生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

2014年の世界で最も価値あるブランド企業は?

      2014/06/19

2014年 世界で最も価値あるブランドの会社と言えば、どこを思い浮かびますか?

世界の企業ブランドをランキングしている会社 ブランドZは、2014年 世界で最も価値あるブランドを公表しました。
2014年 ランキングの変化に伴い、企業ブランドのあり方にも変化が。

これまで、3年連続No.1ブランドだったアップルが世界第2位にランクダウンして、グーグルが2013年の第2位から、2014年の世界で最も価値あるブランド第1位にランクアップされました。

2014 BrandZ Top 100 公式サイト

第1位 Google 1588億4300万ドル(約16兆1700億円)
第2位 Apple 1478億8000万ドル(約15兆500億円)
第3位 IBM 1075億4100万ドル(約10兆9500億円)
第4位 Microsoft 901億8500万ドル(約9兆1800億円)

第5位 McDonalds 857億600万ドル(約8兆7300億円)
第6位 Coca-Cola 806億8300万ドル(約8兆2100億円)
第7位 Visa 791億9700万ドル(約8兆600億円)
第8位 AT&T 778億8300万ドル(約7兆9300億円)
第9位 Marlboro 673億4100万ドル(約6兆8600億円)
第10位 Amazon 642億5500万ドル(約6兆5400億円)

2014年 世界で最も価値あるブランドBest 100 (PDFファイル)

GoogleとAppleのNo.1とNo.2のランキングの差はどこに?

これまでは3年間アップルが世界ナンバーワンの価値あるブランドでしたが、2014年では昨年に比べてブランド力を10パーセント価値を下げて、Googleは反対に40パーセントのブランド価値を上げてきました。

それは、アップルがこれまでのように消費者が欲しがるような新しく革新的な新製品を発表していないことの影響もあって、昨年一年間で目新しく成長してきたという認識が消費者に感じないことも影響しています。

一方、GoogleはGoogle Glassや自動運転などの人工知能、そして、車に搭載されるAndroidのOSを提供していることなど、革新的な創造性を発揮して消費者の生活空間に提言しているなどが評価されている理由の一つになっています。

このあたりは、毎年の企業の戦略など短期的な計画から中長期的な戦略や戦術など、大きなグランドプランにもよって変化するところかもしれません。

消費者の受けるイメージと企業の持つグランドプランによっても大きく毎年変化していくと思われます。

ベスト10から先を見ると、ベスト100の中には中国の企業も約10%余り入ってきているので成長している現在の国柄と企業力が見えてきます。

日本もこれまでの現有の企業も大切にしていくと同時に、更に新しく興す新興企業にも大きなチャンスを得れる環境が必要になってきています。

これは、今ある企業だけでなく、これからやって行こうとする企業に対しても、現状維持では将来の産業の成長はないため、税制面も含めた、もっと活力ある日本を創っていくためにも、環境面からバックアップしていく体勢も必要になってきています。

この世界のブランド力は力強く、ブランド力には消費者とのコミュニケーションや提言など、これまでアップルが得意としてきた共有・提案分野にも深くかかわり、ブランド力が経営面にも大きなプラスとなってきているのです。

損益を超越した消費者の思いを実現していく見えない力。

NIKE+これは、損益だけを主とした考え方ではなく、損益面を超えた考え方によって得られるブランド力があります。

それはとりもなおさず、結果として収益面に寄与していくのです。ナイキプラスなどが一つのいい事例ですね。

体を動かすことはいいことは分かっているものの、それを指標化していくことで目で見えて体感できる楽しさ、体を動かすことで、やっていることが数値でも見えて楽しめるライフスタイルを体感できるのです。

これまでの何となく分からなかったことが、企業の提案で身につけて体を動かす楽しみが実感できるライフスタイルが身近にあること、それがNIKE+のいいところですね。

 - 企業 , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
マッキンゼー出身者が活躍や成功する理由は?

マッキンゼー出身者が成功するのはなぜ?と、話題になっています。多くのマッキンゼー出身の優れた卒業生が、様々な分野の産業界で活躍している中、経済評論家の勝間和代さんやオイシックス(Oisix)創業者の高島宏平さんもまた、食材宅配のネット販売で同じように活躍しています。これらのマッキンゼー出身者の活躍が実力を十二分に発揮してその業界のリーダー的存在としても成功しています。では、なぜ、マッキンゼーから優秀な人材続々と出てくるのでしょうか?その理由が面白いです。

no image
新製品はハイテクぞろい

ハイテク製品といっても様々、最近では、デジタルカメラで撮影するにも、被写体(撮影対象者)を登録しておけば、その被写体を追っかけて焦点を合わせるデジカメまで出てきました。

no image
iPhoneのCMとギャラクー・ギアCMの独創性と価値とは?

企業の文化やスタイルはCMにも現れ、製品同様にいかに新製品を伝えるか、どう表現してアピールしていくかは、その企業が持つ独創性、そのものですね。製品にオリジナル、これまでにない、独創的な製品を創り出したり(作るのではなく)、過去に見たこともない、あっと驚くほど優れている製品を創る企業が存在する中で

アップル iphone6
iPhone6 デザインは、外観がオールグラス製で先進性・機能も重視?

アップル iPhoneのデザイン性は、 もともと外観性にも優れ、   …

no image
アップルは以前のMac時代に回帰していくのだろうか?

新型タブレット型端末iPad AirとiPad Minの新製品を初め、MacBook、Mac Proも欲しくなる一品で、世界でも、ある一定の販売力がある製品群であると想像できます。さらにですよ、Mac OS X最新バージョン「Marverick」は無料であるのにびっくりですが、ジョブズお得意の『One more thing』は?

no image
アップルがNo.1(ナンバーワン)

アップル(Apple)がついに、米国で賞賛される企業のベスト20社をアメリカ経済誌のフォーチュン誌が発表した、2007年に17位だった、アメリカ電子機器大手のアップル(Apple)がナンバーワンとなったと、ニューヨーク共同が伝えています。

no image
ゼネラル・モーターズ(GM)とアップルコンピュータ(Apple)

ゼネラル・モーターズ(GM)とアップルコンピュータ(Apple)は共に、アメリカを代表する超優良企業ですが、金融危機に直面して、温度格差が出始めました。

no image
CIが企業・製品イメージを変える?

松下電器産業が、社名をパナソニックに変えると発表しています。CI導入により、統一性を出すということですね。
つまり時代の流れの中で、企業の持つ役割が変化したことを意味します。ナショナル、松下電器、パナソニックと、現在バラバラになった状態のロゴになっているので社名と製品イメージを統一することによって、製品のブランドの持つ力を効果的に引き出すのと併せ、引いては社名のブランド化も図ることも主眼としていると思います。

no image
パソコン大手デル(Dell)は、かつてのように復活できるのか?

マネジメントバイアウト(MBO)の成立を受けて、株式市場上場を廃止となるようです。CEOのマイケル・デル氏は、「デルは非公開企業として新たな道を歩み始める」と述べているようですが、新たなる道を作るためにも絶対その方がいいですね。株主の利益追求や株主の顔色を伺って経営していては、うまくいくものもいかなくなる可能性が高いと思われます。それよりも、創業した当初の起業家精神を発揮して、デルが生まれ変わるくらいの気持ちで再浮上を目指すことが望ましいですね。

no image
PC最大手ヒューレット・パッカード VS エーサー(EeePC)

エーサー(台湾パソコンメーカー)、が発売したノートPCのEeePCは、5万円を切る価格、液晶画面は7インチでもネットワーク機能は搭載しているみたい。3日間で1万台を完売して、更に生産が追いつかない状態が続いて夏近くまで、品薄状態が続く見込みとのことです。一方、パソコン最大手ヒューレット・パッカードは、