生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

iPhoneの表示画面が突然真っ暗!電源が入らない時の対処方法は?

      2018/01/04

iPhoneの表示画面が突然真っ暗になり、どうしても電源が入らないことが起こりましたが、そんな症状は1度や2度あるかもしれませんね。

iPhoneを長年使っていて、これまでiPhoneの電源が入らない、付かない経験はありました。

その時、初めての経験であれば、一瞬焦りますよね。大事なデーターが入っていて、写真やビデオや、その他のデーターがいったいどうなるのかって心配になるはずです。

その時は、たまたまiPhoneのバッテリーが無くなったため、電源が入らないのが理由でしたが、それだけではありません。

バッテリーがある程度あっても、iPhoneの画面が立ち上がらない、真っ暗な画面のまま、うんともすんとも言わないと最初であればかなり心配すると思います。実際そうでしたから。心配を通り越して、一体これは・・・と。

iPhoneの画面が真っ暗で立ち上がらない理由は?その時どうする?

しかしです、今回初めて、iPhoneの電源が全く入らないため、またバッテリー切れと思い、コンセントに充電器を差してバッテリーを約20分程度充電しました。

通常はこの場合、iPhoneの画面上に充電中のアイコンと何パーセント充電をしているかの表示が出るのですが、

今回に限っては全くiPhoneの充電や本体が作動している兆候は全く見られず表示画面は黒い画面のままで、電源OFFの状態です。

ひょっとして接続に問題があるのかと思い、充電器をつなぎ直して、再度充電を試みましたが、同じく改善する兆しすら見えないので、この時は「えーっ」と、相当焦りました。

一瞬思い当たる節はないように思え、iPhoneの本体を地面に落としたり、ぶつけたり、何かをした覚えも無く、さすがにこの時ばかりは、バッテリー寿命?

それともついにiPhone本体の寿命なのかと頭をよぎりました

それで、ネットで調べても、この場合は少し違う対処だったので、再度、直近のiPhoneの使った状況や原因など振り返り、そこで思いついたのが、電灯や懐中電灯代わりに寒い外でバッテリーを使用しながら、急に冷えた外気に触れていたこと。ほんの数分でした。

(これまでも冬など、気温が低い天気でも外で使用しています)が、その冷気に触れていたことが最大の理由のように感じました。

急に気温が寒い環境や外気に触れた場合で、なおかつ、同時にバッテリーをかなり消耗する動作を行った事などが考えられたのです。

そこで、とった対処法は、充電器をコンセントにつないで、15分程度余りつないでおいたままにします。

 

その後iPhoneの電源ボタンと、ディスプレー下にある丸ボタンの切り替えボタンを同時に長押しを何度か試してみる前に、まずは室内で常温に戻すことを最初にしておきます。

 

理由は、やるにはやっても動かなかったり、iPhone内のデータが無くなったり初期化されてしまえば勿論困ります。

 

写真や動画などこれまで資料として使っていたものが多く録画されたり、大事なデータとして記録されているからですね。

iPhoneの真っ暗な画面が出た症状の対処法方は下記のとおりです。

1 iPhoneをゆっくり部屋で温めます。室内を夏や秋、春に見られる外気温度をキープしておきます。状況によりますがこれが大切です。

室内で冷えた場所に置かずに、何時間か室内を暖め、その環境の中で特別何もしないで放置して置きます。

機械モノ、カメラのファンダーやレンズでも冷気から室内に持ち込んだ時、寒暖の差で露天が発生することはありますよね。それでカメラマンが機材を寒い外気から室内に持ち込んだ時は、常温でしばらく放置することがあります。それですね。

この時、冷気で湿気が入っているならば、その湿気も時間をかけてできれば取り、機械内部を露から乾燥させたい理由もあります。万一の電子系統のショートしないように大事をとって。

また、バッテリーが冷えていると思われるので、室温に戻すためにも。

2 iPhoneが、ゆっくり徐々に室内常温に戻った後に、充電器で充電を開始します。

3 数十分充電をしていく中で、iPhone表示画面下の丸ボタンを押すと、なんとiPhoneが普通に充電中のロゴが表示されました。

4 iPhoneの本体に問題がなさそうなので、他に何もしないで、そのまま充電を続けます。

 

5 充電後、iPhoneの本体は問題なく使用できました。この事から、考えられるiPhoneが突然、電源が入らなくなって、全く反応もしなくなり、電源が入らない原因として考えられるのは、冬や冷蔵庫のような環境で、急激にiPhone本体を外気にさらして、バッテリーを消耗させるような動作をしたあと、そのまましばらく放置。

 

室内に戻りiPhoneを使用しようとすると、ディスプレーが黒い表示画面のままで動かず動作しないことになったり、iPhoneの電源を付けようと試みても全く反応をしない、電源が入らない、故障したかと思われる状態になったのだと思われます。

 

冬の寒い日に、iPhoneの電源が入らない、ディスプレー画面が真っ黒いままで動作しない、うんとも、スンとも言わない状態であるなら、上記の方法をまず試してみるといいでしょうか。

以上、iPhoneのディスプレー画面が真っ黒のままで、電源も全く入らない、動作しない状態から復帰する対処方法でした。

追記として、iPhoneは外気の寒さには弱いです。バッテリーも消耗するし、急速にバッテリーは低下します。そのことを念頭において使用していくといいでしょうか。

 - iPhone, 生活スタイル, ネット , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
引越しに見積もりと比較は必須?

引越しに見積もりと比較は必須ですね。引越しのサービスも大切ですが、引越しの関心事は最初に引越し料金、見積もり、サービスでは各社違いがでます。では引越しは比較して・・

マクドナルドの信頼回復
マクドナルドが一度失った信頼を回復するため、客足を戻す唯一の方法とは?

2014年7月に発覚したマクドナルドの 中国の食品加工会社 「期限切れ鶏肉使用問 …

no image
パソコンデータ破損は失恋よりも痛手

パソコンデータ損失は、失恋するよりも大きなストレスになる――シマンテックが発表した「PC利用時のストレス調査」の結果でこのようなことが分かった。(出所:IT mediaより)

no image
高速道路で突然事故や緊急停車、危険と事故回避する唯一の方法

高速道路で車がエンストしたり、事故やエンジントラブルでクルマが突然急に止まる場合、車が後続車に追突されたり、ぶつかる危険性が非常に高まり、その際に多くの更なる事故に発展して、後続車からはねられたり、追突されたりしてさらに大惨事になるケースが増えています。その危険性を回避する唯一の方法は、車内に、三角停止表示板や

no image
田中将大(楽天)V.S.大谷翔平(日本ハム)の歴史に残る一番勝負

田中将大(楽天)V.S.大谷翔平(日本ハム)の歴史に残る2013年9月6日の一番勝負は、今季開幕負けなし19連勝と日本記録の23連勝と勢いがある楽天の田中将大が日本ハム戦の二刀流・大谷翔平との勝負に勝てば1957年に故・稲尾和久氏が樹立した同一シーズンの最多連勝記録「20」に並ぶプロ野球史にとっても歴史を刻む大きな試合になります。

no image
Google MapsとAppleのマップ、実用的な地図ナビは?

iPhoneのGoogle Mapsと、Appleのマップのどちらがナビとして使いやすい地図ナビか?結論で言うと、Google Mapsの方が使いやすいナビです。ただし、その前にAppleのマップで走行中に表示されるデザインは圧倒的にアップルのナビの方が、かっこいいし、見栄えのする地図です。3Dは今ひとつの感。Google Mapsの使い勝手がいいのは・・

ソフトバンク『Pepper・ペッパー』は人工知能 家庭用ロボット|感情を認識・会話も!

これまで家庭用ロボットでは、人型ロボットや本格的な人工知能的ロボットはありません …

no image
うつ病の発生メカニズム解明で、自分で出来る範囲の対策は?

名古屋市にある名城大学の鍋島俊隆特任教授と名古屋大学などからなる研究グループが、うつ病の発生メカニズムを解明したと、NHKが伝えています。うつ病などを発症しやすくしたマウスを、集団と一匹ずつ隔離した場合に分けて、ヒトの思春期に当たる時期から3週間にわたって飼育した結果、ドーパミンの減少やうつ病に結びつく結果が出たのです。ドーパミンとは、成績や仕事で結果が出たり、美味いものを食べたり、収入など嬉しい報酬を得た際に分泌される脳内物質で、人の生存本能と深い関係があると考えられています。

no image
ポテトチップスと運動、バランスのとれた食事

食べ物や食事を考慮して、ちょっとした気遣いをすると、自らの命や健康を助けることにもなるようです。例えば、ポテトチップスジャガイモを揚げる前に水に浸すことにより、発がん物質として疑われているアクリルアミドの形成を抑えられることが、英国の研究で明らかになりました。

食中毒予防の3原則や食中毒を予防する方法は?

食中毒は1年中どこにでも発生する可能性がありますが、その食中毒の原因となる細菌や …