生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

GoProは最高に楽しそう! 撮った映像をYoutubeで世界で共有できる!

      2014/06/19

世界でも最も多目的に撮れるカメラのGoProは、アクション中の動画や水中での映像を撮りたいなど、過酷な環境下でもアマチュアだけでなくテレビ局などのプロとしても使われているのが、GoProのカメラ、小型ビデオカメラ「GoPro HERO」シリーズで、これがまた面白い!

Gopro公式サイト

このビデオカメラは多彩な機能を省き、その分、小型化、耐衝撃性能、防水機能を標準装備した特化型カメラが特徴、どんな過酷な環境にも耐えて撮影できるのが受けて、アクションスポーツを初め、サーフィンや暴風雨など普通のカメラでは撮影できないところを撮影できるのが受けて売上も急上昇しているのです。

それこそ、ライブやバイクや自転車など走行するオフロード、海上、海中、空中、冬のスキー、スノボ、過酷な道中など・・、使う人によって用途は色々、千差万別で、下記のYoutube動画あるように発想によっては更に面白い映像が撮れそうです。

単独のカメラだけでなく、iPhoneなどスマホで撮った動画をパソコンなど無料の編集ソフトで編集できるところも凄く、完成してそのまYoutubeにもアップできます。

どこどこに行って、こんな映像が見れると世界で共有できるとは、これまでは考えられなかったこと。それが、普通のデジカメと同じ感覚で購入したり、撮影できてしまうわけです。

Yahoo、東洋経済オンラインによると、GoPro HEROを販売する米ゴープロ社(2014年2月に、GoProの親会社であるウッドマン・ラブズ社から社名変更)は、2014年5月19日、米国ナスダック市場への上場を目指し、米証券取引委員会に上場申請書類を提出とのこと。

その上場で最大で1億ドルを調達も視野に入っている米ゴープロ社は、様々な得意分野の映像を主体とする展開で、更に知名度と売上、販売台数の一層の底上げを狙っているのかもしれません。

今ある一般的なカメラでは、スマホでも十分に撮影が出きるように高機能化して楽しめていますが、これまで個人で撮れにくかった、または撮ることができなかった分野で、GoProを利用して撮れる映像が低価格で利用できることが大きなポイントになります。

撮る方からも、また観る方からしても、同時にYoutubeなどネットなど通して幅広く楽しめる時代になりました。

DDN JAPANで紹介していた、
GoProで撮った、このスーパーマンの映像制作の発想と撮影の組み合わせ凄いです!

また、上記のメイキング映像も面白い。

 - 企業

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
アップルは以前のMac時代に回帰していくのだろうか?

新型タブレット型端末iPad AirとiPad Minの新製品を初め、MacBook、Mac Proも欲しくなる一品で、世界でも、ある一定の販売力がある製品群であると想像できます。さらにですよ、Mac OS X最新バージョン「Marverick」は無料であるのにびっくりですが、ジョブズお得意の『One more thing』は?

no image
パソコン大手デル(Dell)は、かつてのように復活できるのか?

マネジメントバイアウト(MBO)の成立を受けて、株式市場上場を廃止となるようです。CEOのマイケル・デル氏は、「デルは非公開企業として新たな道を歩み始める」と述べているようですが、新たなる道を作るためにも絶対その方がいいですね。株主の利益追求や株主の顔色を伺って経営していては、うまくいくものもいかなくなる可能性が高いと思われます。それよりも、創業した当初の起業家精神を発揮して、デルが生まれ変わるくらいの気持ちで再浮上を目指すことが望ましいですね。

no image
Google Glass(グーグル・グラス)の凄さとは?驚くほどシンプル?

瞬時に必要な情報を知らせてくれる近未来的なウエアラブルコンピュータ端末、かけて、目で見える情報収集・情報通知メガネ、Google Glass(グーグル・グラス)は驚くほどシンプルとしていますが、すごい情報端末を開発したものです。じゃー、どれくらいシンプルなのかですね。情報端末メガネは、かけながらハンズフリーで、情報を収集して瞬時に必要な情報を知らせてくれる近未来的なウエアラブルコンピュータ端末でもあります。例えば、子どもと遊んでいる瞬間、目の前の子供の表情を撮りたいとき、撮影と言うと、その素敵な目の前にある瞬間の写真がハンズフリーで撮れてしまう。また、例えば・・

no image
本物志向と未来の先取り

新製品、新サービスからテクノロジーも含めて本物志向とは何か?、が問われています。車から携帯、スマートフォンを初め、幅広い業界・業種、ジャンルにおいて、『本物志向』とは、の問いに対して明白な答えの一つに

no image
マッキンゼー出身者が活躍や成功する理由は?

マッキンゼー出身者が成功するのはなぜ?と、話題になっています。多くのマッキンゼー出身の優れた卒業生が、様々な分野の産業界で活躍している中、経済評論家の勝間和代さんやオイシックス(Oisix)創業者の高島宏平さんもまた、食材宅配のネット販売で同じように活躍しています。これらのマッキンゼー出身者の活躍が実力を十二分に発揮してその業界のリーダー的存在としても成功しています。では、なぜ、マッキンゼーから優秀な人材続々と出てくるのでしょうか?その理由が面白いです。

no image
エンジン・ガソリン時代の終焉?電気自動車(EV)、PHV時代の到来か!

数年前に、このブログでもガソリン車に代わって電気自動車の時代になると何度か、その …

no image
電気自動車の実現性は

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は1日、産経新聞などの取材に応じ、電気自動車(EV)を2012年までに新興国を除いた全世界に販売する方針を明らかにしました。(ここまで出所:産経新聞)ようやく、電気自動車がお目見えすることになりましたね。大学など、自動車メーカーでなくても電気自動車の開発・試作・試乗をしていて、自動車メーカーより開発意識は高いように思えます。

no image
CIが企業・製品イメージを変える?

松下電器産業が、社名をパナソニックに変えると発表しています。CI導入により、統一性を出すということですね。
つまり時代の流れの中で、企業の持つ役割が変化したことを意味します。ナショナル、松下電器、パナソニックと、現在バラバラになった状態のロゴになっているので社名と製品イメージを統一することによって、製品のブランドの持つ力を効果的に引き出すのと併せ、引いては社名のブランド化も図ることも主眼としていると思います。

no image
iPhone5cの廉価版の販売が予想下回った訳は?

iPhone5cの廉価版が予想を下回った販売の訳はとてもシンプル。そもそものiPhone5cのコンセプトである多色タイプのiPhoneは、iMacの成功に起因しているのですね。カラフルで半透明な筐体は斬新でした。しかーし、です。iPhone5cが5色の色で登場するのではと噂がたっていましたが、その時点で、えっーと、思ったものでした。あの再来をイメージするものを、また同じように投入するのだなと。iMacを知っているファンは、一瞬で分かったと思います。

no image
iPhoneのCMとギャラクー・ギアCMの独創性と価値とは?

企業の文化やスタイルはCMにも現れ、製品同様にいかに新製品を伝えるか、どう表現してアピールしていくかは、その企業が持つ独創性、そのものですね。製品にオリジナル、これまでにない、独創的な製品を創り出したり(作るのではなく)、過去に見たこともない、あっと驚くほど優れている製品を創る企業が存在する中で