生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

Google Mapsナビで高速道路を走る場合

   

Google Mapsナビで高速道路を走る場合

Google Mapsナビで高速道路を走る場合

 -

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
イチローとWBC

イチロー本人しか分かりませんが、恐らくWBCと打順、ナインを意識していて、微妙にバッティングにズレを起しているのではないかと憶測します。または、三番のイチローを自ら作り出している。

no image
ガソリン価格高騰世界同時進行

ガソリン価格の高い国は世界でどこだと思われますか?
それは、ノルウエーで、ガソリン、1リッター当たり2.73ドル、信じられませんよね。ガソリンを満タンするだけで、軽く一万円さつが飛んでいきます。

no image
婚約と婚約指輪、市川海老蔵さんと小林麻央さん

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんと、キャスターの小林麻央さんの婚約発表、プロポーズは、「来世も、再来世も一緒にいようね」と

no image
イチロー選手と青木選手の天才バッターの違い

イチローは自分との戦いしかないように思います。もちろん、イチローは、スランプ脱出を試みていて、早出特打ちをしていますし、他の選手以上の、努力はしているから一層応援したいですよね。多くの観衆もそう見守っているでしょうし。
技術は言うまでもなく、天才バッターの一人でもあるので、自らの克服と気づきで、イチロー独自の調整法でバッティングを探っているのと、スランプの理由は分かっているとのことなので、それをどのようにうまく実戦で克服できるがが鍵になりますね。

no image
wii(ウィー)の任天堂ゲーム機が、世界で5000万台

任天堂のwii(ウィー)が、世界で5000万台と、毎日新聞が伝えています。wii発売以来、2年5ヶ月で達成とは早いですね。wiiは確かに、家庭用ゲーム機として浸透しているようです。まわりにも、ゲーム機ならwiiを持っていますね。

no image
4Kテレビが映像の世界を根本的に激変させる技術とは?

4Kテレビが映像の世界を根本的に激変させる技術とは?としていますが、誰しも気になる4Kテレビ(4K TV)の秘める力は、全ての映像を根本から変えるだろうと思っています。その4Kテレビは、まさに夢のテレビになる技術と将来性を秘めています。これは、ハイビジョンからフルハイビジョンになった変化の度合いとは桁外れに違うこと。また、3Dに変化した時代とは根本的に違いがあります。理由は・・・?映像を直接これまでに観た映像とは違う絵を直視できることと、楽しみが視覚的、直感的に想像以上に楽しめることです。これまでに観たこともない映像として楽しめるだろうと想像できるのですね。じゃー、本当にそうなのー?と思われるでしょうから、その理由の一つに・・

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。

ワールドカップ 2014 サッカー、ブラジルや西村主審は? ザックは?

ワールドカップ 2014 日程 日本時間でも サッカー見られ、ブラジルの試合キッ …

no image
実際に1年前の白ワイシャツ襟の黄ばみと黒ずみ落としを実験しました。

1年前の白ワイシャツ襟の黄ばみと黒ずみを落とすべく、実際に試してみました。自宅でも大手のクリーニング店でも1年前の白いカッターシャツ襟の黒ずみは頑固なため、なかなか取れるものでありません。人によってワイシャツ襟の黄ばみと黒ずみは残ってしまうのですね。試してみた黄ばみと黒ずみを落とす手順は・・

no image
オバマ氏の演説は、どこがそんなにすごいのか?

オバマ氏の演説、題名からして、批判記事かと思ってスルーしようとしたが、実はそうではない。かなり、興味深い毎日新聞の特集記事になっているので、今回、そのまま紹介してみたいと思います。
なぜ、アメリカ大統領候補の当初は無名のオバマ氏が、ここまで、知名度の高いクリントン氏を追い上げてきたのかという、理由が垣間見ることができます。