生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

iPhone5S、iPhone5C、それともiPhone6を選びますか?

      2014/05/17

アップルのiPhone5SiPhone5Cが(2013年9月20日)発売になりましたね。

特筆する点は大きく2つ。
指紋認証システム「タッチID」と、A7チップによるiPhone5Sのグラフィック処理のスピードアップです。

現在のA6チップより2倍スピードアップします。その他にはカメラの機能がアップしたこと、色の選択肢が増えたことになりますが、iPhone5の現行機種からのサイズアップや、その他驚くべき仕様や機能の付加価値はありませんでした。

このあたりはiPhoneオーナーからすると不満があるところかもしれません。恐らく、iPhone6からの変化は劇的に大きくなるのかもしれませんが、と言うより、期待したいところです。笑

その間のライバルとのシェア争いの縮小には繋がらないかもしれません。
GALAXY S4がいいのは、サイズアップがあげられます。使い勝手はいいですよね。
(アップルでは、現サイズが手になじむ趣旨です)

やはり画面が大きいほうがいいです。siriを多用してますがアルファベットを打つキーが小さすぎです。

これでは、アルファベットはあまり使わないでしょうけど、年配の人は恐らく使いづらいと思います、若年層のみ対象にしているスマホであっでもです。

iTunesの映画を観るにも、大画面の方が圧倒的にいいです。アップルの製品と言えば、驚くべき製品、感動覚える、すぐに欲しくなる商品なのですね。

iPhoneが世に出たときはすさまじい驚きと感動を覚え、有り得ない製品でした。
また、iPhone4からiPhone4Sへの機能アップはsiriの機能が増えたりして比較的魅力的なスケールアップです。

iPhoneが欲しくて欲しくてiPhone5を待てないで、機能を確認してiPhone4Sを購入したのですが、それでは、iPhone5Sが欲しいかとなると答えは全然ノーです。

前々からiPhoneを好んで使っているにもかかわらず。(iPhoneマニアではありませんが)

あっ、このあたりは人によって感覚は違うかもしれません。指紋認証は便利そうで、また、アップルらしさが出ていて今後、主流として普及もすると思いますがiPhoneユーザーとして、一個人としてはとても残念ながら買え替えるまでには魅力は無いのです。

iPhone4Sでも十分じゃないかと。実際そうですね。一年も経っているのに期待ほどアップグレードしていないからもあります。

変更する理由は見つからないからです。本当は、期待して購入もと思ってましたが
ズバリ、iPhone6の購入を検討したいですね。

現CEOに残したスティーブの遺言のひとつに『スティーブならどうするか』を
考えるなというのがあります。

でも、あえてiPhon6で考えるなら・・・Nokiaが実現している4100万画素カメラくらいは搭載します。そんなにあってもかもしれませんが、4K、8Kテレビ時代が近づき記録を大画面テレビでも。

一眼カメラでは高画素数のデジカメがあるのでそのまま搭載したいですね。笑
ムービーの手振れ補正付き。えっ、それじゃー、デジカメじゃないですかと言われそうです。

あえて、そうなんです。そして、サイズは、5インチ、6インチ等のインチアップのiPhone6、
今回のカラーの選択枝同様にサイズを選べるか、サイズアップしたiPhone6です。

この二つを加えただけでも魅力は増しませんか?
えっ、まだ足りない?

今回の指紋認証は別にして、それほど既存ユーザーが欲しくなる製品にはなっていないような気がします。

答えは既存のユーザーが出すと思いますが。どういう展開になるのか楽しみですね。
そのあたりは、人それぞれなのですが皆さんはいかがですか?

 - 話題 , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

小保方晴子氏 検証実験開始
stap細胞 小保方晴子 最新情報に注目!

STAP細胞の存在を証明するため、 いよいよ小保方晴子ユニット・リーダーが実験に …

no image
つみきのいえ、おくりびと、アカデミー賞をダブルで受賞

<strong>アカデミー賞</strong>で、<strong>おくりびと</strong>Departures(滝田洋二郎監督)が外国語映画賞、<strong>つみきのいえ</strong>(加藤久仁生監督)が短編アニメーション賞をついにダブルで受賞しました

no image
STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見

STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見が!体の細胞に酸性の溶液で刺激を与えるだけで、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などと同様、あらゆる臓器や組織になれる「万能細胞」を作ることに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターなどのグループがマウスの実験で成功しました。iPS細胞では通常作製に2〜3週間かかるのに対し、STAP細胞では最短2日間で作製して、成功率や使う際の安全性も高く

no image
Siri搭載iPhoneの凄さ、人工知能HAL9000を彷彿させるものとは。

Siri搭載iPhoneの凄さは、人工知能HAL9000を思わせます。Gooleのアンドロイドも確かに、音声アナウンスはすごいものはありますが、アップルの発売のSiri搭載iPhone4Sは、アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリック監督の映画「2001年宇宙の旅」に登場した、まさに人工知能 「HAL 9000」そのもの。あの映画で登場した時も、未来はこうなるのかと思ったものですが、Siri搭載iPhone4Sは宇宙船に設置された巨大なコンピュータではなく、手に収まる携帯なのが驚き、人工知能的に「HAL 9000」を彷彿させ、

no image
ダイオウイカ、世界初の撮影瞬間、伝説がリアルに!

ダイオウイカ、世界初の撮影瞬間、伝説がリアルになりましたね。幻の超巨大イカの撮影に、NHKと国立科学博物館などの国際チームが挑戦したのです。『ダイオウイカ』と言うと、確かに、これまで図鑑上で、ダイオウイカがマッコウクジラに取り付いている絵やイラストで小さい頃から見た人もいるでしょうか。イラストでは、想像上の生き物みたいな感じでしたね。その伝説のダイオウイカが、NHKが、長い年月の末、ついに映像でとらえたわけです。視聴していて、確かに見応えあってすごかった。なんでも、2本の長い腕の触腕まで入れると、最大18mに及ぶ世界最大のイカで、地球上最大の無脊椎動物。

no image
iPhone、ついに登場

iPhone、これまで、世界でもあり得なかった使い方と、
インターフェイス。(ここでは電話と人との接点や利用の仕方)ついに日本登場のようですね。

no image
なでしこジャパン女子ワールドカップ(W杯)優勝は力を与える!

なでしこジャパン女子ワールドカップ(W杯)優勝おめでとう!W杯決勝の戦いは壮絶でした。これまでの戦いもすさまじいものがありましたが、W杯の決勝は更に輪をかけての戦いで、結果は大金星です。前半はアメリカの怒涛のシュートで、日本のゴールを脅かし、さすがに世界ランク一位だけの実力は、まざまざと見せ付けられました。さすがアメリカです。シュートミスが続き、ゴールにはならなかったものの、冷や汗の続く、固唾を呑む展開でした。

no image
世界長者番付、すごいの一言では片付けられない?

経済誌フォーブスの、2008年の世界長者番付では、13年間マイクロソフトのビルゲーツ氏が首位でしたが、2008年には、アメリカの投資家、バフェット氏がはじめて首位となったようで

no image
相手にすぐに切れない、かっとしないベスト10の実践方法とは?

相手にすぐに切れない、かっとしないベスト10の実践方法ですがいざという時、突発的に身の回りに起こった時、出来そうで出来ない、でも切れっぱなしじゃマズイことがあります。結果、相手も自分も損が甚大になり、取り返しが付かないことになる可能性もあるので相当心しなければなりません。最近、著名人、有名人の弟や子供、有名スポーツ選手までもが切れたり、暴力をふるったり、酒の勢いで相手を傷つけたりと、

no image
スティーブ・ジョブズ氏公認伝記発売

スティーブ・ジョブズ氏公認の伝記、「スティーブ・ジョブズ�T」が発売されました。これは、スティーブから色々なメッセージが込められた本とも言え、�T巻、�U巻のシリーズで構成され、スティーブ・ジョブズ氏の死去により当初よりも約1ヶ月早い、10月24日出版で発売されました。ウォルター・アイザクソン著、井口 耕二氏の日本語訳。世界同時発売なのは、まさに映画の封切りと同じスタイルです。また「スティーブ・ジョブズ�U」は、11月1日発売。