生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

安全走行をハイテクで極限装備したベンツの S-CLASSの凄さとは?

      2014/06/24

グーグルの自動走行の中のシステムの一つ、安全走行を極めた車(自動走行車ではあまりせんが)の中に、

メルセデス・ベンツ The new S-CLASS(ニューS クラス)があります。

さすがに高級車だけあって、これまでにないような安全性を極限にまで追求した安全制御システムを複数搭載しています。

車から発信する短距離・中距離・長距離のレーダーセンサーで、先行車を認識したり、後方車からの追突にも対応しているのです。

衝突防止による安全性を確保するために、複数のセフティシステムが起動してドライバーの安全性を確保しているのですね。

例えば、飛び出し検知機能付ブレーキアシスト、前方を広範囲に監視して(グーグルカーのように)、

前に走行している車や横切るクルマ、合流してくるクルマ、歩行者や道路上の物体との衝突の危険性を検知した場合も、

ディスプレイと音で警告を出すので衝突回避ができるようになっています。

歩行者検知機能はなんと、7~72km/hの範囲でも制御出来るのがすごく、

これは、低速から中高速で走行している間にも感知するような構造になっているのです。

レーダーセンサーはなにも前方だけでなく、後方から近づく車に対しても
監視して制御できるのでドライバーにとっては至れり尽くせりです。

これまでに次のような経験一度は無いですか? 走行している車の視界から見えない車が斜め後方にいる時、車線変更合図後に車線変更していくと、車が進行して横付近に進んできて警告音を鳴らされひやりとしたこと。

この車なら、リアバンパー左右のレーダーセンサーが装備されていて、
ミラーで見えない車の死角付近をモニタリングしてくれるので、

車両がいて、知らないままドライバーがウインカーをあげても、
車内のパネル点滅や注意を喚起してくれるのです。

さらに驚くのは、トム・クルーズの映画『ミッション・イン・ポッシブル』や007のボンドカー並に、

前方のフロントガラス前から目を離すことなく運転に必要な情報が確認できるヘッドアップディスプレイが凄い。

ドライバーの約2メートル先に浮かぶように見えるフロントガラス上の高解像度カラーディプレイ

この様子は表示しているものは違いますが、映画のシーンでは格好良くフロントガラスにディプレイしていました。

フロントガラスそのもののディスプレイ上に、車速やナビゲーション等の設定画面や、

運転に必要な情報が車内のコンソールボックス等に視線や目を離さずに確認できるシステムなのです。

そのカラー画像の明るさは自動調節され、投影情報の高さも調整できるスグレモノです。

そして、世界初の前方路面の凹凸を認識するマジックボディコントロールでは、

カメラで最大15m前方の路面の詳細な凹凸を検知して滑らか走行を自動制御でしてくれるのです。

(実際乗ったことはありませんが、昔ロールス・ロイスの車がコップにぎりぎり一杯の水が入っているグラスを置いても、走行中でも水はこぼれないと聞いたことはあります・・・

それ並に近いものですね・道路の状態にもよりますが)

ただ、グーグルの自動走行ではないですが、それに安全走行を究極的に極めた車で、

さすがに優れた高級車だげあって、持つべき人が持つ車と言えそうです。

これが一般車にも搭載されるようになるならば
これはこれで未来を予感できるくらい凄いことではあります。

 - 生活スタイル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

フィットネス
夏バテ解消+お通じスッキリ+メタボ・肥満対策の答、その一つは?

まずは体調管理の一つのバロメータ、今お通じ快調ですか?と、初っ端からですが、体調 …

マクドナルドの信頼回復
マクドナルドが一度失った信頼を回復するため、客足を戻す唯一の方法とは?

2014年7月に発覚したマクドナルドの 中国の食品加工会社 「期限切れ鶏肉使用問 …

no image
ダイエットチョコ実は高カロリー?

国民生活センターによると、一般的に30〜40%のカカオを含む、高カカオチョコレートが、各メーカーから発売され、種類も豊富にあり、売り上げを伸ばしている一方で、高カカオチョコレートはカカオの含量や脂質が多く、エネルギーは比較的に高いので、摂り過ぎにも注意が必要のようです。

no image
うつ病の発生メカニズム解明で、自分で出来る範囲の対策は?

名古屋市にある名城大学の鍋島俊隆特任教授と名古屋大学などからなる研究グループが、うつ病の発生メカニズムを解明したと、NHKが伝えています。うつ病などを発症しやすくしたマウスを、集団と一匹ずつ隔離した場合に分けて、ヒトの思春期に当たる時期から3週間にわたって飼育した結果、ドーパミンの減少やうつ病に結びつく結果が出たのです。ドーパミンとは、成績や仕事で結果が出たり、美味いものを食べたり、収入など嬉しい報酬を得た際に分泌される脳内物質で、人の生存本能と深い関係があると考えられています。

no image
インフルエンザAウイルス予防はR-1乳酸菌ヨーグルトで可能?

R-1ヨーグルトは、免疫力を上げるなど健康効果機能がある機能性ヨーグルトとして、注目されてきていますが、その理由は、従来の整腸作用や内臓脂肪の軽減や抗炎症作用に加え、機能性ヨーグルトが、マウスの研究実験からインフルエンザAウイルスへの感染予防の効果を雪印メグミルクが発表しています。ウイルス量と炎症を示す指標が軽減化され、腸内の免疫力にかかわる善玉菌も回復したり良い作用をしているようです。

no image
家電+コンピュータ

ハードディスクは、データを保持する大切な要、コンピュータ
から家電の液晶テレビに付帯するものまで、幅広く利用されて
います。

no image
2014年、毎年恒例で、日経新聞、朝日、毎日、読売新聞を比較する

日経新聞、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の4新聞を、、毎年新年に恒例で朝一番に購入します。比較すると興味の持つ記事は人によりますが日本経済新聞の元旦の新聞は読み応えがあります。ハイテクを通して今後の生活に及ぼす流れの一端が見える多面的な記事がとても興味深いです。それは、1記事だけでなく複数のページ・紙面をとって独自に紹介しているのは日本経済新聞ならではなのかもしれません。このあたりは、他の新聞社でもできそうなのですが、どうしても芸能、スポーツの記載になるのはしかたのないことですね。

no image
美顔・美肌はシワ・紫外線ケア、口臭対策は舌と歯のケアで

美顔・美肌、シワは紫外線対策で、口臭対策は舌と歯のケアが欠かせなくなりますが、通勤で、例えば車に乗って30分〜1時間運転したり、通学など徒歩で移動すると太陽の強い日差しは、ある一定の方角から顔や腕、手に紫外線を浴びることになります。それを毎日浴び続けて、全く手入れをしないと、紫外線が直接肌の内部まで浸透し、肌が乾燥し、肌の深部で作り満たしてる肌に潤いを作っている組織を破壊します。老化現象のような彫りの深いシワを時間をかけて形作っていくことになります。

no image
ポテトチップスと運動、バランスのとれた食事

食べ物や食事を考慮して、ちょっとした気遣いをすると、自らの命や健康を助けることにもなるようです。例えば、ポテトチップスジャガイモを揚げる前に水に浸すことにより、発がん物質として疑われているアクリルアミドの形成を抑えられることが、英国の研究で明らかになりました。

no image
個人投資家の外貨預金が急増しています

個人投資家の外貨預金が急増しています。円相場が1ドル90円台半ばにまで急上昇する中、外貨預金に投資マネーが急速に流れ込んでいるようです。1ドル100円の場合、100円で1ドル分買えたものが、1ドル90円にレートが変化したとすると、円の価値が高まり、円高となります。