生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

日本シリーズ2013、王手をかけた楽天、王者ジャイアンツと仙台で決戦!

      2014/04/09

日本シリーズ第5戦に競り勝ち、楽天がジャイアンツに日本一に王手をかけました。

これまでに観てきた印象として、伊達にパ・リーグを制覇してはいません。

 

普段はBS放送は除いて、民放では楽天戦は放映されないことが大半なので、選手個人の力量はスポーツニュースや紙面で推し量るしかありませんでし

たが(ネットで生中継は別として)、

日本シリーズにおいては、楽天の選手、個人個人の力は、セ・リーグの覇者ジャイアンツの選手層を上回ると考えていもいいかもしれません。

 

短期決戦なので、選手の力は発揮できる選手、出来ない選手もいるわけですが、

それでも同じ条件の中で、共にセ・パ両リーグの覇者の強者たちは同じ土俵にいるわけです。

 

まー、しかし、接戦につぐ接戦の展開で、一度試合の観戦を目にしたら、なかなか試合途中、退席できるものではありません。

それだけ楽天もジャイアンツも拮抗した、いい試合運びをしていることになります。

本当に、ちょっとしたことが勝利の女神を微笑ませていてるチームがあり、

 

ただ、その中でも、楽天の選手層は見た目とは違う力量がそれぞれの選手に、想像以上に備わっていることが分かります。

プロ野球解説者の中には、2、3戦目を終えても、まだジャイアンツに有利と見ていましたが、それも間違いではありませんでしたが、

 

楽天の強さはダテではなく、むしろパ・リーグを制しているところが見えていなかったかもしれません。

ジャイアンツの歴史や伝統、ネームバリューは天下一品、『ジャイアンツ』と聞いただけで、普通、相手のチームは否応もなく意識するといっても過

言ではないでしょう。

 

ところが、楽天は球団の歴史は浅いものの、物怖じせずに正々堂々と、セ・リーグの覇者、ジャイアンツと互角以上に戦っているというか、むしろ静

かに目立たず凌駕しているとさえ感じます。

第五戦を終えて、楽天の3割打者は、
岡島の.316
藤田の.300
銀次の.304
ジョーンズは、.313
聖沢は、なんと.429も打っている
松井の.359

マギー、嶋もほぼ3割一歩手前です。

つまり、ほぼチーム全員が3割打者ということになります。

普通はあり得ませんよね。

 

一方、ジャイアンツの3割打者はどうか?

なんと、長野が.300の打率で、ただ1人だけ。

日本シリーズ5戦目を終え、ジャイアンツの他の選手の中で、なんと3割打者はいません。

全く、楽天とは真逆の打率のチームになります。

 

対極的なこの違いは?

もちろん、日本シリーズ第5戦で打率は落としてはいますが、これではジャイアンツはそうそう勝てる打線にはならないのですね。

それだけ、楽天のピッチャー層の厚みはジャイアンツに比べて少ないと言われている割に、若い選手が多い中、少数精鋭や新たに力を付けつつあるピッチャーが出てきて共に勝ち抜いて来ていますね。

 

ピッチャーにしても、野手にしても日本シリーズでは、リーグ戦にない、とてもいい経験を積んでいます。

しかしですよ、この接線の中で、楽天は地味ながら、見えていなかった選手一人一人の力量が浮き彫りになってきている感じがあります。

これまで観戦してきた中で、何度もつい使ってしまう、『ダテにパ・リーグの覇者として勝ち進んで来てはいない』が印象的です。

 

だから、パ・リーグのトップを張ってきたと言えるのですね。

楽天の絶対的存在やエースでもあり、これまでリーグ戦や日本シリーズ2013でも無敗の守護神、田中将大に、

ジャイアンツがどのように戦うのか楽しみです。

 

反対に今季、沢村賞を受賞した田中将大が無敗神話を続けていくのか?、自然と注目度は高くなりますね!

そして、そして、第七戦に一気に飛びます!

日本一に王手をかけて、

無敗神話を誇ってきた、田中に土がつきました。

ついに、黒星となったんです。

最後は160球の意地の粘投で締めくくりましたが

残念ながら、マー君も人間なのです。

 

どんな偉大な新記録も、

いつかはその記録が途絶えることもあると同様に伝説的な無敗記録は途絶えましたが

それでもなお、日本球史に今後も語り継がれるでしょうし、『新たな伝説』として受け継がれていくと思います。

 

ジャイアンツもこれまでになくマー君打倒の必死の対策をうち、
(練習時にピッチャーをピッチャープレートより1m前に出して投げさせる)

ある意味奇跡的とも言える、楽天の田中から勝利を手にしました。

まさしく、起死回生で、日本シリーズ逆王手となったわけです。

 

同時に、ジャイアンツの底力を見ましたね。

毎回毎回、紙一重での勝利でもあるかもしれません。

ちょっとしたことが勝利の道を作ってくれるみたいな。

 

そして第7戦、両チームが王手をかけた最終決戦。

ついに楽天がジャイアンツに勝利して、初の日本一として優勝と栄冠を手にしました。

本当に嬉しそうな楽天ナインの様子が伝わってきます!

日本シリーズ2013楽天優勝

日本シリーズ2013楽天優勝

(出所:時事通信・yahoo)

なんか、楽天一人ひとりの選手の表情が全てを語っていますね。

美馬が2度目の登板で、みごとジャイアンツ打線を抑えてMVPも獲得。

本当によーやったと思います。

則本に継投させて、最後はなんと田中が登板して締めくくった。

9回の登板は田中の意地の志願での緊急登板。

160球の前日の登板の悔しさと、日本一への執念を完成させるべく

自らの志願で勝ち取りました。

一方、ジャイアンツも杉内から、澤村、内海、

最後は前回悔しい思いをした西村への必死の継投で、

失点を防ぐために、やれることはやったのですね。

打線の一部で復活を遂げたジャイアンツナインも

あと、チャンスはつくるものの決定的な一打が出なかったところに

敗因のひとつがあったわけです。

逆に言えば、それだけ楽天のピッチャーが良かったことになります。

楽天、ジャイアンツともに死闘を尽くした結果

それぞれの良さが出たり出しきれなかったりしたものの、双方全力でぶつかり合った試合で、

見応え率200%以上あり、近年稀に見る日本シリーズだったと思います。

楽天も、ジャイアンツも精一杯よくやり抜きました!

本当に球史に残る素晴らしい日本シリーズでしたね。

楽天優勝おめでとうございます!

 - スポーツ , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
イチローの絶好調と絶不調の理由とは?

イチローの絶好調と絶不調の理由とは?と、いった大げさなタイトルですが、でも、イチローは今、絶好調!米大リーグが、ア・リーグはヤンキースのイチロー選手を週間MVPに選考しましたね。2年ぶり、4度目の受賞です。38歳にして、6試合で25打数15安打の打率6割、2本塁打、5打点、7得点、6盗塁ですから文句の付けようもないどころか、一瞬、進化したのでは?と、思ってしまうほどです。笑。いゃ、実際、ヤンキースで進化したのかも。半分冗談で、半分本気です。ただ、イチローに何かが起きていることは事実です。それは・・

no image
イチローは野球界の永世名人?

イチローの3000本安打達成は快挙の一言、メジャーリーガーからすると、あまり内心あまりうれしくないかもしれないが、日本では一律に祝歓迎ムード。

ヤンキース 田中将大
ヤンキース 田中が2017年メジャー開幕戦で打ち込まれた理由は?

ヤンキース 田中が開幕戦でメッタ打ちに打ち込まれた状況は?   ヤンキ …

ネイマール 腰椎骨折
ネイマール 腰椎骨折の症状と治療、治る期間は?

2014年ワールドカップに出場している ブラジルのネイマールは、 コロンビア代表 …

no image
サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは?

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは? 一体どういうこと? と、なるかもしれません。試合にフル出場した日本代表のMF本田圭佑のコメントがとても興味深い。これにより、親善試合、サッカーの結果ひとつに対して、見方や捉え方、また実践した実情を知っている、知らないことにより180度違う、まったく真逆の考え方になってしまうのです。実情を知らないと結構、このあたりは怖いところでもあり・・

no image
楽天 田中将大の凄さと、最強の精神力を支える原点とは?

話題・新しい発見説明

マーリンズ・イチローの入団記者会見
イチローの移籍はレギュラーを勝ち取る実績と結果が全て!

イチローが、マーリンズ(ナ・リーグ)移籍の、1年契約で基本合意しましたが、年俸は …

no image
松井氏のヤンキース退セレモニーでの存在感は

松井氏のヤンキースの異例の引退セレモニーがありました。ヤンキースでも存在感を改めて感じる一日限りの松井氏の引退セレモニーでしたね。引退を発表する前まで、壮絶な日々の戦いは凄まじいものがあったと思います。その自らの引退後も、こうしてヤンキースのセレモニーに招かれるのは通常では考えられないわけです。ジータークラスではないとそうした特別セレモニーはあり得ません。ヤンキース広報でも前例を把握していないと。引退セレモニーでは、多くのファンも拍手喝采の中・・

ワールドカップ2014 日本対コロンビア戦-追加必須修正点はコレ!

前回のコートジボワール戦で指摘していました修正点はギリシャ戦で活かせたと思います …

no image
ダルビッシュ、イチロー、青木、黒田、岩隈らの活躍は?【6月版】

2013年6月に入り、岩隈も勝利を重ねていくにつれて評価を上げていますが、レッドソックスの田沢、上原も絶好調で推移しています。今の上原にとって、イチローはもはや目じゃない?タイミングを完全に外してどっちが主役か分からなくなってきています。どうもイチローは浮き足立ったバッティングが目立ち、つまり、何か腰が浮いているような、地に付いていないバッティングの感じがします。難しい球を打つのがイチローの特徴の一つなのですが、打ち頃の球も見逃しているので