28人は・・

no image
日本シリーズ2013、王手をかけた楽天、王者ジャイアンツと仙台で決戦!

日本シリーズ第5戦に競り勝ち、楽天がジャイアンツに王手をかけました。これまでに観てきた印象として、伊達にパ・リーグを制覇してはいません。民放では楽天戦は放映されないことが大半なので、選手個人の力量はスポーツニュースや紙面で推し量るしかありませんでしたが(ネットで生中継は別として)、日本シリーズにおいては、楽天の選手、個人個人の力は、セ・リーグの覇者ジャイアンツの選手層を上回ると考えていもいいかもしれません。短期決戦なので、選手の力は発揮できる選手、出来ない選手もいるわけですが・・

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。