生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

サイパン旅行で親子がいっしょに楽しめる活動や観光は?

      2018/10/01

先日、親子でサイパンに行った人から話を聞きました。

サイパンは日本から約3時間半のところにある自然の美しい島です。
時差は1時間。大自然とたわむれる、親も子供も楽しめる、そんな場所がサイパンにはあるのですね。

大きなリゾートホテルやショッピングセンターもありますが、まだまだ自然が多く残り、その大自然と一緒に遊べる場所は、他の観光地と土曜に、またどこにも負けないくらいの観光地の見どころが存在しています。

もちろん、日本でもあちこちそうした見どころはあるわけですが、サイパンでもサイパンでしか楽しめない、スポットがありました。

今回、サイパンで、この夏休みなど短期間でも親子がいっしょに安全に楽しめる観光地についてですが、ごいっしょに見てみませんか?

マニャガハ島ツアーは親子がいっしょに楽しめる?

 

海の透明度が高いマニャガハ島、サイパンの海ももちろん良いですが、

海でのんびりするもよし、島を一周散歩するもよし、海岸での遊びも充実しています。

サイパンから約1.5km、大型フェリーでたったの15分、往復好きな出航時間も選べます。

フェリーの出航時間は、午前中3回、午後一番過ぎの1回で合計4回出航。

帰りは午後の3回で、最終は1600出発となります。時期にもよりますが、日帰りで楽しめる場所ですね。

また、事前予約なしで好きな時間が選べ、必要な小物は島で直接レンタル出来るグッズもあります。

例えば、海辺で使うビーチパラソル、ビーチマット、ビーチチェア、砂遊びセット、タオル。

海の上や、海中で使用するライフジャケット、ボディーボード、アクアボード、浮輪(大・中・小)、海中ではスノーケルセット。

バレーボール施設も充実し レストハウスには、レストランやギフトショップ、ロッカールームも完備しています。

場所によりますがトイレは清潔で安心して利用できますが、ロッカールームを使用の際、ギフトショップで有料の専用コインと交換して使用したりします。

海上での活動はバナナボート、バブルメーカー、サシー・スノーケリング、パラセイリング、スノーケリング、ボートスノーケリング、体験ダイビングなどがあるので、そのあたりでは好みに応じて親子で楽しめます。

遊泳区域のそばには、海の安全を守ってくれる守衛がいますので、親子連れも安心ですね。

親子がいっしょに楽しめる大自然が、まだまだ多く残るサイパンのジャングル、牧場地、海の景色を楽しみながら、親子で過ごすのにはもってこいですね。

泥まみれになりながら、スリルと興奮、爽快さを同時に楽しめ、子供たちもきっと大喜びです。

ホテル送迎付き、休憩にココナッツミルクをお試して合計約2時間の体験なんてのもあります。

サイパンでしか味わえない親子の思い出を作る中で、親子が一緒に楽しめる大型施設プール、

親子でいっしょに楽しめる、サイパンワールドリゾートホテル横にあるウェーブ・ジャングルなんかもいいですね。

ウォータースライダーが豊富で日本ではあまり体験する事の出来ないアメリカならではのスケールを感じさせます。

1日中遊んでも飽きないのこない施設内にはスライダー以外にも色々なプールがあり、親子で十分満喫できそうです。

また、海遊びに疲れたら少し休憩して、このサイパン最大級の大型施設プールで親子や家族で楽しむのもいい場所となります。

親子が安心して泳げるハイアットリージェンシー前ビーチガラパン、DFS地域から徒歩圏内で行けるこのビーチは海の透明度も良く、かなりの遠浅ですので親子で安心して楽しめます。

魚もいるのでシューノーケル付きゴーグルが必需品ですね。

近くに見えるマニャガハ島を見ながら親子でのんびり太陽の光を浴びながら海の自然を楽しむのもいいですね。

親子で楽しめるショッピングは?

 

泳ぐのに疲れたら、現地でショッピングもあります。

大型ショッピング施設は、繁華街のガラパン地域に、アイラブサイパン、ABCストア、ジョエテンショッピングセンター、ススぺ地域にもジョエテンショッピングセンターなど。

食料品から、日用品、お土産まで。

ショッピングを通して現地の生活に触れ、思い出に残るお土産を探してみるのも楽しみの一つですね。

親子のコミニュケーションを大切に。

このように、たまには日本を離れて親子水入らず。
常夏の島はハワイ、グアムもいいですが、大自然が多く残るサイパンでしか楽しめない、味合えない思い出を作るのも、親子のちょっとしたコミニュケーションにつながります。

そして、思い出もづくりにも。

外国の文化に触れるのに英語を勉強してみたい、語彙を強化したいのに便利な本も活用することもいいですね。

文章をつなぐための大切な役割を演じる前置詞もついでに学ぶのもありですね。

 - 旅行

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした