生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ジャイアンツの独走、村田、楽天田中、メジャー上原の安定感にはワケがある?

      2014/05/17

ジャイアンツの独走、村田、田中、上原の安定感にはワケがある?

ジャイアンツが圧倒的な強さで、他を寄せ付けずにセ・リーグVで二連覇達成です。
余りにも圧倒的な強さで、ジャイアンツファンでなければ、かなりつまらないペナントレースだったかもしれません。

他の某チームの監督曰く、「あの戦力を見れば普通にやったら勝つよね」

ではなくて・・・。
そのチームは何度も優勝していたチームでは?  その手の考えを持っていると

絶対勝てません! ぶっちぎりに強い場合は必ず理由があるのです。

ジャイアンツの原監督の印象的な言葉で、「緊張感があれば、ムチを入れずに走ることも悪くはない」

2軍から上がってきた選手をすぐ使ったり慢心を防ぎ工夫をする。
これが出来そうで出来ないんじゃないかな。

プロチームだけでなく、アマチュアにも言えそうですね。ムチ、体罰などもそうでしょうか。
緊張感があっても体罰ありきでは、伸びるものが伸びないのです。

昔はそれはそれで通ったかもしれませんが・・適度であればいい面もあったかもしれません。

現代のスポーツでは、水の補給と同じで根性論だけでは強くはならないのですね。

話は反れてきましたが、阿部を初め、多くの功労者がいる中で、例えば、ジャイアンツの村田は、どう変身したのか?

昨年は、ジャイアンツに移籍してきて、期待されながら2割5部台の成績で終了しました。
色々なプレシャーがあったと思います。

常勝軍団のチームでもあるわけですからね。
しかしです、今年は不甲斐ないと、1回で下げられました。村田にとってはかなり屈辱的なはず。

ここで腐るか腐らないかは、器が育つかどうか。村田は、危機感をもって、グリップの高さなどを細かく修正してきて打席に望み結果を出してきました。

結果、昨年と比べてダントツの成績、3割2部近くをマークし、ホームランも24本で打率が安定しましたね。

ジャイアンツの求める安定感とチームにも貢献してきっちり試合で修正して結果を出してきました。このまま来季も進めばいいですね。

楽天の田中も圧倒的な強さ、言う迄もなく、日本記録、世界記録を塗り替え他を圧倒して、
田中が出れば、試合は決まったようなものとある意味覚悟をして戦わなくてはならないようになりました。

どのチームも田中に黒星をつけることが出来ません。伝説の澤村投手が、現代に蘇った感じでしょうか。現代版の伝説のピッチャーが誕生したのかもしれません。

沢村賞に加え、遠い将来は田中賞が出来る可能性も否定できません。田中も、様々な工夫から持ち味を発揮してピッチングを考える球種、配球をしています。飛ぶ統一球が問題視されていてもなんのその。

もちろん、投球フォームも違いが出ているのです。TV番組の「人体科学ミステリー
アノ有名人のカラダを最新科学で大解剖」するとてもいいTV番組ですね♪

2007年の楽天田中の投球フォームは、

2007年楽天田中の投球フォーム

2007年楽天田中の投球フォーム

(出所:TBS アノ有名人のカラダを最新科学で大解剖)

矢印のユニフォームの楽天の胸のマークが早くバッターに見えて、上半身が力んだ投球に。
しかも、赤線を引いてみたのですが軸が前につんのめっているのです。

2013年の楽天田中が22連勝の投球フォームは

2013年楽天田中の22連勝中の投球フォーム

2013年楽天田中の22連勝中の投球フォーム

矢印のユニフォームの楽天の胸のマークの見え方はリリースポイント前、バッターにはまだ見えてはいないのです。

つまり、下半身と同じタイミングで、上半身の力が働いていることを示すのです。

同じように、赤線を引いたラインは安定した垂直線で傾かず一直線に。どっしりしたウエイトが球ににかかるイメージです。これは、メジャーリーグのレッドソックスの上原にも投球術は当てはまります。

これまでは、ストレート主体だったものを球種と配球、コースを打者を考えながら掴んだのが、
大きく成長してきて、実績を重ねて結果をつくりだしたのですね。

槇原さんが面白いことを言っていました。
『上原は褒めれば、猿も木に登って行くタイプで木がなくなっても更にその上を登って行くと』

まさにそのものを体現しています。ほめることはいいことですね。
あっ、ほめられたかどうかは知りません。笑

スポーツに限らず、ビジネスや仕事でも必ず、常勝していくには理由があって創意工夫、調整があったり、何度でも試したり、失敗したりする試行錯誤とまた、調整して・・・試す、

言い訳は一切なしで変化と理由をなんとか見つけて生かしていくしか方法とか・・・
どうしたら圧勝している人に近づけるのか・・どこが違っているのか・・色々調べてみるといいかもしれませんね。

なんらかの手がかりやヒントでも発見から改善ができればいいですね。

劣勢になったり、仮に負けても
『言い訳は一切なしにして、理由と手立てを発見しよう!』

 - スポーツ , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ヤンキース 田中将大
ヤンキース 田中が2017年メジャー開幕戦で打ち込まれた理由は?

ヤンキース 田中が開幕戦でメッタ打ちに打ち込まれた状況は?   ヤンキ …

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは、それぞれの考え方一つにもあると思います。イチロー選手も松井選手も、『一流のプロ中のプロ』であることは、疑いもない事実ですね。松井秀喜も、引退しましたが、古巣のニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツからも、また、これまで所属した同僚や監督、関係者をはじめ、新聞ではニューヨーク・タイムズにも大きな記事を飾って、大いなる賞賛をもらっていることからも、分かりますね。とにかく、多くの関係者から、大きな賞賛をもらっているわけです。そして、関係者の口から出る言葉は、皆、判で押したように、異口同音、松井は『プロ中のプロ』と、言われているのですね。これは、単に持ち合わせているプロの技術だけでなく、取り組む姿勢や考え方、人柄であったり、若手への手本や教え方であったりするわけです。

no image
天才バッターイチローも人の子、そして次の

天才バッターイチローも人の子と言えるのではないかと思います。一流のピッチャーが得意とするボールを投げれば、天才バッターと言えども、そう打てるものではないことが証明できる。

no image
2015年、プロ野球に続き、米大リーグ開幕。田中将大投手、次回の先発に要注目!

2015年の米大リーグが開幕して、ヤンキースの田中将大投手が開幕投手を務めました …

no image
イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2

イチローと松井秀喜の、『一流のプロフェッショナル』の違いは?パート2では、前回の、続きをしていきます。イチローにしても、松井秀喜にしても、どちらも、『一流のプロ中のプロ』なのです。松井にいたっては、ヤンキースを離れて、3年は経っていてもヤンキースが、松井引退の花道を作っている話も、急浮上しています。1日限りの契約で、オープン戦での引退試合や開幕戦での始球式などで松井、イチロー、黒田とのトリプル初登場が実現する可能性があったりします。もちろん、日本のジャイアンツでも、その話は先に同様に出ていて、これだけ、両都市で注目されているのは異例です。それだけ、引退してもなおかつ、ニューヨークでも、日本でも高い評価を得ています。イチローの評価も、言うまでもありません。ところで、イチローも松井も、技術やプロ魂を追求はしていますが考え方が違うのですね。それが、プロ野球で長くプレーできるかどうかの分かれ目にもつながっているように思います。松井については、そのうち、色々どうのようにして、プロ技術を高めていったのかは、明らかにされていくと思いますが、イチローは、その高め方が分かって来ました。これは、以降については、あくまで、私自身の考え方や、気づきや思いとしての想像の範囲になります。

メジャーリーグ
MLB(メジャーリーグ)をネットで5倍楽しむ方法は?

MLB(メジャーリーグ)をネットで5倍楽しめれば、イチローのバッティングやダルビ …

ワールドカップ2014 日本対コロンビア戦-追加必須修正点はコレ!

前回のコートジボワール戦で指摘していました修正点はギリシャ戦で活かせたと思います …

no image
イチローとWBC

イチロー本人しか分かりませんが、恐らくWBCと打順、ナインを意識していて、微妙にバッティングにズレを起しているのではないかと憶測します。または、三番のイチローを自ら作り出している。

no image
日本シリーズ2013、王手をかけた楽天、王者ジャイアンツと仙台で決戦!

日本シリーズ第5戦に競り勝ち、楽天がジャイアンツに王手をかけました。これまでに観てきた印象として、伊達にパ・リーグを制覇してはいません。民放では楽天戦は放映されないことが大半なので、選手個人の力量はスポーツニュースや紙面で推し量るしかありませんでしたが(ネットで生中継は別として)、日本シリーズにおいては、楽天の選手、個人個人の力は、セ・リーグの覇者ジャイアンツの選手層を上回ると考えていもいいかもしれません。短期決戦なので、選手の力は発揮できる選手、出来ない選手もいるわけですが・・

no image
FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!

FIFAコンフェデレーションズカップ2013、本田を超えろ!がテーマ。もちろん、最終予選が終わってすぐそこにあるコンフェデなので、超えることは難しいわけですが、少なくとも気持ちは、そこに置いて欲しいですね。日本とオーストラリアのワールドカップ最終予選、なんとか本田の奇跡の同点ゴールで引き分けに持ち込みましたが、内容的には攻撃的にも押してはいたものの、決定打が出ないで逆にオーストラリアに決められて、あわやの敗退寸前でしたね。本田が入ることで、