生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

tenshoku

   

転職で良い仕事を見つける、探す

 -

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
アナログディスク・LPレコードの楽しみ方が急増中?

アナログレコードを見直してみたり、LPレコードを聴いてみたいファン層が増えているようです。音楽鑑賞は、CDが今なお主流で伸びている一方、LPレコードの持つ独特な音質や、あの大きなジャケットを手にする感触など、CDとは違った音楽鑑賞が楽しめるとあって、人気を博してきているみたいですね。折しも、デビュー50周年のザ・ビートルズや、結成50年のザ・ローリング・ストーンズの大きな節目でもあって、音楽そのものの楽しみ方が、見直されて・・

no image
パソコンデータ破損は失恋よりも痛手

パソコンデータ損失は、失恋するよりも大きなストレスになる――シマンテックが発表した「PC利用時のストレス調査」の結果でこのようなことが分かった。(出所:IT mediaより)

no image
本当に心から愛情を込めて感謝できることとは?

本当に心から愛情を込めて、見えるカタチで感謝できることとは?と心で思っているだけでは、実行性も伴わず、感謝も表すことができません。誠実性、信頼性と愛情をもって、妻や家族や子供に応えること。苦労しながらも信頼して共に付いてきていくれる伴侶がいるなら、時間は知らずのうちに、一瞬に近い時間と言えるくらい短くもあり、無情に過ぎ去る人生の中で一体どれだけの時間を、家族や子供、伴侶と共に分かち合い共有している時間はあっただろうか。本当に、相手の時間を無駄に過ごさせていないだろうか。

no image
金融危機とG・M(ゼネラル・モーターズ)

金融危機により、G・M(ゼネラル・モーターズ)含む、アメリカの三大自動車メーカーの資金の流れが急変しています。株価の暴落、恐らく1929年の世界恐慌同等か、下手すればそれ以上の恐慌にもなりかねません。

no image
松井がアストロズからのオファー?から一転、現役引退に。

松井秀喜がアストロズからのオファーで再発進する可能性が出てきたはずが、一転、現役引退となりました。アストロズが、2012年に自由契約の松井秀喜外野手を、2013年キャンプに招待選手として参加させる用意があったはずでした。ウインターミーティングでジェフ・ルーノーGMが、年明けに松井サイドにオファーを出す見通しを示したとのことでしたが、既に、メジャーの選手をとって、ポジションの枠が重なり、なくなったためです。招待選手としてのキャンプ参加は、メジャー昇格を保証されるものではないけどメジャー復帰に「光」が見えてきたはずだったのですが・・。

no image
iPhone5Sの販売でドコモが1位に、さらにiPhone6の噂?

iPhone5Sの販売でドコモが1位に、さらにiPhone6の噂が海外でもう出てきました。まずは、iPhone5Sなど、新型iPhoneで販売に変化が出ているようです。これまで、Auやソフトバンクが新型iPhoneの販売で優位に展開。一方ドコモは、spモードメールの対応や在庫が不足も影響して、販売体制の劣勢が伝えられていましたが、ドコモが限定的に首位に・・

no image
イチローの凄さと不振の原因は?

「イチローの凄さと不振の原因は」イチローの2011年の全試合日程は終わり、11年連続200安打の大記録は達成できませんでしたね。しかし、3割を切れた打率とは言うものの、イチローの凄さは、10年連続200安打よりもすごい記録があるのですね。恐らく、2度びっくりされるでしょう。イチローの凄さの1つには・・・

no image
なでしこジャパン女子ワールドカップ(W杯)優勝は力を与える!

なでしこジャパン女子ワールドカップ(W杯)優勝おめでとう!W杯決勝の戦いは壮絶でした。これまでの戦いもすさまじいものがありましたが、W杯の決勝は更に輪をかけての戦いで、結果は大金星です。前半はアメリカの怒涛のシュートで、日本のゴールを脅かし、さすがに世界ランク一位だけの実力は、まざまざと見せ付けられました。さすがアメリカです。シュートミスが続き、ゴールにはならなかったものの、冷や汗の続く、固唾を呑む展開でした。

大谷 日本最速162Km
日本ハム・大谷、日本最速新記録163キロへ!カウントダウン開始!

オールスターゲーム第2戦(甲子園)で、 全パは日本ハム・大谷翔平が先発し、日本最 …

no image
マッキンゼー出身者が活躍や成功する理由は?

マッキンゼー出身者が成功するのはなぜ?と、話題になっています。多くのマッキンゼー出身の優れた卒業生が、様々な分野の産業界で活躍している中、経済評論家の勝間和代さんやオイシックス(Oisix)創業者の高島宏平さんもまた、食材宅配のネット販売で同じように活躍しています。これらのマッキンゼー出身者の活躍が実力を十二分に発揮してその業界のリーダー的存在としても成功しています。では、なぜ、マッキンゼーから優秀な人材続々と出てくるのでしょうか?その理由が面白いです。