生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

robben

   

 -

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
電気自動車(EV)の充電性能・走行距離も超加速。

電気自動車(EV)の充電性能・走行距離も加速してきて、電気自動車(EV)の量産化も時間の問題になってきましたね。一回の充電で351Kmの走行ができるようなりました。これは、慶応大学教授らが設立したベンチャー企業「シムドライブ」が製作した自動車「シムウィル」と「シム・セル」が公開されました。しかも、中級スポーツカー並みの加速性能があって完全に一般の普通車と同じ性能になってきましたね。

no image
痩せる・アンチエイジング・小顔・美肌って最高!だよね。

『痩せる・アンチエイジング・小顔・美肌って最高!だよね』と、思いますよね!でもですよ、痩せる・アンチエイジング・小顔・美肌も、健康であって初めて本当の意味を持つことになるのです。じゃーどうするのか?だって、不健康のままで、いくら痩せても、スリムになっても、どこか不快感が残ります。もちろん、健康な人が、何らかの理由で不健康である場合ですよ。例えば、生き生きして健康かつ笑顔が素敵な女性はやっぱりいいわけです。

AKB48選抜総選挙結果、渡辺麻友がセンターに

『第6回AKB48選抜総選挙』開票が、2014年6月7日に開票されました。それは …

no image
2013侍ジャパンの活躍の評価は?

2013侍ジャパンの活躍の評価は?ですが、先に結論として、現役メジャーリーガーが不在の中、一方、他国のチームはメジャーリーガーがひしめく中で本当に2013侍ジャパンはよくやりました。心から拍手を送りたいと思います。2013侍ジャパンがスタートし、日本の各チームとの練習試合が始まった頃の成果はひどいものでした。ある意味、時期が時期だけに、早期に準備していたと言うものの、この時期のスタートは、なかなかエンジンがかからないものだとも思います。投打に不調があったとしても決して不思議ではないわけですね。

no image
ダイオウイカ、世界初の撮影瞬間、伝説がリアルに!

ダイオウイカ、世界初の撮影瞬間、伝説がリアルになりましたね。幻の超巨大イカの撮影に、NHKと国立科学博物館などの国際チームが挑戦したのです。『ダイオウイカ』と言うと、確かに、これまで図鑑上で、ダイオウイカがマッコウクジラに取り付いている絵やイラストで小さい頃から見た人もいるでしょうか。イラストでは、想像上の生き物みたいな感じでしたね。その伝説のダイオウイカが、NHKが、長い年月の末、ついに映像でとらえたわけです。視聴していて、確かに見応えあってすごかった。なんでも、2本の長い腕の触腕まで入れると、最大18mに及ぶ世界最大のイカで、地球上最大の無脊椎動物。

no image
EMIを加えた音楽・映画のコンテンツの強化で

ソニーが英音楽大手EMIの著作権を保有している音楽出版事業を買収したようで、フランスのメディア企業ビベンディ(音楽大手ユニバーサル・ミュージックも同社のグループ)とレコード部門の事業を、それぞれ分割して買収したのですね。2社合わせた買収総額は41億ドル(3200億円)と膨大な金額ですが、コンテンツビジネスを推進しているソニーからすれば、膨大な著名アーティストを要し、著作権の保有する音楽部門と映画などの映像部門で強化を図ることで・・

no image
地中海料理は脳卒中や心血管疾患の危険性を30%も低下!

オリーブオイルとナッツを使う地中海料理は脳卒中や心血管疾患の危険性をなんと、30パーセントも低下させることができると、新しい研究から明らかになり、体にも優しい料理であることが・・

no image
大阪なおみ選手が活躍しているポルシェ・テニス・グランプリの結果は?

ポルシェ・テニス・グランプリが開催されていますが、注目はやはり、大阪なおみ選手で …

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、

no image
iPodを超える携帯プレーヤーは出現するのか

iPodを超えるには、ちょっとした高音質やタッチパネルを投入するくらいでは、なかなか太刀打ちできないのではないでしょうか。携帯プレーヤーの新製品を投入したメーカーがありますが、無線LANを使ったり、iPhoneなどから本格化した、タッチパネルを使用したり、高音質なサウンドが再生できても、コンセプトをしっかりしていないと、二番煎じになって目新しさがないまま、iPod、iPhoneを超えることは難しいと思います。