生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

2007年楽天田中の投球フォーム

   

2007年楽天田中の投球フォーム

2007年楽天田中の投球フォーム

 -

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

no image
田中将大投手の成績や防御率も急速に改善!?修正点・問題点を解決?

米大リーグで活躍するヤンキースの田中将大投手が、NHK「プロフェッショナル 仕事 …

no image
田中将大(楽天)V.S.大谷翔平(日本ハム)の歴史に残る一番勝負

田中将大(楽天)V.S.大谷翔平(日本ハム)の歴史に残る2013年9月6日の一番勝負は、今季開幕負けなし19連勝と日本記録の23連勝と勢いがある楽天の田中将大が日本ハム戦の二刀流・大谷翔平との勝負に勝てば1957年に故・稲尾和久氏が樹立した同一シーズンの最多連勝記録「20」に並ぶプロ野球史にとっても歴史を刻む大きな試合になります。

no image
家電+コンピュータ

ハードディスクは、データを保持する大切な要、コンピュータ
から家電の液晶テレビに付帯するものまで、幅広く利用されて
います。

no image
世界長者番付、すごいの一言では片付けられない?

経済誌フォーブスの、2008年の世界長者番付では、13年間マイクロソフトのビルゲーツ氏が首位でしたが、2008年には、アメリカの投資家、バフェット氏がはじめて首位となったようで

no image
痩せる・アンチエイジング・小顔・美肌って最高!だよね。

『痩せる・アンチエイジング・小顔・美肌って最高!だよね』と、思いますよね!でもですよ、痩せる・アンチエイジング・小顔・美肌も、健康であって初めて本当の意味を持つことになるのです。じゃーどうするのか?だって、不健康のままで、いくら痩せても、スリムになっても、どこか不快感が残ります。もちろん、健康な人が、何らかの理由で不健康である場合ですよ。例えば、生き生きして健康かつ笑顔が素敵な女性はやっぱりいいわけです。

iphone6
アップル iPhone6は、4.7インチ、5.5インチで生産開始?

いよいよ、アップル iPhone6、4.7インチ、5.5インチで生産開始するとの …

no image
山中伸弥京都大教授 ノーベル賞 iPS細胞とは

山中伸弥京都大教授 ノーベル賞 iPS細胞とは山中伸弥 ノーベル賞 iPS細胞は、昨年も受賞候補としてあがりお馴染みではあると思いますが、ついに!ノーベル医学生理学賞を受賞されました。山中伸弥 ノーベル賞受賞 iPS細胞と3文字が2012年に現実となりました。おめでとうございます。そもそも、iPS細胞とは、一体何?ですが、人工多能性幹細胞(iPS細胞)で(Induced pluripotent stem cells)の略。つまり・・

no image
ミツバチの減少は携帯電話にも要因が。

ミツバチの減少は携帯電話にも要因があるとの報道がありますが、人間には一見無害でも、昆虫には有害電波に変わる環境が存在するかもしれません。

no image
サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは?

サッカーの結果を見方一つで180度違う考え方とは? 一体どういうこと? と、なるかもしれません。試合にフル出場した日本代表のMF本田圭佑のコメントがとても興味深い。これにより、親善試合、サッカーの結果ひとつに対して、見方や捉え方、また実践した実情を知っている、知らないことにより180度違う、まったく真逆の考え方になってしまうのです。実情を知らないと結構、このあたりは怖いところでもあり・・