エンゼルス大谷翔平選手のリハビリ~MLBのMVPに!

エンゼルス大谷翔平選手が

アウェイのデトロイトタイガース戦で

3番指名打者(DH)で打者として復帰して以来

語るまでもなく

2021年11月ついに待望のMLBでMVPを獲得しました。

地道で長いリハビリをとおして達成した結果です。

当初は1ケ月以上前に復帰も考えられていましたが

二刀流の投手としてもリハビリを重要視して

万全の大勢をとって進められていきました。

ティー打撃、トス打撃、フリー打撃、マシン打撃とリハビリをしながら

段階を上げ、ピッチャー相手に打撃練習(ライブBP)を経て

復帰戦へとつながりました。

大谷選手が一番大事にしているのが

打席でのバッターの構えと言うことなので

相手ピッチャーの構えやモーション

それと大谷選手自身のバッティングの構えが

打つための前提となっていて

そうした感覚をまずは打席ひとつ一つで、

感じとり、球を見極めることから始めていったのですね。

しっかりメジャーの実践ので徐々に試合感覚を感じ取りつつ

2021年の二刀流への完成度を高めていきました。

長きにわたる試合感覚を取りもどすリハビリから始めて

今回のMVPをはじめ、多くの受賞につながっていきました。

2022年の大谷選手の活躍がさらに楽しみになってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。