生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

windowsicloud

   

windows-icloud

 -

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
原発ゼロを目指すことは、日本の未来にとっては大正解!

原発ゼロを目指すことは、日本の未来にとっては大正解!だと思います。小泉純一郎元首相が講演で「全原発ゼロを実現し、循環型社会を目指すべきだ」としたのはまさしく日本とってもいいことです。なかなか元首相が日本のあり方をとるスピーチをする人は少ない中で、「 未来の日本を考える」、ひいては「 未来の世界を考える」とも言えます。以前にも記述しましたが、天文学的な甚大な被害を経済的にも、精神的にももたらした原発事故や、放射性廃棄物、放射性物質の怖さを体験した日本にとっては、これ以上の最悪の環境をもたらす原発はもはや時代逆行と言ってもいいですね。

no image
ボーナスの巨額支給感覚は、感覚麻痺状態?

ボーナス支給をする、アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)が問題視されています。巨額のボーナスを出す、経営者の神経が疑われます。恐らく、アメリカ国民の公的資金を、湯水のこどく使う金銭感覚が完全に麻痺しているのだと思います。

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。

no image
ダビング10解禁か?

ダビング10、著作権の関係で、デジタル放送の録画を一度しかコピーできないシステムでしたが、それがコピーを含めて、10回までダビングができるということになります。

名人戦 棋譜
将棋名人戦棋譜/リアルタイム棋譜中継が面白い!

2014年名人戦七番勝負、5月20日第4局が成田山で始まりました。 羽生三冠が名 …

no image
オバマ大統領の手腕のすごさ

オバマ大統領の手腕はさすがです。大統領兼G.M.(ゼネラルモータース)CEOとも言えると思います。大きく舵を切りました、永遠に語り継がれる偉大な大統領の一人です。これほど、すごいとは思いませんでした。まさしく、この時代に選ばれし人、オバマ大統領です。<strong>エンタープライズ</strong>宇宙艦隊の<strong>カーク船長</strong>、<strong>スタートレック</strong>では、<strong>ジェームス・T・カーク</strong>が大きな選択肢の中で決断したように今回のG.M.の選択肢は、唯一その方法しか無かったのではないでしょうか。

no image
WBCとイチロー選手の不振

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)での侍ジャパンは韓国との短期決戦で、再度敗れましたね。韓国のチームは監督を含め、前回から更にパワーアップしている、そんな感じがしました。監督の采配、作戦と選手の意気込みは、前回以上にレベルアップしています。

no image
2015年、プロ野球に続き、米大リーグ開幕。田中将大投手、次回の先発に要注目!

2015年の米大リーグが開幕して、ヤンキースの田中将大投手が開幕投手を務めました …

no image
最高のサービスと自己責任

ハードディスクは、壊れるのが前提だとよく耳にすることがあると思います。パソコンのハードディスクが破損した経験これまでありますか。データの保存やバックアップは必須の条件ですよね。だれもがやっていることですよね?本当?

no image
オバマ氏の演説は、どこがそんなにすごいのか?

オバマ氏の演説、題名からして、批判記事かと思ってスルーしようとしたが、実はそうではない。かなり、興味深い毎日新聞の特集記事になっているので、今回、そのまま紹介してみたいと思います。
なぜ、アメリカ大統領候補の当初は無名のオバマ氏が、ここまで、知名度の高いクリントン氏を追い上げてきたのかという、理由が垣間見ることができます。