生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

バイオ燃料による試験飛行

      2014/05/18

ヴァージンアトランティック航空が、世界で初めて、バイオ燃料によるボーイング社B747型機の試験飛行を実施したようです。

その原材料はババスオイルとココナッツオイルから作られていて、それは環境的にも継続利用が可能な原料。

シェービングクリームなど日用化粧品にも使用さている。さらに食用作物とは競合しないで、
植林地から採取できるので、環境にもやさしいみたいです。

また、航空機やエンジンを改良しなくても、航空燃料として利用できるのが、
ベンチャー企業らしく一歩、業界の先取り・先行していることが感じられます。

車でも、バイオ燃料ありますが、これだけ原油・石油が値上がりすると代替燃料も急ピッチで、
環境を保護することはもちろんですが、いつまでも石油に頼ることではなく、電気自動車をはじめ次世代の燃料を消費者が身近で使える代替燃料・エンジンを、早く世に送り出して欲しいものです。

また、ヴァージン社が伝えていることによるとババスオイルは、ブラジル原産のババスの樹木から取れる実から、抽出されています。

ババスの実は薬品化粧品の原料として使用されており、葉は屋根や紙の原料としてホルダーやバッグ、石鹸箱などに加工されていますし、ココナッツオイルは、バイオディーゼル燃料を含む、様々な用途に使用されています。

ほとんどのココナッツプランテーションは、成熟した植林地であり、森林破壊に繋がる危険はありません、との、コメントを出しています。

バイオ燃料も、自然植物の過剰伐採にならなければいいですのですが、代替が進めば、計画的に植林も今後必要になってくるのでしょうか。

 - 話題 , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
GILLE(ジル)の魅力とYoutubeの魅力は可能性を創る大きな扉!

GILLE(ジル)の魅力とYoutubeの魅力を、一層思い知ったのは今日が初めてかもしれません。それだけ、Youtubeを見たり、大きな魅力を感じていなかったり、また、活用していなかったこともあるかもしれません。投稿されている動画が置いてあるライブラリー的な感覚で。つまり、静的な動画のイメージだったのですね。ところが、GILLE(ジル)もそうだけど、スーザーン・ボイルのデビューもYoutube。現在から過去まで。これだけ遠く遡って記録してくれるメディアはあったでしょうか・・

no image
イチローの凄さと不振の原因は?

「イチローの凄さと不振の原因は」イチローの2011年の全試合日程は終わり、11年連続200安打の大記録は達成できませんでしたね。しかし、3割を切れた打率とは言うものの、イチローの凄さは、10年連続200安打よりもすごい記録があるのですね。恐らく、2度びっくりされるでしょう。イチローの凄さの1つには・・・

no image
髪の毛が生えるiPS細胞で脱毛症の治療は?

髪の毛が生えるiPS細胞で脱毛症の治療はできるのか、本来、一番知りたいところ気になるところ。髪の毛が生える技術の進歩もiPS細胞のエンジンで推進していきそうな勢いになりつつあります。なんと、髪の毛が生える元の『毛包』を部分的に再生させる実験に成功したようです。慶応大学医学部の大山専任講師らのチームが、人のiPS細胞(人工多能性細胞)を利用して髪の毛を生成させる『毛包』を部分的にせよ、再生することを確認できたことは・・・

no image
たばこ1000円時代突入?

たばこを1箱1000円に値上げした場合、最大5兆9000億円の税増収が見込めるとの試算をはじき出した。たばこ愛煙家にとって、たばこ無しの生活リズムは成り立つのだろうか。

no image
世界最強将棋ソフトV.S.現役プロ棋士との電王戦 対決結果は?

「第2回将棋電王戦」は、世界コンピュータ将棋選手権で好成績を挙げた最強コンピュータと、現役のプロ棋士5人による史上初の団体戦で、これまでプロ棋士1勝2敗1分。その1引き分けも、現役の塚田九段がまさに執念で持ち込んだ背水の陣の賜。相手コンピュータの考え方の隙をついたプロ棋士の頭脳将棋の結果とも言えるかもしれません。

no image
ダビング10解禁か?

ダビング10、著作権の関係で、デジタル放送の録画を一度しかコピーできないシステムでしたが、それがコピーを含めて、10回までダビングができるということになります。

STAP細胞実証
研究や成果は無駄な労力や時間から生まれる価値ある無駄!

そもそも研究をするということは、 失敗があって成功や成果が生まれるのが研究です。 …

no image
STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見

STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見が!体の細胞に酸性の溶液で刺激を与えるだけで、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などと同様、あらゆる臓器や組織になれる「万能細胞」を作ることに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターなどのグループがマウスの実験で成功しました。iPS細胞では通常作製に2〜3週間かかるのに対し、STAP細胞では最短2日間で作製して、成功率や使う際の安全性も高く

no image
ミオドレ・ダイエットとは?

ミオドレ・ダイエットって?、ミオドレ・ダイエットが静かな人気の訳は?と、いうことで調べてみると、「ミオドレ・ダイエット」の書籍で読むことで人気になってきて、自宅でも手軽に試せることが一つの人気の要因のようです。

no image
ソチの浅田真央ちゃんがフリーで蘇った理由とは?

浅田真央ちゃんがソチ・オリンピックで魅せた最高のフリープログラムでの演技は感動を覚えるものでしたね。フィギュアスケート界の選手だけではなく、世界中の多くの人が感動を覚えたシーンでもありました。では、どうしてショートプログラムでミスをして、フリープログラムで蘇ったのかですが、元々、浅田真央ちゃん自身は天性の才能と併せて不屈の努力の賜で生み出された技ですが、あくまでも憶測の範囲内ですが、今まではひよっとして一つの欠点と不運を同時に持ち合わせていたかもしれません。