生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

Googleの英断

      2014/05/17

Googleの英断は、苦渋の中の選択肢のひとつであったと思います。
郷に入って郷に従え」は古くからの格言の一つですが、それはそのとおりでしょうか。

その違いは、オープンスタイルの自由社会に育った企業との違いにもあると思います。
そして、企業理念。結婚でいけば、考え方の違い、そのものでしょうか。

相容れないカップルであれば、それはいっしょにやっていけないように。

企業として存続していくため、中国におけるマーケットの広さを考えると、その選択肢は容易な方向に行くのが一般企業の大半ではないかと思いますが、Googleが違うのは、Googleらしさが失われていなかったこと。

本来持っていた、そして、現在も受け継がれているGoogleのDNAが創業当時からも、今も変わらない自由闊達さ。

Googleとして、そしてトップしての決断が、売上重視の姿勢に行くことなく、迎合しない英断は、今も息づいている証でもあるかもしれません。

Googleの中国本土における検索サービスからの撤退を英断したのは、中国マーケットを重要視している一方でGoogleの根幹とも言える、

『言論の自由』そのものが意味を持たなくなることに対しての英断だったのでしょう。

それが、自分だけ、個人だけ、企業だけ良ければいいとする傾向が強い中、これだけは譲れない企業ポリシーでもあったのです。

 - 企業 , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
マッキンゼー出身者が活躍や成功する理由は?

マッキンゼー出身者が成功するのはなぜ?と、話題になっています。多くのマッキンゼー出身の優れた卒業生が、様々な分野の産業界で活躍している中、経済評論家の勝間和代さんやオイシックス(Oisix)創業者の高島宏平さんもまた、食材宅配のネット販売で同じように活躍しています。これらのマッキンゼー出身者の活躍が実力を十二分に発揮してその業界のリーダー的存在としても成功しています。では、なぜ、マッキンゼーから優秀な人材続々と出てくるのでしょうか?その理由が面白いです。

no image
金融危機とG・M(ゼネラル・モーターズ)

金融危機により、G・M(ゼネラル・モーターズ)含む、アメリカの三大自動車メーカーの資金の流れが急変しています。株価の暴落、恐らく1929年の世界恐慌同等か、下手すればそれ以上の恐慌にもなりかねません。

伝えることから始めよう!販売とは『伝たわる力』?

『伝えることから始めよう』とは、著者であるテレビ通販大手のジャパネットたかたの前 …

no image
iPhone5cの廉価版の販売が予想下回った訳は?

iPhone5cの廉価版が予想を下回った販売の訳はとてもシンプル。そもそものiPhone5cのコンセプトである多色タイプのiPhoneは、iMacの成功に起因しているのですね。カラフルで半透明な筐体は斬新でした。しかーし、です。iPhone5cが5色の色で登場するのではと噂がたっていましたが、その時点で、えっーと、思ったものでした。あの再来をイメージするものを、また同じように投入するのだなと。iMacを知っているファンは、一瞬で分かったと思います。

アップル iphone6
iPhone6 デザインは、外観がオールグラス製で先進性・機能も重視?

アップル iPhoneのデザイン性は、 もともと外観性にも優れ、   …

no image
iPhoneのCMとギャラクー・ギアCMの独創性と価値とは?

企業の文化やスタイルはCMにも現れ、製品同様にいかに新製品を伝えるか、どう表現してアピールしていくかは、その企業が持つ独創性、そのものですね。製品にオリジナル、これまでにない、独創的な製品を創り出したり(作るのではなく)、過去に見たこともない、あっと驚くほど優れている製品を創る企業が存在する中で

no image
アップルは以前のMac時代に回帰していくのだろうか?

新型タブレット型端末iPad AirとiPad Minの新製品を初め、MacBook、Mac Proも欲しくなる一品で、世界でも、ある一定の販売力がある製品群であると想像できます。さらにですよ、Mac OS X最新バージョン「Marverick」は無料であるのにびっくりですが、ジョブズお得意の『One more thing』は?

no image
ゼネラル・モーターズ(GM)とアップルコンピュータ(Apple)

ゼネラル・モーターズ(GM)とアップルコンピュータ(Apple)は共に、アメリカを代表する超優良企業ですが、金融危機に直面して、温度格差が出始めました。

no image
パソコン大手デル(Dell)は、かつてのように復活できるのか?

マネジメントバイアウト(MBO)の成立を受けて、株式市場上場を廃止となるようです。CEOのマイケル・デル氏は、「デルは非公開企業として新たな道を歩み始める」と述べているようですが、新たなる道を作るためにも絶対その方がいいですね。株主の利益追求や株主の顔色を伺って経営していては、うまくいくものもいかなくなる可能性が高いと思われます。それよりも、創業した当初の起業家精神を発揮して、デルが生まれ変わるくらいの気持ちで再浮上を目指すことが望ましいですね。

Gopro
GoProは最高に楽しそう! 撮った映像をYoutubeで世界で共有できる!

世界でも最も多目的に撮れるカメラのGoProは、アクション中の動画や水中での映像 …