生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

iPhoneの表示画面が突然真っ暗!電源が入らない時の対処方法は?

      2018/01/04

iPhoneの表示画面が突然真っ暗になり、どうしても電源が入らないことが起こりましたが、そんな症状は1度や2度あるかもしれませんね。

iPhoneを長年使っていて、これまでiPhoneの電源が入らない、付かない経験はありました。

その時、初めての経験であれば、一瞬焦りますよね。大事なデーターが入っていて、写真やビデオや、その他のデーターがいったいどうなるのかって心配になるはずです。

その時は、たまたまiPhoneのバッテリーが無くなったため、電源が入らないのが理由でしたが、それだけではありません。

バッテリーがある程度あっても、iPhoneの画面が立ち上がらない、真っ暗な画面のまま、うんともすんとも言わないと最初であればかなり心配すると思います。実際そうでしたから。心配を通り越して、一体これは・・・と。

iPhoneの画面が真っ暗で立ち上がらない理由は?その時どうする?

しかしです、今回初めて、iPhoneの電源が全く入らないため、またバッテリー切れと思い、コンセントに充電器を差してバッテリーを約20分程度充電しました。

通常はこの場合、iPhoneの画面上に充電中のアイコンと何パーセント充電をしているかの表示が出るのですが、

今回に限っては全くiPhoneの充電や本体が作動している兆候は全く見られず表示画面は黒い画面のままで、電源OFFの状態です。

ひょっとして接続に問題があるのかと思い、充電器をつなぎ直して、再度充電を試みましたが、同じく改善する兆しすら見えないので、この時は「えーっ」と、相当焦りました。

一瞬思い当たる節はないように思え、iPhoneの本体を地面に落としたり、ぶつけたり、何かをした覚えも無く、さすがにこの時ばかりは、バッテリー寿命?

それともついにiPhone本体の寿命なのかと頭をよぎりました

それで、ネットで調べても、この場合は少し違う対処だったので、再度、直近のiPhoneの使った状況や原因など振り返り、そこで思いついたのが、電灯や懐中電灯代わりに寒い外でバッテリーを使用しながら、急に冷えた外気に触れていたこと。ほんの数分でした。

(これまでも冬など、気温が低い天気でも外で使用しています)が、その冷気に触れていたことが最大の理由のように感じました。

急に気温が寒い環境や外気に触れた場合で、なおかつ、同時にバッテリーをかなり消耗する動作を行った事などが考えられたのです。

そこで、とった対処法は、充電器をコンセントにつないで、15分程度余りつないでおいたままにします。

 

その後iPhoneの電源ボタンと、ディスプレー下にある丸ボタンの切り替えボタンを同時に長押しを何度か試してみる前に、まずは室内で常温に戻すことを最初にしておきます。

 

理由は、やるにはやっても動かなかったり、iPhone内のデータが無くなったり初期化されてしまえば勿論困ります。

 

写真や動画などこれまで資料として使っていたものが多く録画されたり、大事なデータとして記録されているからですね。

iPhoneの真っ暗な画面が出た症状の対処法方は下記のとおりです。

1 iPhoneをゆっくり部屋で温めます。室内を夏や秋、春に見られる外気温度をキープしておきます。状況によりますがこれが大切です。

室内で冷えた場所に置かずに、何時間か室内を暖め、その環境の中で特別何もしないで放置して置きます。

機械モノ、カメラのファンダーやレンズでも冷気から室内に持ち込んだ時、寒暖の差で露天が発生することはありますよね。それでカメラマンが機材を寒い外気から室内に持ち込んだ時は、常温でしばらく放置することがあります。それですね。

この時、冷気で湿気が入っているならば、その湿気も時間をかけてできれば取り、機械内部を露から乾燥させたい理由もあります。万一の電子系統のショートしないように大事をとって。

また、バッテリーが冷えていると思われるので、室温に戻すためにも。

2 iPhoneが、ゆっくり徐々に室内常温に戻った後に、充電器で充電を開始します。

3 数十分充電をしていく中で、iPhone表示画面下の丸ボタンを押すと、なんとiPhoneが普通に充電中のロゴが表示されました。

4 iPhoneの本体に問題がなさそうなので、他に何もしないで、そのまま充電を続けます。

 

5 充電後、iPhoneの本体は問題なく使用できました。この事から、考えられるiPhoneが突然、電源が入らなくなって、全く反応もしなくなり、電源が入らない原因として考えられるのは、冬や冷蔵庫のような環境で、急激にiPhone本体を外気にさらして、バッテリーを消耗させるような動作をしたあと、そのまましばらく放置。

 

室内に戻りiPhoneを使用しようとすると、ディスプレーが黒い表示画面のままで動かず動作しないことになったり、iPhoneの電源を付けようと試みても全く反応をしない、電源が入らない、故障したかと思われる状態になったのだと思われます。

 

冬の寒い日に、iPhoneの電源が入らない、ディスプレー画面が真っ黒いままで動作しない、うんとも、スンとも言わない状態であるなら、上記の方法をまず試してみるといいでしょうか。

以上、iPhoneのディスプレー画面が真っ黒のままで、電源も全く入らない、動作しない状態から復帰する対処方法でした。

追記として、iPhoneは外気の寒さには弱いです。バッテリーも消耗するし、急速にバッテリーは低下します。そのことを念頭において使用していくといいでしょうか。

 - iPhone, 生活スタイル, ネット , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ソフトバンク『Pepper・ペッパー』は人工知能 家庭用ロボット|感情を認識・会話も!

これまで家庭用ロボットでは、人型ロボットや本格的な人工知能的ロボットはありません …

フィットネス
夏バテ解消+お通じスッキリ+メタボ・肥満対策の答、その一つは?

まずは体調管理の一つのバロメータ、今お通じ快調ですか?と、初っ端からですが、体調 …

no image
山中伸弥氏のiPS細胞と小保方晴子氏のSTAP細胞のコラボに期待!

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の山中伸弥氏が、STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)は万能細胞になるメカニズムはiPS細胞と同じ可能性があるため、ノウハウを提供し、協力したいと毎日新聞の取材で話しているようです。小保方晴子氏のSTAP細胞とコラボが実現すれば、人の再生医療の研究に一層の弾みがつくと思われます。それは更に研究の域を超えて、医療の現場で実践されることに拍車がかかると言えそうです。

no image
ドラゴンクエストXの人気ゲームがスマホでも楽しめる!

スクウェア・エニックスとNTTドコモとが提供する「dゲームTM」に、人気オンラインゲーム「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族オンライン」(ドラゴンクエストX)を、クラウドゲームとして2013年12月〜2014年2月に配信するようです。これまで家庭用ゲーム機やパソコン向けのサービスで楽しめました「ドラゴンクエストX」が今度はクラウドゲームの環境を用意し・・

no image
iPhoneの究極は

音声認識携帯、これはあくまでも究極の勝手な想像と提案です。コチョコチョ、携帯電話から片手で文字を打って入力するのではなく、音声が判断して入力していく。もし、携帯製品を手がけるなら入力は音声認識により、メール文章が入力されていき、メール文章が完成されて、送信できる、そんな携帯があってもいいのではないでしょうか。

食中毒予防の3原則や食中毒を予防する方法は?

食中毒は1年中どこにでも発生する可能性がありますが、その食中毒の原因となる細菌や …

苦境から脱出する方法
行き詰った時に、苦しい現状から脱出する唯一の方法や手段は?

何かに行き詰まることは、仕事・職場や生活、   家庭・家族、対人、お金 …

no image
「夫婦生活で嫌なこと、夫婦生活が円満になる秘訣」ベスト5とは?

「夫婦生活で嫌なこと、夫婦生活が円満になる秘訣」ベスト5とは?「夫婦生活で嫌なこと」ベスト5が、起点なのですが、裏返せば、その逆パターンが、夫婦円満のコツなのですね。「夫婦生活で嫌なこと」や「これは絶対イヤ!」なことは
何かで、R25が、20〜49歳の既婚の男女208名にアンケートしたようです。その結果、ご覧のとおり第1位、「会話がない」これが50%以上、占めています。そりゃそうですね。もし、夫婦間の会話が無いとどんなことになるか・・

no image
Google MapsとAppleのマップ、実用的な地図ナビは?

iPhoneのGoogle Mapsと、Appleのマップのどちらがナビとして使いやすい地図ナビか?結論で言うと、Google Mapsの方が使いやすいナビです。ただし、その前にAppleのマップで走行中に表示されるデザインは圧倒的にアップルのナビの方が、かっこいいし、見栄えのする地図です。3Dは今ひとつの感。Google Mapsの使い勝手がいいのは・・

no image
GoogleとAppleがタイアップ、病気と老化に取り組む会社Calico社とは?

oogleとAppleがタイアップして病気と老化に取り組む会社、ヘルスケアのCalico設立は壮大なプラン。取り組む最先端企業同士もそうなら、目標の大きな実現可能と考えられてGoogleとAppleがタイアップして設立するのですね。ライバル同士、しかし先端を担っている企業がこのようにタッグを組んで、一見実現不可能なテーマを可能にしていこうとする姿勢と思いは目を見張るくらい素晴らしいものです。