生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ワイシャツ襟元をブラッシング

   

ワイシャツ襟元をブラッシング

ワイシャツ襟元をブラッシング

 -

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
プロ野球監督業

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。

no image
ビジネスホテル・シティホテルのそれぞれの人気、特徴、違いとは?

最近、色々なビジネスホテル、シティホテルに出張で宿泊する機会がありました。 &n …

no image
SMAPのメンバーの草なぎ剛さんは

SMAPのメンバーの一人草なぎ剛(くさなぎつよしさん)の事件が報道されてから、様々な波紋を広げているのですが
韓国の人に草なぎ剛さんについてインタビューしていたら、日本は騒ぎ過ぎですと話していましたが、全くそのとおりと思います。

no image
ソチの浅田真央ちゃんがフリーで蘇った理由とは?

浅田真央ちゃんがソチ・オリンピックで魅せた最高のフリープログラムでの演技は感動を覚えるものでしたね。フィギュアスケート界の選手だけではなく、世界中の多くの人が感動を覚えたシーンでもありました。では、どうしてショートプログラムでミスをして、フリープログラムで蘇ったのかですが、元々、浅田真央ちゃん自身は天性の才能と併せて不屈の努力の賜で生み出された技ですが、あくまでも憶測の範囲内ですが、今まではひよっとして一つの欠点と不運を同時に持ち合わせていたかもしれません。

no image
東京スカイツリー予約・東京スカイツリーチケット予約購入方法は?

東京スカイツリー予約・東京スカイツリーチケット予約購入方法をまとめました。■2ヶ月先〜入場3日前まで受付可能■午前10:00より先着順■8:00〜20:30から希望時間を30分間隔で選択■1回の申込みで8名迄■初めての東京スカイツリーWebチケット購入者は、無料の利用登録が必要■日本国内発行のクレジットカードが必要です。申込みはクレジットカード決済、決済完了後の取消、払い戻し、変更はできません。一例:TOBUカード・VISA・MASTER・JCB・Nicos・ダイナース・UFJ・UCカード■クレジットカード申込み希望の方は下記でも申込み可能です。

no image
大富豪が76億円で購入した不動産とは?

話題、出来事、発見などを含め日々の気づきや感じることをテーマに。では、ロンドンのロイターから。
英国でこれまで販売された不動産の中で最も高額となった新築物件の写真が、当地で公開されました。

no image
母の日・父の日のプレゼント・贈り物

母の日・父の日のプレゼント・贈り物は、日ごろの感謝を込めて。いつもそばにいる母、これまでお世話になったお母さん、そして、今は遠くから見守ってもらっているお母さん。色々な環境の中で、一人一人の大切なお母さんがいらっしゃいます。普段はそんなに思わないとしても、母の日が近づくと、母への想いは強くなり、家族がそれぞれ日ごろの感謝をしたくなる日に。プレゼントや贈り物はいつになっても、もらってうれしいもの。1年に一度のプレゼント、母の日は、感謝を伝えられる日でもあります。

no image
ポーラー・エクスプレス ビリーブ『Believe』映画、曲とも感想は最高!クリスマスプレゼントに!

ビリーブ『Believe』は、映画『ポーラー・エクスプレス』(The Polar Express)の主題歌です。恐らく、意外だったかもしれませんね。でもですよ、最高に素敵なメロディでとてもいい曲で、いい作詞と作曲でクリスマスには、紹介しないではおられない曲ですね。映画と作詞・作曲・歌手の四拍子そろった曲はなかなか無いと思います・・

no image
日経平均株価とNYダウ株価

株価の上昇や下落は、いつも付いて回るものですが、とりわけ不況の中でも株価下落の傾向の中で、急反発、上昇もあるわけですね。先日、ニュースで、株を購入された方のインタビューを偶然拝見しましたが、株が下がったので心配ですと答えられていました。

no image
山中伸弥氏のiPS細胞と小保方晴子氏のSTAP細胞のコラボに期待!

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の山中伸弥氏が、STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)は万能細胞になるメカニズムはiPS細胞と同じ可能性があるため、ノウハウを提供し、協力したいと毎日新聞の取材で話しているようです。小保方晴子氏のSTAP細胞とコラボが実現すれば、人の再生医療の研究に一層の弾みがつくと思われます。それは更に研究の域を超えて、医療の現場で実践されることに拍車がかかると言えそうです。