生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

イチロー・川崎の再会

   

イチロー・川崎の再会で笑顔

 -

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
超高級パソコン登場

アイティメディアによると、PCショップ「ハーキュリーズ」を経営するグッドボックスはこのほど、プラチナ筐体採用の超
級デスクトップPCを発表しました。価格はJUPITERモデルが8000万円、MARSモデルが6000万円(いづれも税込み)超高級のパソコンが登場したようです。

no image
スーザンボイルと2016年オリンピックと楽天

スーザンボイルと2016年オリンピックと楽天と、一見バラバラですが、ある人から見ると悲喜こもごも。スーザン・ボイルさん、2016年リオデジャネイロ、楽天と全てに喜ばしく共通することがあります。それは・・・

no image
電気自動車の実現性は

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は1日、産経新聞などの取材に応じ、電気自動車(EV)を2012年までに新興国を除いた全世界に販売する方針を明らかにしました。(ここまで出所:産経新聞)ようやく、電気自動車がお目見えすることになりましたね。大学など、自動車メーカーでなくても電気自動車の開発・試作・試乗をしていて、自動車メーカーより開発意識は高いように思えます。

no image
「夫婦生活で嫌なこと、夫婦生活が円満になる秘訣」ベスト5とは?

「夫婦生活で嫌なこと、夫婦生活が円満になる秘訣」ベスト5とは?「夫婦生活で嫌なこと」ベスト5が、起点なのですが、裏返せば、その逆パターンが、夫婦円満のコツなのですね。「夫婦生活で嫌なこと」や「これは絶対イヤ!」なことは
何かで、R25が、20〜49歳の既婚の男女208名にアンケートしたようです。その結果、ご覧のとおり第1位、「会話がない」これが50%以上、占めています。そりゃそうですね。もし、夫婦間の会話が無いとどんなことになるか・・

no image
2013侍ジャパンの活躍の評価は?

2013侍ジャパンの活躍の評価は?ですが、先に結論として、現役メジャーリーガーが不在の中、一方、他国のチームはメジャーリーガーがひしめく中で本当に2013侍ジャパンはよくやりました。心から拍手を送りたいと思います。2013侍ジャパンがスタートし、日本の各チームとの練習試合が始まった頃の成果はひどいものでした。ある意味、時期が時期だけに、早期に準備していたと言うものの、この時期のスタートは、なかなかエンジンがかからないものだとも思います。投打に不調があったとしても決して不思議ではないわけですね。

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので

no image
原発(原子力発電)から新エネルギーへ

原発(原子力発電)から新エネルギーへシフトする加速度は増していくかもしれません。例えば、風力発電、ソーラー発電含む、新エネルギーや代替エネルギーへ転換する国が増えるものと思われます。福島第一原発の大惨事から、スイス、ドイツは原発を将来廃止する方向にある一方でイタリアも世論が原発依存に反対している。

ヤンキース 田中 故障者リスト
ヤンキース・田中 右肘靭帯の部分断裂、症状や理由、治療・手術は?

右肘の炎症で故障者リスト(DL)入りしている ヤンキース・田中将大投手は、 (写 …

no image
住宅ローンと住宅着工件数

読売新聞によると、今年の新設住宅着工戸数が1967年以来、40年ぶりに110万戸を割り込むことが確実になりました。
11月の新設住宅着工戸数は前年同月比27%減の8万4252戸と5か月連続で減少して、1月からの累計は97万3527戸、改正建築基準法が施行された後、建築確認の改正で住宅着工の遅れが長期化して、景気への悪影響が来年も続くのは必至の様子です。

no image
EMIを加えた音楽・映画のコンテンツの強化で

ソニーが英音楽大手EMIの著作権を保有している音楽出版事業を買収したようで、フランスのメディア企業ビベンディ(音楽大手ユニバーサル・ミュージックも同社のグループ)とレコード部門の事業を、それぞれ分割して買収したのですね。2社合わせた買収総額は41億ドル(3200億円)と膨大な金額ですが、コンテンツビジネスを推進しているソニーからすれば、膨大な著名アーティストを要し、著作権の保有する音楽部門と映画などの映像部門で強化を図ることで・・