生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ワールドカップ 2014年の勝者と敗者を分けるポイントは?

      2014/06/19

ワールドカップ 2014年が始まり、強豪がひしめく各グループでは、日本はもちろんのこと、壮絶な試合展開が各グループで行われています。

例えば、ドイツ対ポーランド試合を見てもそうなのですが、ポーランドにはあの超スーパースター、クリスチアーノ・ロナウド(Rマドリード)が疲弊しきった顔つきと姿が印象的でしたが、

ポルトガルもやはり、敗者に直結する要因がいくつも見えていました。まずは、反則が多く、レッドカードをもらったポルトガル代表DFペペ(Rマドリード)が典型的です。

サッカーとは関係のない不要な行為をして、レッドカードで一発退場。一人抜けた10人で戦うことになり、負けるべくして負ける試合展開になります。(既に試合は結果が出ていましたが)まずは反則行為が多く見られるチームはまずは勝てないことがポイントの一つになります。

反則が多くて勝ち残ったチームはあるかどうか? まずないでしょうか。

次に、先日でも記述したように、パス回しがうまくいっていないチームもまずは勝てないポイントの一つになります。

長続きしないパス回し、パスミス、受けたパスからボールを簡単に奪われる連携の中でのパスです。焦って攻撃が荒くなるのです。

それに連れて、ボール保持率が悪いチームも負けの要因に必然的になります。相手チームに押されて自分たちの試合展開につながらないことも負ける要因の一つになります。勝利しているチームはボールポゼッションが比較的いいのです。

運動量があればいいのではなく、ボールを取りに行かせられる動きのチームも日本のように負ける要因になります。個人が疲れて疲弊してしまい、意気消沈して追うため更に疲れる。モチベーションの加速エンジンが掛からない状態です。

そして、チームにスーパースターがいる場合、相手チームは何としてもそこにボールが行かないようにガードなり、マンツーマンで張り付かれます。クリスチアーノ・ロナウドの疲弊した顔つきがそのことを示していました。

これにより、動きがぎこちなくなり、全体へと波及していき活性化が起きるどころか、反対にチームも沈滞を受けるカタチになります。それこそ、相手チームの仕掛ける狙いであり、作戦でもあります。

そのため、逆に勝利できるチームは何が大きな要因になるかをまとめました。

1.特にペナルティエリアやゴール前で反則まがいの行為は絶対しないこと。

2.パス回しをしっかりできること、しかも一過性ではなく、長時間にわたってのパス回しの成功を続けること。オランダ、コートジボワールもそうです。

3.ボールの支配率(ボールポゼッション)を高めること。

4.重要視している選手を完全にマークしてボールが集まらないようにして警戒すること。

5.縦パス・横パスもフルに使い、パスを通す。

6.ボールを奪っても、簡単に奪われない。

こうしたシンプルな事柄が出来るチームが勝利して勝ち進める典型的なチムーとなるのではと思います。

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
タイガー・ウッズが世界ランキング1位に復帰した理由とは?

タイガー・ウッズが世界ランキング一位と、遂に復帰を遂げました。米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の最終日、単独首位でスタートしたタイガー・ウッズが今季3勝目を獲得しました。ツアー通算77勝目で、サム・スニードに並ぶ同一大会通算8勝。2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位は、タイガー・ウッズにとっても長かったと思います。ローリー・マキロイを抜いて約2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位の座に再びついたのです。このまま、あのスキャンダル以降、一体どうなるのかと、ずっと思っていた人も多かったのではないかと思います。さすがに、超一流は違うものです。じゃー、あのどん底の成績で低迷していたところから、なぜ、世界ランキング一1位に復帰できたのか?です。

no image
タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCM

タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCMのインパクトは静かながら、しっかりしたタイガーウッズの復帰CMですね、

no image
天才バッターイチローも人の子、そして次の

天才バッターイチローも人の子と言えるのではないかと思います。一流のピッチャーが得意とするボールを投げれば、天才バッターと言えども、そう打てるものではないことが証明できる。

no image
田中将大投手の成績や防御率も急速に改善!?修正点・問題点を解決?

米大リーグで活躍するヤンキースの田中将大投手が、NHK「プロフェッショナル 仕事 …

no image
MLBライブ中継はネットの醍醐味!

MLBライブ中継はネットの醍醐味!ダルビッシュV.S.黒田ついに、日本人対決実現!ネット中継の威力は、こうしたダルビッシュV.S.黒田との登板で特に感じます。YAHOO!スポーツの一球速報、ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。ttp://live.baseball.yahoo.co.jp/mlb/game/live/?id=2012042509、MLBライブ中継、http://gyao.yahoo.co.jp/mlb/live/とても、便利な時代に入ったものです。これまで、TV中継でしか視聴できなかったものが、ネットでの生中継が、一球速報と相まって視聴できることは、とてもありがたいことです。

ヤンキース・田中 PRP療法
ヤンキース・田中のじん帯部分断裂 PRP療法とは?治療とリハビリの効果は?

ヤンキース・田中のじん帯部分断裂で、当面は PRP療法を受けて治療とリハビリに …

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、

no image
mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月版】

mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月】気になる日本人(MLB)メジャーリーガーが多数活躍する2013年メジャーリーグ・MLBライブ中継時系列として、最新の日本人メジャーリーガーの記事を日付順に記載。5月1日の日本人MLBは、いきなり、ヤンキースの黒田とイチローの先発で観れ、しかも同日、レンジャーズのダルビッシュの試合も同時並行とは、贅沢な試合展開・・

部活・クラブ
部活の指導は根性論から科学的根拠に基づいた指導へ

部活やクラブ活動は本来、好きなスポーツや文化のジャンルで 技術を磨いたり、個人や …

no image
大谷翔平の二刀流、1軍ピッチャーデビューがついに実現。

日本ハムの二刀流、大谷翔平が1軍ピッチャーとしてデビューがついに実現です。これは、多くのファンや、大谷に関心ある観衆からも注目している大きな試合になる一方で、そして初先発登板となる2013年5月23日のヤクルト戦の前売り券の売れ行きは上々のようです。過去に大谷が打順8番で先発し、視聴率はわずか2.6%と「こんなに世間の関心が低いと」と関係者は青ざめているようですが、しかし・・