生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

stap細胞 小保方晴子 最新情報に注目!

      2014/07/05

STAP細胞の存在を証明するため、
いよいよ小保方晴子ユニット・リーダーが実験に参加します。
(写真出所:Yahoo・読売新聞)

 

実験を開始するのが遅すぎた感はあります。
もっと早く取り組めたはずです。

 

実験を開始する初日の7月1日は体調不良で、
小保方晴子氏と理化学研究所が話し合いで休養になり、
出勤しませんでしたが、

 

2日からは出勤してSTAP細胞
実在実験に取り組み始めました。

 

小保方晴子氏の実験の参加は11月末迄の予定で、
理化学研究所が夏に中間報告し、
来春に最終報告をまとめるスケジュールです。

 

初日は、これからのスケジュールや取り決め等、
打ち合わせから始めるものと思いますが、

 

本格的に取り組み始める以上は
成果を出すことが大きな仕事になります。

 

最初からこのSTAP細胞の存在を確認する
作業を小保方晴子氏が参加して
取り組み始めればいいわけですが、

 

かなり遠回りしてのやっとのことでの

取り組みになりました。

 

STAP細胞の存在を肯定しているわけですから、
そのような環境を作ってあげて
取り組んでいけばいいだけのことです。

 

何もこうした実験をすること自体
そんなに難しいことはないので、

 

横槍が入らずに、
ちゃんとした環境の中
存在検証実験が出来ればいいですね。

 

毎日の管理シート記入と
実験ノートをとって、誰もが納得できるような
経過実験記録を残す作業も大切です。

 

と、思っていたら時事通信によると

小保方氏の実験は4月から
論文共著者の丹羽仁史プロジェクトリーダーが
行っている実験とは完全に分離されて実験します。

 

理化学研究所内外の研究者が
複数立ち会いの元で24時間録画で
厳重に管理されます。

 

小保方氏は11月末の期日まで、
英科学誌ネイチャーに掲載した
自ら論文に記載通りに、
単独でSTAP細胞の作製の実験をします。

 

実験室は細胞や器具の取り扱いを
練習する「準備用」と
「検証実験用」の2室を5日までに準備。

 

検証実験用の部屋は、
胚性幹細胞(ES細胞)の混入など
不正ができないよう
入退室を電子管理しています。

 

2台のカメラで室内を24時間録画の上
しかも細胞の培養器も施錠可能です。

 

実験に使うマウスの提供と、
STAP細胞ができた場合に備えて、

 

万能性を証明するマウスの作製は
丹羽氏の検証チームスタッフが担当。

 

これだけ厳重に管理されている中での実験で
小保方氏のノウハウが詰まっていれば

ノウハウは全て出し尽くし!

 

臨むのは公正な手続きで実験が進行して欲しいです。

 

小保方晴子氏の思い違いで無い限り、
STAP細胞あります!』になる
可能性は高いような気はしますが・・。

 

短期で白黒付くのか、
それても中期的に進めていけるのかなど、

最後までどういった展開になるのか分かりません。

 

待ち望んでいる患者にとっては
固唾を呑んで待っているでしょう。

 

STAP細胞の存在を
公で証明してほしいですね。

 

更新追加記事

朝日新聞デジタルの2014年7月5日付によると

STAP細胞は、若山教授がマウスを提供し、

 

会見では、STAP細胞は小保方晴子氏が
若山教授のマウスから作製したと
話していました。

 

それを受けて、若山教授は6月、
解析結果をもとに

「STAP細胞は自身が提供していない
マウスからつくられていた」と説明していましたが、

 

若山研究室の関係者は、
STAP細胞は若山研究室にあった
マウスに由来する可能性を認めました。

 

ちょっと二転三転しているようです。
公正なデータを公表して欲しいです。

 

不利なデータや正しいデーターを隠したり、
有効なデーターの放置は無しで!

 

どうもSTAP細胞にかかわる試料の解析結果が、
誤っていた可能性があるようなので、

詳細な解析結果を改めて公表するようです。

 - 話題

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
4Kテレビが映像の世界を根本的に激変させる技術とは?

4Kテレビが映像の世界を根本的に激変させる技術とは?としていますが、誰しも気になる4Kテレビ(4K TV)の秘める力は、全ての映像を根本から変えるだろうと思っています。その4Kテレビは、まさに夢のテレビになる技術と将来性を秘めています。これは、ハイビジョンからフルハイビジョンになった変化の度合いとは桁外れに違うこと。また、3Dに変化した時代とは根本的に違いがあります。理由は・・・?映像を直接これまでに観た映像とは違う絵を直視できることと、楽しみが視覚的、直感的に想像以上に楽しめることです。これまでに観たこともない映像として楽しめるだろうと想像できるのですね。じゃー、本当にそうなのー?と思われるでしょうから、その理由の一つに・・

no image
GILLE(ジル)の魅力とYoutubeの魅力は可能性を創る大きな扉!

GILLE(ジル)の魅力とYoutubeの魅力を、一層思い知ったのは今日が初めてかもしれません。それだけ、Youtubeを見たり、大きな魅力を感じていなかったり、また、活用していなかったこともあるかもしれません。投稿されている動画が置いてあるライブラリー的な感覚で。つまり、静的な動画のイメージだったのですね。ところが、GILLE(ジル)もそうだけど、スーザーン・ボイルのデビューもYoutube。現在から過去まで。これだけ遠く遡って記録してくれるメディアはあったでしょうか・・

ワールドカップ 2014 サッカー、ブラジルや西村主審は? ザックは?

ワールドカップ 2014 日程 日本時間でも サッカー見られ、ブラジルの試合キッ …

no image
2020年夏季五輪の開催都市は東京に決定!

国際オリンピック委員会(IOC)は2013年9月7日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで総会を開き、2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市を東京に決定!東京では1964年以来56年ぶりの快挙!で2回目の五輪開催。開催都市決定の世紀の瞬間の画像あり。

no image
老化によって白髪になるメカニズムとは

老化で白髪になるメカニズムを、東京医科歯科大、金沢大等が突き止めたようです。年を重ねる加齢で、黒髪が作られる色素幹細胞の遺伝子に損傷が蓄積されるのが理由。今後の非加齢化や再生医療への応用発展につながりそうです

no image
STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見

STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見が!体の細胞に酸性の溶液で刺激を与えるだけで、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などと同様、あらゆる臓器や組織になれる「万能細胞」を作ることに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターなどのグループがマウスの実験で成功しました。iPS細胞では通常作製に2〜3週間かかるのに対し、STAP細胞では最短2日間で作製して、成功率や使う際の安全性も高く

no image
つみきのいえ、おくりびと、アカデミー賞をダブルで受賞

<strong>アカデミー賞</strong>で、<strong>おくりびと</strong>Departures(滝田洋二郎監督)が外国語映画賞、<strong>つみきのいえ</strong>(加藤久仁生監督)が短編アニメーション賞をついにダブルで受賞しました

no image
最高の指導者とは、なでしこジャパン監督・佐々木紀夫

最高の指導者の資質や器が垣間見れます。常に、選手を思い、選手が次に向かっていける時に、けなす事ではなく、まずはねぎらう。そうしたことが、選手の意欲をそがれることではなく、選手一人ひとりが、自ら反省と改善につなげ次を狙っていこうという意欲の高まりを作り出していける環境づくりが気持ちの持続と高揚につながっているのだと確信できます。チームを指揮する立場のある指導者、監督、リーダー、上司そして、最高の指導者とは、かくあるべきだと言えます。意欲をそぐ意見や指導ではなく、個々自らが反省と次の改善に向けて取り組む姿勢を作り出す・・

no image
スティーブ・ジョブズ氏とジェームズ・T・カーク船長の違いパート1

アップルのスティーブ・ジョブズ氏とジェームズ・T・カーク船長との違いはパート1

no image
ダイオウイカ、世界初の撮影瞬間、伝説がリアルに!

ダイオウイカ、世界初の撮影瞬間、伝説がリアルになりましたね。幻の超巨大イカの撮影に、NHKと国立科学博物館などの国際チームが挑戦したのです。『ダイオウイカ』と言うと、確かに、これまで図鑑上で、ダイオウイカがマッコウクジラに取り付いている絵やイラストで小さい頃から見た人もいるでしょうか。イラストでは、想像上の生き物みたいな感じでしたね。その伝説のダイオウイカが、NHKが、長い年月の末、ついに映像でとらえたわけです。視聴していて、確かに見応えあってすごかった。なんでも、2本の長い腕の触腕まで入れると、最大18mに及ぶ世界最大のイカで、地球上最大の無脊椎動物。