牡蠣をプリプリ感でおいしく食べる方法は?下処理でさらに美味しく食べる!

牡蠣をプリプリ感でおいしく食べる方法は?下処理でさらに美味しく!

牡蠣は「海のミルク」と呼ばれるほど栄養素を含んだ食材の1つ

牡蛎(カキ)を美味しく食べる方法についてです。

今回は必要な下処理をすることで

牡蠣をさらにおいしく食べるための方法を紹介していきますね。

何かのご参考になれば幸いです。

牡蛎を美味しく食べるためには必ず下処理が必要になります。

この下処理をすることで牡蠣を一段と美味しく食べられるようになるわけですが

その理由も下処理することで見えてきます。

プリプリ感の食感牡蠣をおいしく食べる方法も合わせてご紹介していきますね。

牡蠣の加熱用の下処理で汚れを取り生臭くならない方法は?

最初に牡蛎の下処理について

次に生食用の牡蛎、加熱用の牡蛎の違いについて順に見ていきます。

加熱用の牡蠣をボール内にあるザルに移します。

ボールとザル内にある牡蛎に食塩を入れ

牡蛎を傷つけないよう軽くかき混ぜます。

その後、その牡蛎に片栗粉をササっと入れて手で軽くかき混ぜます。

これで黒くぬめりも浮き出てくるため

最初だけ真水を(腸炎ビブリオ菌は真水で取れるため)

ボールに入れ汚れ、生臭さをとるため軽く混ぜ込みます。

さっと洗いザルをあげ、汚れて黒くなったボール内の水を捨てます。

それを、同じようにあと2回程度同じようにして濁った水を捨てます。

水っぽくならないように2回目以降は

真水は使わずに塩水(水の2%程度、500mlなら1g余り)で必ず洗っていくようにします。

例えばボール内のザルに冷水を張って水1リットルの水では2グラムの塩を溶かし

牡蛎を軽く混ぜて塩水の中で洗います。

牡蛎の汚れが取れれば、牡蛎を引き上げて

ペーパータオルでふいて水気を取ります。

これで下処理が完成します。

このひと手間でおいしい牡蛎が食べられる準備が整うことになります。

生食用の牡蛎と加熱用の牡蛎の大きな違いは?

生食用牡蠣(かき)

そのまま生で食べられる牡蛎(かき)のこと。

殺菌処理はされて、牡蛎の味を重視しています。

(保健所が海の品質管理をしている沖合の海域にいるため

生食用として食べられることになります。)

加熱用牡蠣(かき)

必ず加熱してから食べる牡蛎になります。

(上記以外の河口付近の海域で保健所が管理していないため

殺菌処理をしてないことから加熱してから食べます。

河口付近の方が栄養素があるため大きくなる牡蛎が多く細菌も少ない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。