生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

スピード水着は超ハイテクスーツ?

      2014/05/18

スピードの水着はNASAなどの協力で、素材実験、摩擦、風洞実験を繰り返し、スピードが世界初の無縫製の競技用水泳スーツを開発し、現在、水泳競技で日本新記録、世界新記録
をたたき出し、話題となっている。

ある意味、戦闘用の水泳競技専用スーツとも言えるかもしれません。

最先端のハイテク技術が織り込まれている水着、これほど話題になっている水着は過去に類を見ません。

何がすごいのか、素材や流体、摩擦だけにとどまらず、コルセット的な風貌から、姿勢制御まで整っているボディスーツ、超音波で縫い目を溶着して無縫製にしているようです。

一見かっこいい水着、ただ外見だけでなく、泳ぐカタチ・姿勢をも変えていくことが、これまでに無い画期的なスーツ。

つまり、通常では泳いでいる姿勢時には、少し腰が水面下に落ち込んで競泳しているわけですが、レーザーレーサーでは腰が落ち込みにくくなり、腰が浮く分、水の抵抗が少なくなります。

水の流れである流体にも影響し、摩擦が減るので、スピードが出る、引いては体力や持続力も力が保たれ、力を長く一定に保っているので記録が自然と出やすくなるようになるのですね。

二重、三重にすごい、スピードのハイテク水着で、これでは、日本でも認めないわけにはいかないのが現実とも言えると思います。

そうした意味では、選手が自由に水着を選択できるのは、ひとつの英断だったとも言えます。記録更新を含めて、素材・性能の技術にも裏づけがあるので。

それにしても、コルセット風で締め付けで、きつそうで、ストレスを感じるか分かりませんが、長時間着用するには、辛抱や慣れが必要になってくるでしょう。

今後、スピードのロゴマークも、水着に限らず、タイガーウッズに代表されるゴルフキャップやプロ野球選手が身にまとうユニフォーム、その他のスポーツウエアで見られる、おなじみのロゴマークとまでいかなくても、スピードロゴは拡がりを見せていくと思われます。

 - 話題 , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
2020年夏季五輪の開催都市は東京に決定!

国際オリンピック委員会(IOC)は2013年9月7日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで総会を開き、2020年夏季五輪・パラリンピックの開催都市を東京に決定!東京では1964年以来56年ぶりの快挙!で2回目の五輪開催。開催都市決定の世紀の瞬間の画像あり。

イチローのフィールド外での超ファインプレーとビックサプライズ

ヤンキースのイチローが2014年6月11日にセーフコ・フィールドで、ヤンキース対 …

no image
ポップコーンは健康に良いポリフェノールが多く含まれていることが判明

スクラントン大学が科学的に調べた結果、ポップコーンは健康に良いポリフェノールが多く含まれていることが分かったようです。映画館やシネコンなどで販売をしているポップコーン、映画館でのポップコーンは食べながらリラックスできて、コーヒーやコーラとなど映画になぜか合います。精神的にもリラックスしながら・・

小保方氏のSTAP細胞を一緒に捜してあげればいいのでは。

小保方氏の息子を一緒に捜してあげればいいのでは。と、つくづくそう思います。 延々 …

no image
なでしこジャパン女子ワールドカップ(W杯)優勝は力を与える!

なでしこジャパン女子ワールドカップ(W杯)優勝おめでとう!W杯決勝の戦いは壮絶でした。これまでの戦いもすさまじいものがありましたが、W杯の決勝は更に輪をかけての戦いで、結果は大金星です。前半はアメリカの怒涛のシュートで、日本のゴールを脅かし、さすがに世界ランク一位だけの実力は、まざまざと見せ付けられました。さすがアメリカです。シュートミスが続き、ゴールにはならなかったものの、冷や汗の続く、固唾を呑む展開でした。

no image
世界の大富豪の被害総額いかほど、パート2。

ウォーレン・バフェット氏や他のトップクラスの企業家を見てもわかるのは、資産価値が莫大だと言う事を前回言っていました。しかし、それだけに身動きが。

no image
オバマ氏の演説は、どこがそんなにすごいのか?

オバマ氏の演説、題名からして、批判記事かと思ってスルーしようとしたが、実はそうではない。かなり、興味深い毎日新聞の特集記事になっているので、今回、そのまま紹介してみたいと思います。
なぜ、アメリカ大統領候補の当初は無名のオバマ氏が、ここまで、知名度の高いクリントン氏を追い上げてきたのかという、理由が垣間見ることができます。

no image
Siri(音声認識ガイダンス)の日本語版搭載がAppleからデビュー!

Siri(音声認識ガイダンス)の日本語版搭載が遂にアップルからリリースしました。

iphone6
アップル iPhone6は、4.7インチ、5.5インチで生産開始?

いよいよ、アップル iPhone6、4.7インチ、5.5インチで生産開始するとの …

『アナと雪の女王』が17年ぶりに『タイタニック』超えをした理由とは

1997年の映画で当時話題になった『タイタニック』の観客動員数(1,683万人) …