生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

amyichiro

   

 -

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
痩せる・アンチエイジング・小顔・美肌って最高!だよね。

『痩せる・アンチエイジング・小顔・美肌って最高!だよね』と、思いますよね!でもですよ、痩せる・アンチエイジング・小顔・美肌も、健康であって初めて本当の意味を持つことになるのです。じゃーどうするのか?だって、不健康のままで、いくら痩せても、スリムになっても、どこか不快感が残ります。もちろん、健康な人が、何らかの理由で不健康である場合ですよ。例えば、生き生きして健康かつ笑顔が素敵な女性はやっぱりいいわけです。

no image
失業から雇用、そして新たな仕事を創出をするには。

仕事や雇用の減少が起きていますが、経済危機に対して、民間が出来る事は最大限に行い、仕事を増やし、雇用を増やす、いわば逆の発想の対策なり、創出を緊急的に取らなければならない時期に差し掛かっています。

no image
WBC 2013『侍ジャパン』、ついに発進!!

WBC 2013『侍ジャパン』(2013年開催)がついに発進!!しました。ひとまず、ほっとしてますよね。誰もが楽しみにしていたり、待っていたWBCへの参加表明ですから。2013年春開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ日本の参加を選手会も含めて決定したのです。多くの野球ファンが待望していたWBCへの参加。とても楽しみにしていた方や気をもんでいたスポーツファンが多かったと思います。これまで選手会も数年後を見据えて苦渋の決断をして表明してましたが・・

風邪をひかない7つのポイント
冬に風邪をひかない7つのポイント!

冬の風は寒さやウィルス、体の栄養、 休養のバランスなどから体調崩して 風邪をひく …

icloud-photo
iPhoneとiCloud 便利な使い方|写真・動画をiCloudにバックアップ!

iPhoneのiCloudの便利な使い方、 写真・動画をiCloudに バックア …

no image
東京スカイツリー・展望デッキ・天望回廊の予約は?

東京スカイツリータウンは、2012年5月22日開業オープン。1日にスカイツリーに登れる観光客の数は1万4000人とも言われていて、楽しみにしている方も多いと思います。いよいよ東京スカイツリータウン開業ですね!!東京スカイツリー展望デッキ(350m)の個人入場券の受付は日時指定の完全予約制で、7月11日からは通常販売なので、当日券は7月11日から発売されます。インターネットでの事前購入の予約受付は先着順。東京スカイツリー展望デッキ(350m)の先行予約は、2012年5月22日〜7月10日まで、完全予約制(当日券は完売)、2012年5月22日〜、通常営業(予約や当日券も発売開始)、5/22(火)〜7/10(火)完全予約期間、日時指定チケット抽選申受付は終了で、つまり、売り切れなのですが、ツアーなどの組み合わせで利用できる展望チケットを探すことで利用できそうですね。人気のプレミアムチケットになっていますが、

no image
脱毛や痩せたりダイエットの体シェイプアップ!で良い事とは?

脱毛や痩せたり、ダイエットのシェイプアップ!することは、健康と体全体にとって、いいことづくしかもしれません。ボディラインの全体を整えることは理想ですが、最初からパーフェクトに頑張る必要はないのですね。つまり、全部が全部、完全にボディをつくり上げる必要はないと言うことです。できるところから始めるつもりで、部分脱毛や部分痩せや、ダイエットで体シェイプアップすることは実に体にとってはいいことなのです。

no image
スーザン・ボイルさんの優れた才能が開花

スーザン・ボイルさんは、今や時の人になりました。
一見どこにでもいそうな女性ですが、Britain's Got Talentでの予選オーディションで、スーザン・ボイルさんが一夜にして注目を浴びてしまったのです。それは、YOU TUBEを見れば・・

no image
iPhoneとアップル(Apple)

iPhone(アイフォーン)は、アメリカで発表された際には製品の仕上がりに驚きました。そのiPhone(アイフォーン)は米アップルの携帯電話で、iPhone(アイフォーン)は、携帯電話というより、大げさに言うと、インテリジェンス携帯端末機器の方が合っているかもしれません

no image
2014年、毎年恒例で、日経新聞、朝日、毎日、読売新聞を比較する

日経新聞、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の4新聞を、、毎年新年に恒例で朝一番に購入します。比較すると興味の持つ記事は人によりますが日本経済新聞の元旦の新聞は読み応えがあります。ハイテクを通して今後の生活に及ぼす流れの一端が見える多面的な記事がとても興味深いです。それは、1記事だけでなく複数のページ・紙面をとって独自に紹介しているのは日本経済新聞ならではなのかもしれません。このあたりは、他の新聞社でもできそうなのですが、どうしても芸能、スポーツの記載になるのはしかたのないことですね。