琥珀糖の作り方でグラニュー糖と寒天の量は?バリエーションを増やす工夫は?

琥珀糖の作り方はグラニュー糖で?バリエーションを色々するには寒天は少なめ?

宝石のように輝く琥珀糖はいろいろなバリエーションが楽しめる食材の一つですね。

自然の宝石のように色々な色を放つ琥珀糖の宝石をつくる楽しみがあります。

その琥珀糖からまた新たなデザートづくりにも楽しめる二重の面白さと深みがありますね。

今回は、この琥珀糖の作り方から見ていきましょう。

琥珀糖を作るには寒天・ゼラチンとグラニュー糖をどうすると琥珀糖になる?

琥珀糖の作り方も色々ありますが、この食材を作った後も

せっかくの輝いている琥珀糖をそのままながめるだけではもったいないですね。

琥珀糖から作られる和菓子や洋菓子、簡単なものではジュースなど

バリエーションは本当に数多いですね。

作り方ひとつで仕上がり感がとても楽しくなります。

作るにあたって、できるだけ早く琥珀糖をつくる時短テクニックがあれば

いくつもの宝石が誕生して、色とりどりの琥珀糖が完成した時は

まるで宝石箱に入っている宝石に見違えます。

琥珀糖を作る過程の中でも寒天はなしで作る方法もあったり

寒天やゼラチン、グラニュー糖の量や使い方を変えるだけで

また違った琥珀糖が仕上がる楽しみ方もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。