生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦 修正点はココ!

      2014/06/19

ワールドカップ2014 日本対コートジボワール戦の前半、本田の先制弾丸シュートを決めて1点リードできたことはとても良かったのです。

早くもテンションが上りました!

一方で前半は何とかコートジボワールの攻撃を封じていました。

ボール保持の支配率も何とか少ない中でもキープしてしのいではいましたが、前半を観る限り、相手のゴールも時間の問題の様相を見せる展開でした。

ザックジャパンに垣間見られたことや、一体何が起こっていた?

コートジボワールの攻撃時間が長くなり始め、相手のパス回しが出来てきて連携し始めました。サイドを含むロングパスが通り、攻撃にすぐ移れることや背後からボールを奪取されることも頻繁に見られるも、前半はコートジボワールにもパスミスはいくつかありました。

それが前半の序盤では相手もうまくいかないのが分かり、動きはそう活発ではありませんでした。前半が終了する時間帯に入り、コートジボワールも徐々にペースをつかみ、パスが通り出して攻撃へと展開し始めました。

ところが、後半に入り、日本のパスの連携が長続きしなくなるのが頻繁に見られ、疲労のせいなのか分かりませんが、パスのミスだけでなく、ボールの競り合いも負け、ゴール付近に持ち込みも少なく、最後まで決められない、反撃が出来ない展開になっていきました。

そして、ドログバの投入で一気呵成的に展開がコートジボワール側に、そして日本もそれに合わせるように変化していきました。

イタリア対イギリスでもそうですが、イタリアは細かなパスをつないでゴール前にボールを運んでシュートのチャンスを生かせたことが大きな勝利要因の一つですが、今後は、ここを押さえることによりチャンスをものにする可能性が飛躍的に生まれます。(言うは易しですですが・・)

日本がギリシャ戦までに修正する点や、必要である戦術とは?

そのため、日本が2回目に戦うギリシャ戦では、パスを繋ぐことを最大のポイントに置くことが、ゴールへの攻撃回数を増やすチャンスになるため、最新の注意を払い、オランダ、イタリア、コートジボワールの戦術も参考にしてパスをつなぐサッカーを最初に目指して欲しいと思います。

とにかくゴールへの執念をより持って、時には自分がゴールするというチャンスも活かして欲しいです。まず第一には、パス回しをキッチリやり切ること、そしてサイドからのロングパスも生かせるチャンスを作っていければ勝利するチャンスも自然に広がるのではないでしょうか。

今度は日本の波状攻撃を見たいところです!

 - スポーツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大谷 日本最速162Km
日本ハム・大谷、日本最速新記録163キロへ!カウントダウン開始!

オールスターゲーム第2戦(甲子園)で、 全パは日本ハム・大谷翔平が先発し、日本最 …

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、

no image
ジャイアンツの独走、村田、楽天田中、メジャー上原の安定感にはワケがある?

ジャイアンツが圧倒的な強さで、他を寄せ付けずにセ・リーグVで二連覇達成です。余りにも圧倒的な強さで、ジャイアンツファンでなければ、かなりつまらないペナントレースだったかもしれません。他の某チームの監督曰く、「あの戦力を見れば普通にやったら勝つよね」じゃーなくて・・・。そのチームは何度も優勝していたチームではと突っ込みたくなります。その思いでは、絶対勝てません!ぶっちぎりに強い場合は、必ず理由があるのですね。

no image
WBC 2013『侍ジャパン』、ついに発進!!

WBC 2013『侍ジャパン』(2013年開催)がついに発進!!しました。ひとまず、ほっとしてますよね。誰もが楽しみにしていたり、待っていたWBCへの参加表明ですから。2013年春開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へ日本の参加を選手会も含めて決定したのです。多くの野球ファンが待望していたWBCへの参加。とても楽しみにしていた方や気をもんでいたスポーツファンが多かったと思います。これまで選手会も数年後を見据えて苦渋の決断をして表明してましたが・・

no image
タイガーウッズのすごさ、超一流とは?

タイガーウッズが超一流と言われている一つには訳があるのですね。誰もが同じ条件でゴルフをしたとしても、プレーに差がついてしまう。出来そうで出来ない、仮にこれまではあったとしても。でもこれからはそうではないですよね。それは・・・

no image
日本シリーズ2013を制するのは楽天・ジャイアンツのどっち?

日本シリーズ2013年、楽天対ジャイアンツ戦が、いよいよ2013年10月26日に始まりましたね。目玉は、楽天の強さがジャイアンツと対戦してどうなるのか、また、無敗のエース・田中将大がジャイアンツ打線と対峙してどのような結果を残すのか。また、初戦が田中でなく、それが今後の対戦にどうが変化していくのかに注目です。

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。

ヤンキース 田中 故障者リスト
ヤンキース・田中 右肘靭帯の部分断裂、症状や理由、治療・手術は?

右肘の炎症で故障者リスト(DL)入りしている ヤンキース・田中将大投手は、 (写 …

no image
甲子園球場のリニューアルの不思議

甲子園球場のリニューアルで、一期工事が済んだとのことですが、問題が浮上しているみたいです。阪神ファンの一人として、全く解せない工事ですね。スポーツ報知によると、第1期リニューアル工事を終えた甲子園で、次々と「NG」が明らかになりました。

no image
楽天 田中将大の凄さと、最強の精神力を支える原点とは?

話題・新しい発見説明