生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

日本シリーズ2013を制するのは楽天・ジャイアンツのどっち?

      2014/05/17

日本シリーズ2013年楽天対ジャイアンツ戦が、いよいよ2013年10月26日に始まりました。

目玉は、楽天の強さがジャイアンツと対戦してどうなるのか、また、無敗のエース・田中将大が、ジャイアンツ打線と対峙してどのような結果を残すのか。

初戦の楽天の先発が田中でないのも、色々なことを考慮してのことなので結果は別として、悪くはないと思います。 第1戦に新人で15勝を挙げた則本昂大が先発で登板。

一方、ジャイアンツはエースの内海哲也が先発で、マシソン、山口鉄也、西村健太朗の完封リレーで逃げ切りました。

楽天の新人の則本は、しのいでよくやりきったと思います。楽天は残塁が多くも、あと一点が取れませんでした。

両チームとも、一点をとらせないのが鉄則でしょうし結果はチーム一体の結束と采配の現れでしょうか。

短期決戦では何が起きても不思議ではなく、状況によっては逆のパターンもあり得ました。

第2戦は27日、Kスタ宮城で行われ、先発は楽天が田中将大、巨人が菅野で、田中も楽天も真価が問われることになりそうです。

ジャイアンツは、田中を打ち崩すことに執念を燃やしていると思われ、また田中は来季はメジャーでのデビューと無敗の記録もあるでしょうから余計にジャイアンツが、どう田中を攻略していくか、注目度も高いと言えます。

田中は王者ジャイアンツに対応していけるかが一番?

と言うより、むしろ、これまでどおりの田中らしいピッチングをやり切れるかです。両チームとも、第2戦を取ることで日本シリーズの行方に影響を及ぼしていく重要な要の2戦と心得ているため、これまでになく、かなりここ一番の興味のある一戦になりそうですね。

いずれにしても、すんなりとは行かないようにも思えます。

そして、日本シリーズ第一戦は、ジャイアンツが2-0で内海で勝ち、第二戦は、楽天の田中で2-0で勝利しました。

第一戦、二戦ともどちらが勝ってもおかしくはない試合展開。

あと一歩のところで、ホームが踏めない試合運びでしたね。

ただ、無敗の田中は、ここぞという要所は完璧に抑えているので、さすが、二度目の「沢村賞」を受賞した田中は違う。

24勝0敗と驚異的な成績の楽天・田中将大投手が「沢村賞」を再度、2013年、満場一致で選出で2年ぶり2度目の「沢村賞」受賞が決まりましたね。

確かに文句のつけようもありません。

2年前の受賞時は、派手なガッツポーズやマウンド上での雄たけびなど、『品格』に注文がついたようですが、それくらい気合が十二分に入っていると、自然であろうがなかろうが、ガッツポーツの一つや二つ出ないほうが不思議なくらいです。

ヤンキースの黒田でも、軽いガッツポーズは出ますからね。

 - スポーツ ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
イチローとWBC

イチロー本人しか分かりませんが、恐らくWBCと打順、ナインを意識していて、微妙にバッティングにズレを起しているのではないかと憶測します。または、三番のイチローを自ら作り出している。

no image
WBCとプロ野球、更に次期開催の熱望と期待

星野ジャパンはオリンピック結果として9試合を戦い、4勝5敗と負け越した。監督は試合前、「今までわれわれが子どものころから学んできた野球というものを見せればいい。それは基本に忠実にあり、正々堂々と戦っていくということ」と語っていた。それは、それで間違いではないし、正論でもあるでしょう。

マーリンズ・イチローの入団記者会見
イチローの移籍はレギュラーを勝ち取る実績と結果が全て!

イチローが、マーリンズ(ナ・リーグ)移籍の、1年契約で基本合意しましたが、年俸は …

no image
イチローがヤンキースに電撃移籍トレード!

イチローがニューヨーク・ヤンキースに移籍が決定したと、メジャーリーグが伝えています。かなり衝撃的な、電撃ニュースです。代わりに、ヤンキースからは、右投げの25歳のミッチェル投手と同じく25歳のデニー投手がマリナーズに移籍し、プラス金銭トレード。なんと、イチローがヤンキースに移籍します。これまで、イチローのバッティングが低迷しているだけに、ヤンキースで、どれだけのことが出来るのか?環境が変わって、黒田も在籍している、スーパースター軍団のニューヨーク・ヤンキース・・

no image
プロ野球もメジャーリーグも開花宣言?

プロ野球もメジャーリーグも開幕しました。海の向こうでは、上原、岩村、両松井、松坂選手が活躍中。イチローもスタンバイ状態になってきましたね。

no image
プロ野球監督業

楽天の野村監督、チームを徐々に引っ張って、本領を発揮しつつあるように見えます。監督を引き受けた時は、チーム新生に相当な年月がかかると誰もが見ていたと思いますが。毎年最下位からメンバーが成長しつつ、不本意に活躍できなかった選手やその他の戦力も整い、勢いをつけていっているのでしょうか。

no image
タイガー・ウッズが世界ランキング1位に復帰した理由とは?

タイガー・ウッズが世界ランキング一位と、遂に復帰を遂げました。米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の最終日、単独首位でスタートしたタイガー・ウッズが今季3勝目を獲得しました。ツアー通算77勝目で、サム・スニードに並ぶ同一大会通算8勝。2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位は、タイガー・ウッズにとっても長かったと思います。ローリー・マキロイを抜いて約2年5か月ぶりとなる世界ランキング1位の座に再びついたのです。このまま、あのスキャンダル以降、一体どうなるのかと、ずっと思っていた人も多かったのではないかと思います。さすがに、超一流は違うものです。じゃー、あのどん底の成績で低迷していたところから、なぜ、世界ランキング一1位に復帰できたのか?です。

no image
大谷の投げて打って走って送球して4拍子揃った逸材に・・

大谷の投げて、打って、走って、レーザービーム送球して、4拍子揃った逸材は4刀流じゃーないですか。ノムさんも大谷の二刀流をついに認めたようですね。そりゃそうですよね、以前記していましたが、さすがのノムさんも認めましたね。考えを翻すところが凄い。大谷は・・

no image
松井がアストロズからのオファー?から一転、現役引退に。

松井秀喜がアストロズからのオファーで再発進する可能性が出てきたはずが、一転、現役引退となりました。アストロズが、2012年に自由契約の松井秀喜外野手を、2013年キャンプに招待選手として参加させる用意があったはずでした。ウインターミーティングでジェフ・ルーノーGMが、年明けに松井サイドにオファーを出す見通しを示したとのことでしたが、既に、メジャーの選手をとって、ポジションの枠が重なり、なくなったためです。招待選手としてのキャンプ参加は、メジャー昇格を保証されるものではないけどメジャー復帰に「光」が見えてきたはずだったのですが・・。

no image
mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月版】

mlb ダルビッシュ、イチロー、黒田、岩隈らの活躍は?【5月】気になる日本人(MLB)メジャーリーガーが多数活躍する2013年メジャーリーグ・MLBライブ中継時系列として、最新の日本人メジャーリーガーの記事を日付順に記載。5月1日の日本人MLBは、いきなり、ヤンキースの黒田とイチローの先発で観れ、しかも同日、レンジャーズのダルビッシュの試合も同時並行とは、贅沢な試合展開・・