生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

オランダ代表ロッベンは、惚れ惚れするくらい速くて凄いストライカー!

      2014/07/13

ワールドカップ 2014年のオランダ対スペイン戦で、
前回優勝のスペインに5-1と
雪辱を果たしただけでなく、
スコアも圧倒的に攻め込んだ試合でした。

 

この日も早朝からワールドカップ2014
オランダ対スペイン戦を観戦していましたが、

 

強烈に印象の残った試合の中で、
特に印象深かった選手に
アルイェン・ロッベン選手がいました。
(写真出所:Yahoo・soccer king・Getty Images)

 

なぜなら、ロッベンがこの試合で
一点目をゴールさせた
シーンもそうでしたが、特に二点目、

 

圧倒的に走りが早いだけでなく、
スペインの選手とゴールに向かって競り合って走り込む様子は、

 

まるで100メートル競争のアスリートのように
駆け抜けるだけでなく、

 

シュートをして決める様は
これが一流のストライカーか、と
二度驚くほど速くてシュートするスタイルも衝撃的でした。

 

その後、soccer king、
オランダ紙『テレグラフ』によると、

何と、ワールドカップ2014年 オランダ代表の
ロッベンがサッカー史上最速スピードを記録したと報じていました。

 

本当に早いの何のです。
次回注目してみると本当に面白いと思います。

 

速いだけでなく、シュートを打つ技も相手選手を
見事に交わしてシュートする様子も、
これもまた文句なしに天下一品でうまい!

 

タイミングと言い、
ドリブルから相手スペインの選手を交わして
ゴールシュートを放して決めるのは、
余りにも美しすぎるほど凄かった。

 

しかもロッベンがチーム5得点目となる
ゴールを決めたシーン、

 

これが上記のスペインの選手と
競り合ったシーンですが、
ご覧になられた方も感じられたと思いますが、

 

圧倒的、圧巻と二語を使いたいくらい凄いシーンでした。

FIFAがそのスプリントを測定したところ、
スペイン代表DFのセルヒオ・ラモスを競り抜いた
ロッベンのスプリントは、

 

トップスピード時速37キロを記録したそうです。
しかもその記録はロッベンが
100メートル競争で換算すると、
10.28秒の記録になるようです。

 

ファン・ペルシーとロッベンの素晴らしいスーパーゴールの動画ハイライトシーンが観れます。

 

速く感じた訳です。
とにかく、まるで圧倒的に速いラグビー選手が
ボールを抱え、相手選手を引き離し単独で
ゴールに突き進むように速くて凄かったが印象的です。

 

本当に凄かった!

 

ザックジャパンにも
ロッベンのような選手が一人いればと
思ったほどです。

 

そして、オランダ対オーストラリア戦の
壮絶な試合展開でも、

 

ロッベンはオーストラリア戦でも
素晴らしいロッベンらしいゴールを挙げています。

 

しかし、オーストラリアもかなり
善戦していましたが、
残念ながらオランダの勢いには敗れました。

 

オランダ対オーストラリア戦は、動画ハイライトで観れます。

 

そして、最終的には

2014 ワールドカップ・ブラジル大会の3位決定戦で、
オランダが勝利しました。

 

これも、またロッベンが攻守に素晴らしいプレーを見せつけ
得点にさまざまなアシストを含めて絡んでいきました。

 

3位となったオランダ ファン・ハール監督が試合後に、
ファン・ハール監督は大会終了後には、
イングランド・プレミアリーグ
マンチェスター・ユナイテッドの指揮官に
就任することが決まっているため、

 

現在、ドイツのバイエルン・ミュンヘンに所属する
ロッベンマンチェスター・ユナイテッド
歓迎するとコメントしました。

 

なんと、
マンチェスター・ユナイテッド
ロッベンが見られるかもしれない!

是非そうなれば最高です!
あの勇姿をまた見たいです・・・

 

が、しかしです。
ロッベンは今年の3月にバイエルン・ミュンヘンと
2017年まで契約延長を行っていて、

 

ロッベンは、監督から誘われたものの、
スポニチアネックスによると、

自分は今いるところにいるのが幸せだ
ファンハールは自分にとって最高の監督で、
特別な関係だが、移籍はしないよ。

と、言ったようです。
残念です!

更に、カイトも活躍しそうですけど?

 

そりゃー、ファンハール監督からすれば
と言うよりも、どのチームでも
ロッベンは喉から手が出るほど欲しいはずです。

 

 - スポーツ , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
甲子園球場のリニューアルの不思議

甲子園球場のリニューアルで、一期工事が済んだとのことですが、問題が浮上しているみたいです。阪神ファンの一人として、全く解せない工事ですね。スポーツ報知によると、第1期リニューアル工事を終えた甲子園で、次々と「NG」が明らかになりました。

no image
松井引退の本当の理由は?ビフォー・アフター

松井の引退の本当の理由は実はそうだったのですね。知らなかった。まだ、やれると思っていましたが、これで、理由が分かってきました。2006年、松井が膝をかばうスライディングキャッチしましたね。この肘を損傷したプレーがきっかけでで加速したようにも思っていました。↓松井のスライディングキャッチ。ある程度は、筋トレしていたり筋トレのやり方だけなのかと思っていたのですね。どうして、シーズンを通して、キャンプや自主トレを含めて十分な筋トレをしていかないのか?このあたりが、ずっと疑問で、知りたいところでした。Business Mediaが伝えたところによると実際のところ、松井の膝の傷や故障にあったようです。ジャイアンツ時代に、古傷であった左ひざをかばうため、・・

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので

no image
2014年メジャーリーグ開幕、マー君初デビュー初先発、初勝利!

2014年、日本のプロ野球も、米メジャーリーグもついに開幕しました♪2014年のメジャーリーグで注目の一つはヤンキースに入団した田中将大、マー君です。メジャーリーグのヤンキースの一員であるマー君にとって2014年のシーズンは楽しみになります。活躍が続けば、メジャーを観に行くファンも増えていくでしょうし、観客動員数にも大きな影響が出るでしょうか。オープン戦ではキッチリ活躍して結果を残し、待望の2014年初メジャーリーグ、初デビュー初先発・・

no image
メジャーリーグの日本人選手やボクシング日本人世界王者の活躍が凄い!

メジャーリーグの日本人選手やボクシングでは亀田家、山中慎介、長谷川穂積、八重樫東など日本の世界王者の活躍で、日本人同士の統一戦も、また、ゴルフ界でも凄いことになってきています。レンジャーズのダルビッシュ有が、8月14日のアストロズ戦で自己最多の15三振を奪い8回1失点に抑え12勝目を挙げましたが、日本の若いトッププレイヤーが着実に世界でも実績を残しています。

甲子園大会地方予選 高校野球
夏の甲子園大会の地方予選は色々なドラマが待っている!

高校生の野球の頂点である甲子園大会、 予選を勝ち抜いて代表の1校が 各都道県から …

no image
2015年、プロ野球に続き、米大リーグ開幕。田中将大投手、次回の先発に要注目!

2015年の米大リーグが開幕して、ヤンキースの田中将大投手が開幕投手を務めました …

no image
イチローのヤンキース以外の球団選択肢は全然アリ!!⇒ヤンキースと2年契約へ!!

イチローのヤンキース以外の球団選択肢はアリ!!」と、結論から言うところです。えっ、と思われるかもしれませんね。でもね、現状を鑑みると、絶対そのほうが、イチローにとってもいいことのように思います。それは、2つの理由からです。まず一つ目、現在、米大リーグの関係者が一堂に集まる、ウインターミーティングが開幕して、ヤンキースからフリーエージェント(FA)になったイチローとの再契約について、ヤンキース内で意見が分かれている様子で・・

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?パート2

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?パート2になります。昨日のイチローの絶好調さの理由考えられてみましたか?ちょっとは考えてみられましたね。では、昨日の答えを、順に紐解いていきますね。あっ、ただしですよ、あくまで、私見なので、もちろん、100%正解とは断言しませんが恐らく、正解だと思っていたりします。笑色々、答えがあってもいいじゃないですか。早速いきます。最初の伏線です。2012年9月22日の日本時間にヤンキースタジアムで行われた試合のヤンキース対アスレチックス戦は白熱戦で、2対1と・・

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。