生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

大富豪が76億円で購入した不動産とは?

      2014/05/18

話題出来事新発見などを含め、日頃の気づきや感じることをテーマに。
では、ロンドンのロイターから。

英国でこれまで販売された不動産の中で最も高額となった新築物件の写真が、当地で公開されました。

不動産業者によると、ジャグジーやトレーニング設備が併設された巨大なプールなどを有するパラディオ様式の同不動産の価格は7000万ドル(約76億円)で、ダイヤモンド商を営むイスラエル人大富豪が購入ようです。

まさしく、写真はたル風のカット写真。部屋数や仕様は、
想像を絶するのかもしれません。室内の写真も見たいところですが、遠くに、フィットネスブースも見えます。

参考まで。
不動産の中で最も高額となった新築物件の写真

パラディオ様式は16世紀に確立し、17世紀にメディチ家のヴィラがそのモデルとしているようです。そこは、ゲーテやモーツアルトの時代。

建物は、その近代化とマッチさせて、快適性も備えているみたいですが、ビジネスの展開や休息、コミュニティとしても、活用できそうですね。

 - 話題

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
原発に依存しない社会

原発に依存しない社会を、と首相は打ち出しました。これだけ、東日本大震災悲惨では、修復も精神的にも天文学的に影響が及びましたが今後の新しい枠組みづくりの中で、想定外と言って済ませないリーダーが、リーダーシップを発揮できる人材が政財界や民間から出てくるのか注目です。

no image
iPhone、ついに登場

iPhone、これまで、世界でもあり得なかった使い方と、
インターフェイス。(ここでは電話と人との接点や利用の仕方)ついに日本登場のようですね。

no image
東京スカイツリー+東京ソラマチ=家族・恋人の最適スポット

人気スポットの東京ソラマチも見逃せませんね。東西約400m、約5万2000平方メートルの広さに、ショッピングや食べ歩きが堪能できる、東京ソラマチは国内有数の商業施設スポットで、312店舗が建ち並び、それこそ、子供たちや家族から恋人同志にも嬉しく、楽しめる多目的商業施設の一つとも言えます。この東京ソラマチ・・

no image
イチローオリジナルTシャツ『カツサンドTシャツ』の意味は?

イチローオリジナルTシャツ『カツサンドTシャツ』の意味は?イチローの着ているTシャツが、手書き風書体で「カツサンドないの?」えっー。なにーどういう意味?なのーですよね。デイリースポーツによると昨年、イチローの知人らが訪れた東京のコーヒー専門店で、ともにイチローのファンでもある知人の一人がメニューにない「カツサンド」を巡って店のマスターと口論となって・・

iphone6
アップル iPhone6は、4.7インチ、5.5インチで生産開始?

いよいよ、アップル iPhone6、4.7インチ、5.5インチで生産開始するとの …

no image
超高級パソコン登場

アイティメディアによると、PCショップ「ハーキュリーズ」を経営するグッドボックスはこのほど、プラチナ筐体採用の超
級デスクトップPCを発表しました。価格はJUPITERモデルが8000万円、MARSモデルが6000万円(いづれも税込み)超高級のパソコンが登場したようです。

no image
「世界最高の仕事」高級リゾート地のクイーンズランド

「世界最高の仕事」オーストラリアのクイーンズランド州と銘打たれた、「世界最高の仕事とは、オーストラリア北東部に位置するクイーンズランド州の観光局が募集をしたようですが、ここがまた、最高のリゾート地、あのグレートバリアリーフがある、楽天の地。

no image
世界の大富豪の被害総額いかほど?

「世界の大富豪の被害総額いかほど?」トップ20の記事の中に
あの投資の神様である、ウォーレン・バフェット氏が・・

no image
本田圭佑選手の視力2.0の視力回復のレーシックの良さは?

本田圭佑選手(サッカー日本代表)が、レーシックの視力回復施術のを受けていたようです。Yahoo・東京ウォーカーによると、本田選手の視力は、右眼と左眼ともに、視力が0.4から2.0と劇的に回復したとのことで、本田圭佑選手自身、以前から視力の低下を実感していて2012年6月中旬に、SBCメディカルグループが展開する視力矯正専門院「新宿近視クリニック」でこれまで興味を持っていたというレーシック施術を受けの視力の完全回復に成功したようです。この、レーシック(LASIK)は角膜屈折矯正手術の一つで、

no image
ロンドン五輪・トップアスリート達のすごさ

世界最速の選手、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)選手が言います。数々の記録は、簡単にとれるとみんなが思っているけど、実際は、過酷なトレーニングから生まれた記録だと。裏では、人知れず、死に物狂いなトレーニングの積み重ね。嫌になるほどの、日々のトレーニングから100m、200m、400mリレーと金メダルが生まれる。天性の才能は持ち合わせているものの、やはり、過酷なトレーニングから磨きをかけて素質が育まれ、開化しているのですね。体操の個人総合で、ロンドン五輪で金メダルを獲得した内村航平選手もその一人。家より体育館で過ごす時間が長かった少年時代だったと言っています。