生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

スピード水着は超ハイテクスーツ?

      2014/05/18

スピードの水着はNASAなどの協力で、素材実験、摩擦、風洞実験を繰り返し、スピードが世界初の無縫製の競技用水泳スーツを開発し、現在、水泳競技で日本新記録、世界新記録
をたたき出し、話題となっている。

ある意味、戦闘用の水泳競技専用スーツとも言えるかもしれません。

最先端のハイテク技術が織り込まれている水着、これほど話題になっている水着は過去に類を見ません。

何がすごいのか、素材や流体、摩擦だけにとどまらず、コルセット的な風貌から、姿勢制御まで整っているボディスーツ、超音波で縫い目を溶着して無縫製にしているようです。

一見かっこいい水着、ただ外見だけでなく、泳ぐカタチ・姿勢をも変えていくことが、これまでに無い画期的なスーツ。

つまり、通常では泳いでいる姿勢時には、少し腰が水面下に落ち込んで競泳しているわけですが、レーザーレーサーでは腰が落ち込みにくくなり、腰が浮く分、水の抵抗が少なくなります。

水の流れである流体にも影響し、摩擦が減るので、スピードが出る、引いては体力や持続力も力が保たれ、力を長く一定に保っているので記録が自然と出やすくなるようになるのですね。

二重、三重にすごい、スピードのハイテク水着で、これでは、日本でも認めないわけにはいかないのが現実とも言えると思います。

そうした意味では、選手が自由に水着を選択できるのは、ひとつの英断だったとも言えます。記録更新を含めて、素材・性能の技術にも裏づけがあるので。

それにしても、コルセット風で締め付けで、きつそうで、ストレスを感じるか分かりませんが、長時間着用するには、辛抱や慣れが必要になってくるでしょう。

今後、スピードのロゴマークも、水着に限らず、タイガーウッズに代表されるゴルフキャップやプロ野球選手が身にまとうユニフォーム、その他のスポーツウエアで見られる、おなじみのロゴマークとまでいかなくても、スピードロゴは拡がりを見せていくと思われます。

 - 話題 , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
あっちゃん・前田敦子とAKB48は進化型スタイル?

あっちゃんこと、前田敦子とAKB48は進化型スタイルではないですか?あっちゃんは、女優を目指していくでしょうし、どこまで前田敦子の夢を持っているかによるでしょうけど、AKB48を卒業する前には、あっちゃんなりの芸能活動プランや、前田敦子のライフプランをもってAKB48の卒業に臨んでいると思います。こうしたいと、こうなりたいと、夢を胸に抱いて。また、女優としてはハリウッドも視野に入れて活動していくなら、現実問題として・・

no image
映画007ジェームス・ボンドの再現?

007ジェームス・ボンドのシーンに出てくる水陸両用の車をモデルにしたと言われる車が登場しました。共同によると、4日開催されたジュネーブ自動車ショーで、世界初のようで、水中走行車が展示されたとのことです。

no image
東日本大地震に関する災害情報

東日本大地震に関する災害情報源

no image
発毛を促す物質を発見|毛髪・髪の毛が生える物質とは?

毛髪・髪の毛が生える物質をついに発見したと報道されました。アメリカのエール大学の研究チームが発見したようです。(読売新聞)マウスの実験から、毛が生える仕組みを突き止めたのですね。これは、人間の髪の毛にも応用ができるのではと考えられ、脱毛や、毛が薄い、薄毛の人、髪の毛が無い人など、脱毛治療にも光明に繋がる可能性が高そうです。髪の毛に困っている人は多いですから、少しでも髪の毛が増える、毛生え薬のようなことをつい期待してしまいます。

no image
相手にすぐに切れない、かっとしないベスト10の実践方法とは?

相手にすぐに切れない、かっとしないベスト10の実践方法ですがいざという時、突発的に身の回りに起こった時、出来そうで出来ない、でも切れっぱなしじゃマズイことがあります。結果、相手も自分も損が甚大になり、取り返しが付かないことになる可能性もあるので相当心しなければなりません。最近、著名人、有名人の弟や子供、有名スポーツ選手までもが切れたり、暴力をふるったり、酒の勢いで相手を傷つけたりと、

no image
スティーブ・ジョブズ氏公認伝記発売

スティーブ・ジョブズ氏公認の伝記、「スティーブ・ジョブズ�T」が発売されました。これは、スティーブから色々なメッセージが込められた本とも言え、�T巻、�U巻のシリーズで構成され、スティーブ・ジョブズ氏の死去により当初よりも約1ヶ月早い、10月24日出版で発売されました。ウォルター・アイザクソン著、井口 耕二氏の日本語訳。世界同時発売なのは、まさに映画の封切りと同じスタイルです。また「スティーブ・ジョブズ�U」は、11月1日発売。

no image
GILLE(ジル)の魅力とYoutubeの魅力は可能性を創る大きな扉!

GILLE(ジル)の魅力とYoutubeの魅力を、一層思い知ったのは今日が初めてかもしれません。それだけ、Youtubeを見たり、大きな魅力を感じていなかったり、また、活用していなかったこともあるかもしれません。投稿されている動画が置いてあるライブラリー的な感覚で。つまり、静的な動画のイメージだったのですね。ところが、GILLE(ジル)もそうだけど、スーザーン・ボイルのデビューもYoutube。現在から過去まで。これだけ遠く遡って記録してくれるメディアはあったでしょうか・・

no image
カップヌードルの容器も初めて紙製に

カップヌードルの日清食品が、発売から37年で初めて、即席麺「カップヌードル」の容器を、ポリスチレン製から紙製の「ECOカップ」に4月から変更と発表したようです。

小保方氏のSTAP細胞を一緒に捜してあげればいいのでは。

小保方氏の息子を一緒に捜してあげればいいのでは。と、つくづくそう思います。 延々 …

no image
オバマ氏の演説は、どこがそんなにすごいのか?

オバマ氏の演説、題名からして、批判記事かと思ってスルーしようとしたが、実はそうではない。かなり、興味深い毎日新聞の特集記事になっているので、今回、そのまま紹介してみたいと思います。
なぜ、アメリカ大統領候補の当初は無名のオバマ氏が、ここまで、知名度の高いクリントン氏を追い上げてきたのかという、理由が垣間見ることができます。