生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

CIが企業・製品イメージを変える?

      2014/05/18

松下電器産業が、社名をパナソニックに変えました。CI導入により、統一性を出すということです。

つまり時代の流れの中で、企業の持つ役割が変化したことを意味します。

ナショナル、松下電器、パナソニックと、現在バラバラになった状態のロゴになっているので社名と製品イメージを統一することによって、製品のブランドの持つ力を効果的に引き出すのと併せ、ひいては社名のブランド化も図ることも主眼としていると思います。

お客様にも製品・社名とよりわかりやすく認知してもらうのがねらいのようです。
確かに、冷蔵庫や洗濯機、電池、電化製品、ハイテク製品などは製品名・社名がバラバラで、社名、工場や製品に付けているロゴなどが分散されています。

時代が、電器だけでなく、LSIなど幅広いハイテク分野を扱う製品に拡がっているため取り扱い製品に相応しい、社名が必要になってくるわけですね。

知名度がない企業でも、社名を聞いただけでは分からない、何をしている会社と・・
実は、これこれの取り扱いをしている会社だと。

アップルも、アップルコンピュータから、単一のコンピュータ会社ではないので、アップル(Apple)の社名に、同時に、リンゴのロゴマークを先進のロゴ調をイメージ変更したように。

松下電器ではなく、パナソニックとした、横文字ですね。電器だけではなく、幅広く取り扱い商品が増えました。

企業ロゴからして自然ではあるけど、恐らくパナ+ソニックの複合としてでしょうか。これまで親しんだ名前だから、継続していこうとしたのですね。

これでブランドの統一感がとれるかもしれません。

 - 企業 ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
Googleの英断

Googleの中国国内における、言論の自由については、注目していましたが、本土撤退のGoogleの英断は、本来持っているGoogleの良さが損なわれておらず、GoogleのDNAは息づいている、自由闊達な企業風土、コミュニケーションが生きていた。

2014年の世界で最も価値あるブランド
2014年の世界で最も価値あるブランド企業は?

2014年 世界で最も価値あるブランドの会社と言えば、どこを思い浮かびますか? …

no image
本物志向と未来の先取り

新製品、新サービスからテクノロジーも含めて本物志向とは何か?、が問われています。車から携帯、スマートフォンを初め、幅広い業界・業種、ジャンルにおいて、『本物志向』とは、の問いに対して明白な答えの一つに

no image
新製品はハイテクぞろい

ハイテク製品といっても様々、最近では、デジタルカメラで撮影するにも、被写体(撮影対象者)を登録しておけば、その被写体を追っかけて焦点を合わせるデジカメまで出てきました。

アップル iphone6
iPhone6 デザインは、外観がオールグラス製で先進性・機能も重視?

アップル iPhoneのデザイン性は、 もともと外観性にも優れ、   …

伝えることから始めよう!販売とは『伝たわる力』?

『伝えることから始めよう』とは、著者であるテレビ通販大手のジャパネットたかたの前 …

Gopro
GoProは最高に楽しそう! 撮った映像をYoutubeで世界で共有できる!

世界でも最も多目的に撮れるカメラのGoProは、アクション中の動画や水中での映像 …

no image
電気自動車の実現性は

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は1日、産経新聞などの取材に応じ、電気自動車(EV)を2012年までに新興国を除いた全世界に販売する方針を明らかにしました。(ここまで出所:産経新聞)ようやく、電気自動車がお目見えすることになりましたね。大学など、自動車メーカーでなくても電気自動車の開発・試作・試乗をしていて、自動車メーカーより開発意識は高いように思えます。

no image
PC最大手ヒューレット・パッカード VS エーサー(EeePC)

エーサー(台湾パソコンメーカー)、が発売したノートPCのEeePCは、5万円を切る価格、液晶画面は7インチでもネットワーク機能は搭載しているみたい。3日間で1万台を完売して、更に生産が追いつかない状態が続いて夏近くまで、品薄状態が続く見込みとのことです。一方、パソコン最大手ヒューレット・パッカードは、

no image
パソコン大手デル(Dell)は、かつてのように復活できるのか?

マネジメントバイアウト(MBO)の成立を受けて、株式市場上場を廃止となるようです。CEOのマイケル・デル氏は、「デルは非公開企業として新たな道を歩み始める」と述べているようですが、新たなる道を作るためにも絶対その方がいいですね。株主の利益追求や株主の顔色を伺って経営していては、うまくいくものもいかなくなる可能性が高いと思われます。それよりも、創業した当初の起業家精神を発揮して、デルが生まれ変わるくらいの気持ちで再浮上を目指すことが望ましいですね。