生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ズートピアはジュディ・ホップス 、キャラクター、物語、主題歌の三拍子揃って最高!

      2016/12/18

前評判が良かった『ズートピア』を観に行きました!

 

前評判を見るまでは『ズートピア』は、日本語タイトルからだけから判断すると

絶対に観たいとは思わない映画だと思っていました。

 

タイトルがダサイ。笑

 

ところが、それは大間違いの元だったのです。
と言うより、気付きました。

 

観に行った直接の理由は、予告編です。

 

見た瞬間、これは絶対観たいと直感的に感じた映画が最大の理由です。

 

あの躍動的なうさぎは一体?・・・

 

とても気になりました。

 

『ズートピア』は一言で言うと最高の映画一つとも言えます。

 

これまで、ディズニー映画もそうですが、『アナと雪の女王』も、キャラクターもエンドソングも良かったのですが

物語は、それはそれでいいのですが、観終わった後は何か今ひとつ物足りなさはありました。

 

映画はストーリーと監督が大切です。

 

それでも、『アナと雪の女王』はアニメ映画ではベスト5に入るのですが・・・

 

そして今度は、ディズニー映画の『ズートピア』、あのピクサー社がガッチリ制作しています。

 

個人的には、『ズートピア』は『アナと雪の女王』よりストーリー展開は面白く好きとも言えます。

 

ウサギのジュディ・ホップス のキャラクターの良さに加えて、躍動感がもろに感じられるのがいいのです。

 

本来は、ジュディ・ホップスは主人公の一人ではなかったのですね。

 

きつねのニック・ワイルドが主人公でしたが、制作の中でキャラクターの位置づけが変わっていきました。

 

ジュディ・ホップスが居るのと、いないのとでは全く別物の映画になっていたことは確かで、

 

無くてはならない存在と言い切れるくらいかなり映画の中では重要な役割を果たしています。

 

『ズートピア』を観ての感想は、タイトルのとおりですが、アニメ映画の中ではベスト5に入ります。

 

ちなみにベスト5のアニメ映画は、順不同として個人的に

 

『千と千尋の神かくし』

『アナと雪の女王』

『ポーラエクスプレス』

そして

 

『ズートピア』がランクインします。

その他の一つには、複数のアニメ映画があるのでここでは割愛しますね。

 

ちなみに、『ズートピア』の意味は、動物園のzoo と ユートピアである理想郷のtopiaの意味を持つと思われます。

 

つまり、『ズートピア』とは、なりたいものになれる動物たちが暮らす理想郷の意味があるのですね。

 

そして、『ズートピア』の主題歌である「トライ・エブリシング」

正式には「トライ・エヴリシング」(Drea-m Amiが歌う)主題歌はもう最高です。


気落ちしている時、モチベーションが下がっている時、何度も挑戦してもうまくいかない時などは

聴くと最高です!

 

iPhoneにも既にダウンロード済みです。笑

 

そして主題歌「トライ・エヴリシング」は本家の英語の主題歌は意訳されていますが

 

それは本家の英語版より、歌詞がよく出来ていて、比較してみても、内容ともとても素晴らしくなっています。

 

Drea-m Amiが歌うのは色々意見があるようですが、自身としては合っていてとてもいいと思います。

 

ちなみに、ジュディ・ホップスの声優は上戸彩さんも、ドンピシャ合っています。
「トライ・エヴリシング」は、何かに挑戦している人にとっては、モチベーションアップ!に確実につながります。

 

人気の主題歌にラックアップして出てくるでしょうし、ひょっとして年末の紅白歌合戦にも登場するように予想していますが・・・。

 

主人公の一人、ウサギのジュディ・ホップスは大都会で、なりたいものになれる、夢の都市、ズートピアに行くことになります。

 

小さな体で、これまでなかったことに挑戦して、自分の夢を実現するために奮闘する物語なのです。

 

いじめにあっても、めげずに頑張る、挑戦し続ける姿勢はアニメ映画のキャラクターを超えて

リアルの俳優とでも見れる、ジュディ・ホップスとニック・ワイルドが醸し出す、楽しい映画でもあるのですね。

 

この映画は家族と一緒でも、恋人と一緒でも、小さな子どもたちと一緒に観ても、面白く

 

人生で色々な環境の中で生活していくなかで、様々な問題や挑戦に遭遇したり経験したりする中や

意気消沈してる中でも、主題歌を聴いたり、映画のキャラクターのイキイキ感ももらい

 

物語を楽しんだり、モチベーションアップするにも『ズートピア』はアニメを超えた良い映画です。

そして、何よりジュディ・ホップス はめちゃめちゃ可愛い!

 

ズートピアの映画が何度も好きな時間に観れるのがいいですね。

 - 映画・シネマ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『オブリビオン』のトム・クルーズが生出演する「笑っていいとも!」での展開は?

トム・クルーズ主演最新作映画『オブリビオン』ですが、『トロン・レガシー』監督と『猿の惑星:創世記』プロデューサーのコラボにより、まさしく誰も想像できない未来を描いた超大作SFアクション映画。PRのため来日しているトム・クルーズがテレビ「笑っていいとも!に生出演するのです。どんな展開になるのか?

no image
アカデミー賞4部門受賞のライフ・オブ・パイとは?

アカデミー賞4部門受賞を独占した『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』とは?かなり興味深い映画になります。アカデミー賞の監督賞、編曲賞、撮影賞、視覚効果賞と堂々の4部門独占です。映像化不可能と思われた奇想天外なストーリーを3Dを駆使して創り出された作品とも言われています。ライブ・オブ・パイを観たい一番の理由は、まずジェームズ・キャメロン監督がアン・リー監督のこの作品を絶賛し、3Dの手法と3Dを使用しな手法を、うまくミックスして創りだしている一品と評価している点です。ジェームズ・キャメロン監督と言えば・・

no image
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海は奇想天外!

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』は奇想天外!の一言に尽きます。どうして、洋画はこう面白いのか?確かに、CGの効果もあることは確かですが、その前に、ストーリ展開の発想の豊かさを感じます。自然と引き込まれて・・