生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

PC最大手ヒューレット・パッカード VS エーサー(EeePC)

      2018/08/19

エーサー(台湾パソコンメーカー)、が発売したノートPCEeePCは、5万円を切る価格、液晶画面は7インチでもネットワーク機能は搭載しているみたい。

3日間で1万台を完売して、更に生産が追いつかない状態が続いて夏近くまで、品薄状態が続く見込みとのことです。

一方、PC首位のヒューレット・パッカードは、その価格に対抗できる価格帯を今後検討している様子。

なにしろ、エーサーは昨年のクリスマスでは、3万円を切る低価格パソコンを販売して、注目を集めているため、見過ごせない展開になってきているためです。

PC対抗価格には、そのまた対抗価格で応戦するようですね。ここまで来ると、パソコン大丈夫?と、疑問符がつきそうです。つまり、価格に対する品質や信頼性ですね。

これほどプリンターとパソコンの価格がほとんど近いとは、あまり聞いたことがないです。
増してやプリンターの価格も手頃になり、印字速度や品質も上がりました。

また、プリンターを使用すると、消耗品のトナーの品質と価格とのバランスが大切です。

 

昔、確かMSXとかという、パソコンがありましたが、パソコンの統一を図ったのですが、ゲームソフトなど使用できる中途半端な規格であまり売れずに終わったようです。

機能、スピード、処理速度は、過去のパソコンとは比べようもないほど天と地の差はあるにしてもですけど、使用する目的に対応したりや中身が大切ですね。

EeePCの低価格パソコン、使い方は、2台目と買っていく消費者が、セカンドマシン用として使い、高機能PCを必要としない、低価格PCで済ましてしまうことも、考えられるかもしれません。

ネット用にサクサク使用できそうなので、軽い分だけ、インターネットにもスピーディに接続できるメリットがありそうですね。
マウス一つとっても、ブルートゥース搭載で素早く便利になりました。

パソコンに色々ソフトが入っていると、場合によってやはり重くなるのが感じられますし、セキュリティで分けておくのもいいかもしれません。お手軽な分、ネット専用の使用としてもいいかもしれません。

それでも、3万を切るパソコンはゲーム機の価格と比べてもあまり変わらないとは、ある意味信じられないです。

デルコンピュータや他のパソコンメーカがどのように対応してくるかを注目してみたいと思います。

 - 企業 , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
OKWaveへようこそ、コミュニティーサイトとは

OKWaveへようこそと、始まる「質問」と「回答」のやりとりがオープンに交わされるコミュニティーサイトが、OKWaveとマイクロソフト間で業務提携しました。ネット上で悩みや疑問を投稿すると、ネット利用者が答えるQ&Aのサイトを運営しているのがOKWave。

伝えることから始めよう!販売とは『伝たわる力』?

『伝えることから始めよう』とは、著者であるテレビ通販大手のジャパネットたかたの前 …

no image
アップルは以前のMac時代に回帰していくのだろうか?

新型タブレット型端末iPad AirとiPad Minの新製品を初め、MacBook、Mac Proも欲しくなる一品で、世界でも、ある一定の販売力がある製品群であると想像できます。さらにですよ、Mac OS X最新バージョン「Marverick」は無料であるのにびっくりですが、ジョブズお得意の『One more thing』は?

no image
iPhoneのCMとギャラクー・ギアCMの独創性と価値とは?

企業の文化やスタイルはCMにも現れ、製品同様にいかに新製品を伝えるか、どう表現してアピールしていくかは、その企業が持つ独創性、そのものですね。製品にオリジナル、これまでにない、独創的な製品を創り出したり(作るのではなく)、過去に見たこともない、あっと驚くほど優れている製品を創る企業が存在する中で

no image
Googleの英断

Googleの中国国内における、言論の自由については、注目していましたが、本土撤退のGoogleの英断は、本来持っているGoogleの良さが損なわれておらず、GoogleのDNAは息づいている、自由闊達な企業風土、コミュニケーションが生きていた。

no image
パソコン大手デル(Dell)は、かつてのように復活できるのか?

マネジメントバイアウト(MBO)の成立を受けて、株式市場上場を廃止となるようです。CEOのマイケル・デル氏は、「デルは非公開企業として新たな道を歩み始める」と述べているようですが、新たなる道を作るためにも絶対その方がいいですね。株主の利益追求や株主の顔色を伺って経営していては、うまくいくものもいかなくなる可能性が高いと思われます。それよりも、創業した当初の起業家精神を発揮して、デルが生まれ変わるくらいの気持ちで再浮上を目指すことが望ましいですね。

no image
エンジン・ガソリン時代の終焉?電気自動車(EV)、PHV時代の到来か!

数年前に、このブログでもガソリン車に代わって電気自動車の時代になると何度か、その …

アップル iphone6
iPhone6 デザインは、外観がオールグラス製で先進性・機能も重視?

アップル iPhoneのデザイン性は、 もともと外観性にも優れ、   …

no image
iPhone5cの廉価版の販売が予想下回った訳は?

iPhone5cの廉価版が予想を下回った販売の訳はとてもシンプル。そもそものiPhone5cのコンセプトである多色タイプのiPhoneは、iMacの成功に起因しているのですね。カラフルで半透明な筐体は斬新でした。しかーし、です。iPhone5cが5色の色で登場するのではと噂がたっていましたが、その時点で、えっーと、思ったものでした。あの再来をイメージするものを、また同じように投入するのだなと。iMacを知っているファンは、一瞬で分かったと思います。

no image
本物志向と未来の先取り

新製品、新サービスからテクノロジーも含めて本物志向とは何か?、が問われています。車から携帯、スマートフォンを初め、幅広い業界・業種、ジャンルにおいて、『本物志向』とは、の問いに対して明白な答えの一つに