生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

パソコン大手デル(Dell)は、かつてのように復活できるのか?

      2018/08/19

米パソコン大手デル(Dell)が、創業者であるマイケル・デル最高経営責任者らの、

マネジメントバイアウト(MBO)の成立を受けて、株式市場上場を廃止となるようです。

CEOのマイケル・デル氏は、「デルは非公開企業として新たな道を歩み始める」と述べているようですが、新たなる道を作るためにも絶対その方がいいでしょうか。

株主の利益追求や株主の顔色を伺って経営していては、うまくいくものもいかなくなる可能性が高いと思われます。

それよりも、創業した当初の起業家精神を発揮して、デルが生まれ変わるくらいの気持ちで再浮上を目指すことが望ましいと思います。

これをやりたい、あれをやりたいや、企業の構造改革をするデル氏の思いが必ずあると想像しますし、

1984年に設立されたデルは一時は世界最大のパソコンメーカーの風雲児として、

また飛ぶ鳥を落とす勢いでPC業界に君臨してきました。

多くの著名な雑誌の顔としても掲載され、Appleのスティーブ・ジョブズ氏と同様に多くの実績を残してきて、

常に、Dellのマイケル・デル氏やAppleのスティーブ・ジョブズ氏の記事が常に誌面を飾っていました。

ネットでの直販は有名で、途中の流通をカットして、直接ユーザーに安い価格でパソコンを届けて、利用できることはこれまでに無く画期的でした。

PCを自分が必要な分だけカスタマイズができて、好みの仕様でPCを購入できることがすごく便利。

だって要らないものは要らないし、CPUである心臓部や、グラフィックの強化、必要なだけのメモリーを増やしたり、希望仕様で注文できることは画期的です。

しかしですよ、自分自身も現在もデルのパソコンを利用してますが、ここ最近、そのPCの製品の品質やパワーの衰えは感じていました。

より高い品質の製品を提供することは基本ですね。

デルのカスタマーサポートについては今でも優れていると感じいますし、他ではなかなか真似のできないサービスで、無くしてもらいたくないところです。

ただ、それが製品にも出来るかと言われれば、それが出来なくなってくると、

今後は、株主よりユーザーを見て製品づくりに、もう一度一から見直しをしていけばいいのではないでしょうか。

あの、9.11の破壊された超高層ビル倒壊で、多くの被害を受けた通信・パソコンの中、デルは無償で多くのパソコンを企業に提供し、それにより多くの企業が救われましたね。

そうした、他の企業にない精神はデルに今も息づいていると思います。

PCを取り巻く環境の新しい変化が生まれ、嗜好がタブレット端末やスマートフォンに推移し、

パソコンメーカー各社は変化に対応することが強いられ、マイケル・デル氏も時代の流れに先駆けて経営再建を急ぎたいところでしょう。

もう一度、Appleに負けない起業家精神を発揮して、すぐれたPCや、驚くほど便利なタブレットを誰よりも安く、良いサービスを提供し続けていほしいものです。

今後のデルの製品・サービスにも注目ですね。

 - 企業 ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
iPhone5cの廉価版の販売が予想下回った訳は?

iPhone5cの廉価版が予想を下回った販売の訳はとてもシンプル。そもそものiPhone5cのコンセプトである多色タイプのiPhoneは、iMacの成功に起因しているのですね。カラフルで半透明な筐体は斬新でした。しかーし、です。iPhone5cが5色の色で登場するのではと噂がたっていましたが、その時点で、えっーと、思ったものでした。あの再来をイメージするものを、また同じように投入するのだなと。iMacを知っているファンは、一瞬で分かったと思います。

no image
Google Glass(グーグル・グラス)の凄さとは?驚くほどシンプル?

瞬時に必要な情報を知らせてくれる近未来的なウエアラブルコンピュータ端末、かけて、目で見える情報収集・情報通知メガネ、Google Glass(グーグル・グラス)は驚くほどシンプルとしていますが、すごい情報端末を開発したものです。じゃー、どれくらいシンプルなのかですね。情報端末メガネは、かけながらハンズフリーで、情報を収集して瞬時に必要な情報を知らせてくれる近未来的なウエアラブルコンピュータ端末でもあります。例えば、子どもと遊んでいる瞬間、目の前の子供の表情を撮りたいとき、撮影と言うと、その素敵な目の前にある瞬間の写真がハンズフリーで撮れてしまう。また、例えば・・

no image
Googleの英断

Googleの中国国内における、言論の自由については、注目していましたが、本土撤退のGoogleの英断は、本来持っているGoogleの良さが損なわれておらず、GoogleのDNAは息づいている、自由闊達な企業風土、コミュニケーションが生きていた。

no image
金融危機とG・M(ゼネラル・モーターズ)

金融危機により、G・M(ゼネラル・モーターズ)含む、アメリカの三大自動車メーカーの資金の流れが急変しています。株価の暴落、恐らく1929年の世界恐慌同等か、下手すればそれ以上の恐慌にもなりかねません。

no image
エンジン・ガソリン時代の終焉?電気自動車(EV)、PHV時代の到来か!

数年前に、このブログでもガソリン車に代わって電気自動車の時代になると何度か、その …

no image
アップルは以前のMac時代に回帰していくのだろうか?

新型タブレット型端末iPad AirとiPad Minの新製品を初め、MacBook、Mac Proも欲しくなる一品で、世界でも、ある一定の販売力がある製品群であると想像できます。さらにですよ、Mac OS X最新バージョン「Marverick」は無料であるのにびっくりですが、ジョブズお得意の『One more thing』は?

no image
新製品はハイテクぞろい

ハイテク製品といっても様々、最近では、デジタルカメラで撮影するにも、被写体(撮影対象者)を登録しておけば、その被写体を追っかけて焦点を合わせるデジカメまで出てきました。

no image
PC最大手ヒューレット・パッカード VS エーサー(EeePC)

エーサー(台湾パソコンメーカー)、が発売したノートPCのEeePCは、5万円を切る価格、液晶画面は7インチでもネットワーク機能は搭載しているみたい。3日間で1万台を完売して、更に生産が追いつかない状態が続いて夏近くまで、品薄状態が続く見込みとのことです。一方、パソコン最大手ヒューレット・パッカードは、

no image
iPhoneのCMとギャラクー・ギアCMの独創性と価値とは?

企業の文化やスタイルはCMにも現れ、製品同様にいかに新製品を伝えるか、どう表現してアピールしていくかは、その企業が持つ独創性、そのものですね。製品にオリジナル、これまでにない、独創的な製品を創り出したり(作るのではなく)、過去に見たこともない、あっと驚くほど優れている製品を創る企業が存在する中で

no image
本物志向と未来の先取り

新製品、新サービスからテクノロジーも含めて本物志向とは何か?、が問われています。車から携帯、スマートフォンを初め、幅広い業界・業種、ジャンルにおいて、『本物志向』とは、の問いに対して明白な答えの一つに