生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

本物志向と未来の先取り

      2014/05/17

新製品、新サービスからテクノロジーも含めて本物志向とは何か?、が問われています。

車から携帯、スマートフォンを初め、幅広い業界・業種、ジャンルにおいて、『本物志向』とは、の問いに対して明白な答えの一つに、『お客様目線指向』があります。

例えば、自動車は、「走る」、「曲がる」、「止まる」一つでも、欠けると用を成し得ません、安全性が大前提になりますが、お客様目線に立ってサービスを考えると、危険と思われることに対して徹底的にかつ完全に危険を回避する安全走行。

安全性は勿論、例えば、「空間の快適性と利便性、乗り心地、節約・経済性、ステータス性」等々。

動力の駆動もエコになり、省エネ化が一層進みこれまでの既存の駆動一辺倒から、変化の兆しが進んでいます。

恐らく、今後は経済性の加速度が付いていくと思われますが、ハイブリッドが進み、蓄電池など集エネルギー化に加速されて電気自動車に注目がいくのは、ごく自然の成り行きになるでしょうか。

つまり、お客様目線での経済性、普及性が問われてくる時代に入ることです。

『あれば便利』、『あったら便利』といったことで高いガソリンで走行するスタイルから変化が進み、これから先に見えることは、これまでにないスタイルが生まれてくることになります。

例えば、携帯のスタイルでもそうですね。iPhoneが携帯のそのものに変化をもたらし、既存の携帯を進化させ、スマートフォンのスタイルに携帯が同時に併用して変化を遂げています。

携帯のガラス面を指でなぞると、表示画面がスムーズに変化する。
「こうあったらいいのに」「こんなのあったら欲しい」を、これまで想像できなかったことへと体現しています。

更に、現在の技術を、さらに飽くことなく発展性につなげて、止まることなく進化をし続けています。

車で言うと、ハイブリッド駆動から次世代への駆動で走る世界です。

例えば、Googleは検索、世界地図、スマートフォンやPCなどのネットワークを利用することで、人にとって便利で役立つ社会を目指す未来志向。Googleも、既存の世界から一歩抜きん出るため、自然と進化をしようとしています。

発展には、『お客様目線指向』の先取りがあれば次のステージに躍進できるキー、比較優位を持てることになります。

ある状態では、絶対優位とも言えるかもしれません。

技術は後で考えみることも時にはアリではないでしょうか。

単に製品だけではなくカスタマーサービスやサポートも優秀であれば、これこそ最高ですね。
目線を、現在の環境から抜け出し、生活の鏡から一歩外に出て、自らを映し出す。感動を与えるサービスや製品であるかを自ら問うことから始めて、見直してみる。

それが、全てのジャンルのプレーヤーに求められることではないでしょうか。

 - 企業 , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
新製品はハイテクぞろい

ハイテク製品といっても様々、最近では、デジタルカメラで撮影するにも、被写体(撮影対象者)を登録しておけば、その被写体を追っかけて焦点を合わせるデジカメまで出てきました。

no image
ゼネラル・モーターズ(GM)とアップルコンピュータ(Apple)

ゼネラル・モーターズ(GM)とアップルコンピュータ(Apple)は共に、アメリカを代表する超優良企業ですが、金融危機に直面して、温度格差が出始めました。

no image
アップルは以前のMac時代に回帰していくのだろうか?

新型タブレット型端末iPad AirとiPad Minの新製品を初め、MacBook、Mac Proも欲しくなる一品で、世界でも、ある一定の販売力がある製品群であると想像できます。さらにですよ、Mac OS X最新バージョン「Marverick」は無料であるのにびっくりですが、ジョブズお得意の『One more thing』は?

伝えることから始めよう!販売とは『伝たわる力』?

『伝えることから始めよう』とは、著者であるテレビ通販大手のジャパネットたかたの前 …

no image
アップルがNo.1(ナンバーワン)

アップル(Apple)がついに、米国で賞賛される企業のベスト20社をアメリカ経済誌のフォーチュン誌が発表した、2007年に17位だった、アメリカ電子機器大手のアップル(Apple)がナンバーワンとなったと、ニューヨーク共同が伝えています。

2014年の世界で最も価値あるブランド
2014年の世界で最も価値あるブランド企業は?

2014年 世界で最も価値あるブランドの会社と言えば、どこを思い浮かびますか? …

no image
金融危機とG・M(ゼネラル・モーターズ)

金融危機により、G・M(ゼネラル・モーターズ)含む、アメリカの三大自動車メーカーの資金の流れが急変しています。株価の暴落、恐らく1929年の世界恐慌同等か、下手すればそれ以上の恐慌にもなりかねません。

no image
CIが企業・製品イメージを変える?

松下電器産業が、社名をパナソニックに変えると発表しています。CI導入により、統一性を出すということですね。
つまり時代の流れの中で、企業の持つ役割が変化したことを意味します。ナショナル、松下電器、パナソニックと、現在バラバラになった状態のロゴになっているので社名と製品イメージを統一することによって、製品のブランドの持つ力を効果的に引き出すのと併せ、引いては社名のブランド化も図ることも主眼としていると思います。

no image
マッキンゼー出身者が活躍や成功する理由は?

マッキンゼー出身者が成功するのはなぜ?と、話題になっています。多くのマッキンゼー出身の優れた卒業生が、様々な分野の産業界で活躍している中、経済評論家の勝間和代さんやオイシックス(Oisix)創業者の高島宏平さんもまた、食材宅配のネット販売で同じように活躍しています。これらのマッキンゼー出身者の活躍が実力を十二分に発揮してその業界のリーダー的存在としても成功しています。では、なぜ、マッキンゼーから優秀な人材続々と出てくるのでしょうか?その理由が面白いです。

no image
PC最大手ヒューレット・パッカード VS エーサー(EeePC)

エーサー(台湾パソコンメーカー)、が発売したノートPCのEeePCは、5万円を切る価格、液晶画面は7インチでもネットワーク機能は搭載しているみたい。3日間で1万台を完売して、更に生産が追いつかない状態が続いて夏近くまで、品薄状態が続く見込みとのことです。一方、パソコン最大手ヒューレット・パッカードは、