生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

      2014/05/17

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてのデビューがついに実現ですね。
これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になります。

そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦(札幌ドーム)の前売り券の売れ行きは上々のようです。

過去に大谷が打順8番で先発し、1打席目に安打を放っても、ビデオリサーチ調べでは関東地区の視聴率はわずか2.6%、TBS関係者も「こんなに世間の関心が低いとは…」と青ざめているようですが、これは、恐らく関心が低いのではなくて

大谷が出るのか出ないのか分からないからと仕方がないのですが、ちょっとした怪我で試合に出たり出なかったりすることがあるからです。

最初から先発することが分かっていればそれに、結果を出していけば自然と関心は高くなると思います。

大谷を観たいけど出ない試合には自然と関心度は低くかるかもしれませんね。
大谷の出場と活躍次第で関心度は、自然と高くなることは言うまでもありませんが、バッティングもそうですが、むしろピッチャーとしての二刀流の進化をまずは観てみたいですね。

大谷1軍初デビュー戦

大谷1軍初デビュー戦

(出所:スポーツアネックス)

5月22日、翌日の先発投手として「大谷」の名前が大型ビジョンに表示されると、
札幌ドームは大歓声に包まれたようです。そりゃー全員振り向いて大型パノラマビジョンに釘付けになりますよね。

ピッチャーで結果を出して更にバッターで結果を出すとなると、否応なしに人気度は上昇しそうです。

ところで、5月23日のヤクルト戦で大谷選手のデビュー1軍の試合は毎回の6安打を浴び、2失点で5回86球で交代。

残念ながら観れませんでしたが、デビューとしてはまずまずの試合でしたね。
注目度ではダル超えで、前売り券の売り上げは1日平均で1000~2000枚。球団関係者は「当日券もあるので、3万人は間違いなく行く」と。

スポニチアネックスによると平日のナイターで観衆が3万人を超えたのは、4月5日ソフトバンク戦(3万3769人)のみ。

ダルビッシュが5年6月15日にプロ初登板した時も平日ナイター(水曜日)で、この時は2万4375人。大谷は前売り段階でダル超えのようです事前に分かっていれば人気はあがるものです。

また、日本ハムの栗山監督が23日の大谷先発を事前に発表してから前売り券の売り上げは急増したようです。

ましてや注目の二刀流の大谷となれば絶対観に行きたくもなります。これは、活躍すればするほど勢いがつきます。

5月28日現在、大谷は打者として16試合43打数14安打の打率・326、投手としては1試合5イニングで防御率3.60、さらに、6月に入って、打者として三番に座りました。

3タコ後の4打席目は、二塁打でチームの勝利のきっかけづくりに貢献しました。打者として魅力ですね。野村氏も二刀流には苦言を呈していましたが

しかし、能力のある若手選手にはチャンスを与えてもいいと思います。やってみる価値は十分です。止めてしまうことはリスクしかありません。めったに出ない選手の芽を反対に摘むことになる可能性があります。もちろん、その逆もありますがリスクを冒してもやる価値は十分ですね。

栗山監督の考えに賛成です。

オールスターゲーム2013のファン投票の受け付けも5月28日から始まりました。
https://allstargame.npb.or.jp/vote/login
栗山監督は監督推薦はしない方針なのでファンの投票で二刀流の大谷が選ばれるかどうか。
でしたが、ファン投票では大谷翔平が野手として選出されました。

規定打率には達していないものの打率三割は立派です。交流戦が終わり6月26日のソフトバンクとの試合では大谷がリーグ戦での先発登板。交流戦では1位のソフトバンクとの対戦はいかに!大谷のピッチングが見ものです。

オールスターゲーム2013
第1戦 7月19日(金) 札幌ドーム
【試合開始】19:05 【中継】テレビ朝日系列
第2戦 7月20日(土) 明治神宮野球場
【試合開始】18:05 【中継】テレビ朝日系列
(予備日:7月21日(日) 試合開始14:05)
第3戦 7月22日(月) いわきグリーンスタジアム
【試合開始】18:10 【中継】フジテレビ系列
(予備日:7月23日(火) 試合開始13:00)

監督(昨年度リーグ優勝チーム監督)
セントラル=原辰徳(読売)
パシフィック=栗山英樹(北海道日本ハム)
コーチ(昨年度2位・3位チームの監督)
セントラル=髙木守道(中日)、小川淳司(東京ヤクルト)
パシフィック=渡辺久信(埼玉西武)、秋山幸二(福岡ソフトバンク)
こんごのファン投票が楽しみですね。

としていたところ、ファン投票第1回中間発表が5月3日行われ、阪神の藤浪晋太郎が前田健を抑え、セ・リーグの先発投手のトップに。

投手と野手の「二刀流」挑戦の日本ハムのルーキー、大谷翔平はパ・リーグの外野手で4位、
先発投手で8位の票の2部門で獲得。

中間とはいえ、大谷の名前が2部門で出るとはすごい。みんな観たいんですね。
結果はいかに!

 - スポーツ ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
イチロー選手は打撃の神様を超えたのか?

マリナーズのイチロー選手は、4打数無安打に終わり、オープン戦では26打席連続無安打となり、過去の自己ワースト記録を塗り替えた。8試合連続無安打、普通、これでは首を傾げることしきりのはず。これだけ、毎回の打席で凡退の山でベンチに戻ってくる時は、戻りづらいはずなのに、

no image
マー君V.S.イチロー直接の初対決!2015年6月試合に注目、軍配はどっち?

イチローV.S.マー君との直接対決の前日、ロッキーズ戦の7回2死二塁から代打で、 …

no image
タイガーウッズのすごさ、超一流とは。

タイガーウッズが超一流と言われている一つには訳があるのですね。誰もが同じ条件でゴルフをしたとしても、プレーに差がついてしまう。出来そうで出来ない、仮にこれまではあったとしても。でもこれからはそうではないですよね。それは・・・

甲子園大会地方予選 高校野球
夏の甲子園大会の地方予選は色々なドラマが待っている!

高校生の野球の頂点である甲子園大会、 予選を勝ち抜いて代表の1校が 各都道県から …

オランダ ロッベン
オランダ ファンハール監督の名将采配とロッベン、GKクルルが凄い!

オランダ ファンハール監督の名将采配と ロッベン、GKクルルが凄い!ですが、 ( …

no image
イチロー選手と青木選手の天才バッターの違い

イチローは自分との戦いしかないように思います。もちろん、イチローは、スランプ脱出を試みていて、早出特打ちをしていますし、他の選手以上の、努力はしているから一層応援したいですよね。多くの観衆もそう見守っているでしょうし。
技術は言うまでもなく、天才バッターの一人でもあるので、自らの克服と気づきで、イチロー独自の調整法でバッティングを探っているのと、スランプの理由は分かっているとのことなので、それをどのようにうまく実戦で克服できるがが鍵になりますね。

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?と、いった大げさなタイトルですが、でも、イチローは今、絶好調!米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しましたね。2年ぶり、4度目の受賞です。38歳にして、6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁ですから文句の付けようもないどころか、一瞬、進化したのでは?と、思ってしまうほどです。笑。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。それは・・

2014 FIFAワールドカップは、ドラマの縮図!

2014 FIFAワールドカップは、観ていてドラマの縮図が当てはまります。 どの …

no image
松井引退の本当の理由は?ビフォー・アフター

松井の引退の本当の理由は実はそうだったのですね。知らなかった。まだ、やれると思っていましたが、これで、理由が分かってきました。2006年、松井が膝をかばうスライディングキャッチしましたね。この肘を損傷したプレーがきっかけでで加速したようにも思っていました。↓松井のスライディングキャッチ。ある程度は、筋トレしていたり筋トレのやり方だけなのかと思っていたのですね。どうして、シーズンを通して、キャンプや自主トレを含めて十分な筋トレをしていかないのか?このあたりが、ずっと疑問で、知りたいところでした。Business Mediaが伝えたところによると実際のところ、松井の膝の傷や故障にあったようです。ジャイアンツ時代に、古傷であった左ひざをかばうため、・・

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。