生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

イチローの移籍はレギュラーを勝ち取る実績と結果が全て!

      2015/01/31

イチローが、マーリンズ(ナ・リーグ)移籍の、1年契約で基本合意しましたが、年俸は200万ドル(2億3600万円)。

 

これは、サンフランシスコ・ジャイアンツに移籍した青木選手の1年契約で年俸400万ドル(約4億7200万円)と比べると2億以上低い年俸でしたが・・・

実はイチローにボーナス年棒があることがわかりました。

 

正式にイチローがついにマーリンズと1年契約を結び、東京のホテルで入団会見しました。

マーリンズ軍の球団首脳が来日しての超異例待遇に、

イチローも
『I am extremely humbled that these people traveled 18 hours from Miami to hold this press conference for me,” he said.』

《extremely humbled = とても  恐縮しています、の意味になります。》

と、恐縮しながらも表情は思ったよりも晴れやかでした。

イチローとマーリンズの入団会見(写真出所:サンケイスポーツ)

マイアミから18時間かけて、首脳と医療担当も同行して来ているのです。

 

イチローの今季の年俸は200万ドル(約2億3600万円)プラス出来高制で、

Miami Heraldによると『$5 million through bonus incentives』としていますので

最大500万ドル(約5億9000万円)のインセンティブとなるのです。

 

条件がクリアできれば青木選手の年棒を超える結構大きな年俸になってきます。

できるだけ多くの打席に立って、成績を残して欲しいのがファンの願いでもありますね。

 

イチローの年俸より気になるのが、第4の控え選手としての移籍で、若手を中心とした鉄壁の外野陣が揃い、そこにイチローが入り込むことでした。

 

レギュラーとしてのポジションではなく控えで代打または怪我や対戦投手によって出場できるチャンスをものにする位置に置かれるチームに入ることです。

3000本安打を一つの目標、または通過点としている以上それをクリアできるチームなのかということとと、

比較的レギュラー出場の可能性が高かったオリオールズの移籍決断が待てずに、または期待できないための選択枝だったのかもしれませんが、現実的に条件的には厳しいチームで挑戦することになったわけです。

 

オプション年棒から推定すると打席に立てるチャンスはありそうです。

 

そのため、イチローに残された選択枝は移籍後、レギュラーを勝ち取るために実績づくりと日々の結果の積み重ねが全てになるため、

誰もが納得できる(期待したところ)安定した結果を出していくことが最優先となるのです。

 

ただ、ジャイアンツの青木が当初テスト生から始まり、今日の実績づくりと信頼性、年棒を勝ち取ったように、

イチローにもどんな過酷な条件であろうと、毎試合で成績・結果を出してクリアしていき、

またヤンキースが惜しがるような結果を移籍先で叩き出すなら、次年度は輝かしい未来が待っていることだけは確実だと言うことです。

 

結果を出せば、年齢は一切関係ないので、超一流のプレイヤーの誇りは持ちつつ、新人と同様に一から始めて、
ただ実績と結果を残すことだけに集中していけるかどうか、

周りを気にせずプレッシャーを楽しめるかどうか?

プライドを捨てるつもり(周りの目や過去の栄光を全く意識しない、あくまでも気持ちとして)がむしゃらに結果を出すことに集中できるかどうか?

 

唯一その点だけににかかると思います。

みんながうなる結果を出すことがイチローの将来を決定付ける大きなチャンスになるのです。

 

年齢を重ねれば必然的に身体能力や動体視力に変化は起きますが、

まだまだ頑張って欲しいし、また、さすがイチローと言われる姿を是非ぜひ見てみたいものです。

そうなれば、新たな伝説が生まれることは確実です!

 

過去の栄光やプライドを捨てた、青木選手のようながむしゃらに向かう真の闘争心を移籍先で、新チームのマーリンズで見たいです。

それが唯一、鉄壁の外野陣のポジションやレギュラーを勝ち取れる唯一の選択枝になります。

 

記者会見のイチローの表情やマーリンズの首脳の表情を見ても、遠方から東京へ首脳陣が来日しての入団会見と対応、
そして、イチローへの気遣いや、イチローも緊張しながらも穏やかなのが印象的でした。


順調に打席が増えていき、契約のオプションを完遂できれば、サンフランシスコ・ジャイアンツの青木選手の年俸を超えることも可能なこと。

また、上記の記者会見を見る中で感じることは、イチローの実力を徐々に発揮して巧打のバッティングをしていけば、日本で想像されているより打席のチャンスも自然に増えて来る可能性がとても高いということです。

だから打席数によるオプション条件のボーナスにしているのですね。

 

打席数が増える = 巧打を続けている = チャンスに強いバッティング = 信頼

これからはマイアミ・マーリンズを加え、イチローも変わらず応援していきます!

(出所:Miami Herald、MLB.com)

 - スポーツ ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
楽天 田中将大の凄さと、最強の精神力を支える原点とは?

話題・新しい発見説明

no image
松井氏のヤンキース退セレモニーでの存在感は

松井氏のヤンキースの異例の引退セレモニーがありました。ヤンキースでも存在感を改めて感じる一日限りの松井氏の引退セレモニーでしたね。引退を発表する前まで、壮絶な日々の戦いは凄まじいものがあったと思います。その自らの引退後も、こうしてヤンキースのセレモニーに招かれるのは通常では考えられないわけです。ジータークラスではないとそうした特別セレモニーはあり得ません。ヤンキース広報でも前例を把握していないと。引退セレモニーでは、多くのファンも拍手喝采の中・・

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

no image
タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCM

タイガーウッズ、マスターズに復帰する前のナイキCMのインパクトは静かながら、しっかりしたタイガーウッズの復帰CMですね、

no image
天才バッターイチローも人の子、そして次の

天才バッターイチローも人の子と言えるのではないかと思います。一流のピッチャーが得意とするボールを投げれば、天才バッターと言えども、そう打てるものではないことが証明できる。

日本は2018年ワールドカップで悲観するより楽観を持てる!

ブラジル クイアバで行われた、 サッカーのワールドカップ 1次リーグの最終戦 & …

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので

no image
2014年 MLBもメジャーリーグの試合生中継で昨年以上に面白い!

2014年 MLBも昨年以上に面白くなりそうです!ヤンキースの田中将大、黒田、イチロー、レンジャーズ ダルビッシュ有、レッドソックスの上原、田沢、カブスの藤川、メッツをはじめ多くのメジャーリーガーの名前が今後の幕開けに備え、準備しています。2014年のメジャーリーガーはどう活躍していくのか?

no image
日本シリーズ2013、王手をかけた楽天、王者ジャイアンツと仙台で決戦!

日本シリーズ第5戦に競り勝ち、楽天がジャイアンツに王手をかけました。これまでに観てきた印象として、伊達にパ・リーグを制覇してはいません。民放では楽天戦は放映されないことが大半なので、選手個人の力量はスポーツニュースや紙面で推し量るしかありませんでしたが(ネットで生中継は別として)、日本シリーズにおいては、楽天の選手、個人個人の力は、セ・リーグの覇者ジャイアンツの選手層を上回ると考えていもいいかもしれません。短期決戦なので、選手の力は発揮できる選手、出来ない選手もいるわけですが・・

no image
イチロー選手は打撃の神様を超えたのか?

マリナーズのイチロー選手は、4打数無安打に終わり、オープン戦では26打席連続無安打となり、過去の自己ワースト記録を塗り替えた。8試合連続無安打、普通、これでは首を傾げることしきりのはず。これだけ、毎回の打席で凡退の山でベンチに戻ってくる時は、戻りづらいはずなのに、