生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

PC最大手ヒューレット・パッカード VS エーサー(EeePC)

      2017/06/04

エーサー(台湾パソコンメーカー)、が発売したノートPCEeePCは、5万円を切る価格、液晶画面は7インチでもネットワーク機能は搭載しているみたい。

3日間で1万台を完売して、更に生産が追いつかない状態が続いて夏近くまで、品薄状態が続く見込みとのことです。

一方、PC首位のヒューレット・パッカードは、その価格に対抗できる価格帯を今後検討している様子。

なにしろ、エーサーは昨年のクリスマスでは、3万円を切る低価格パソコンを販売して、注目を集めているため、見過ごせない展開になってきているためです。

PC対抗価格には、そのまた対抗価格で応戦するようですね。ここまで来ると、パソコン大丈夫?と、疑問符がつきそうです。つまり、価格に対する品質や信頼性ですね。

これほどプリンターとパソコンの価格がほとんど近いとは、あまり聞いたことがないです。
増してやプリンターの価格も手頃になり、印字速度や品質も上がりました。

昔、確かMSXとかという、パソコンがありましたが、パソコンの統一を図ったのですが、ゲームソフトなど使用できる中途半端な規格であまり売れずに終わったようです。

機能、スピード、処理速度は、過去のパソコンとは比べようもないほど天と地の差はあるにしてもですけど、使用する目的に対応したりや中身が大切ですね。

EeePCの低価格パソコン、使い方は、2台目と買っていく消費者が、セカンドマシン用として使い、高機能PCを必要としない、低価格PCで済ましてしまうことも、考えられるかもしれません。

ネット用にサクサク使用できそうなので、軽い分だけ、インターネットにもスピーディに接続できるメリットがありそうですね。
マウス一つとっても、ブルートゥース搭載で素早く便利になりました。

パソコンに色々ソフトが入っていると、場合によってやはり重くなるのが感じられますし、セキュリティで分けておくのもいいかもしれません。お手軽な分、ネット専用の使用としてもいいかもしれません。

それでも、3万を切るパソコンはゲーム機の価格と比べてもあまり変わらないとは、ある意味信じられないです。

デルコンピュータや他のパソコンメーカがどのように対応してくるかを注目してみたいと思います。

 - 企業 , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
Google Glass(グーグル・グラス)の凄さとは?驚くほどシンプル?

瞬時に必要な情報を知らせてくれる近未来的なウエアラブルコンピュータ端末、かけて、目で見える情報収集・情報通知メガネ、Google Glass(グーグル・グラス)は驚くほどシンプルとしていますが、すごい情報端末を開発したものです。じゃー、どれくらいシンプルなのかですね。情報端末メガネは、かけながらハンズフリーで、情報を収集して瞬時に必要な情報を知らせてくれる近未来的なウエアラブルコンピュータ端末でもあります。例えば、子どもと遊んでいる瞬間、目の前の子供の表情を撮りたいとき、撮影と言うと、その素敵な目の前にある瞬間の写真がハンズフリーで撮れてしまう。また、例えば・・

アップル iphone6
iPhone6 デザインは、外観がオールグラス製で先進性・機能も重視?

アップル iPhoneのデザイン性は、 もともと外観性にも優れ、   …

no image
CIが企業・製品イメージを変える?

松下電器産業が、社名をパナソニックに変えると発表しています。CI導入により、統一性を出すということですね。
つまり時代の流れの中で、企業の持つ役割が変化したことを意味します。ナショナル、松下電器、パナソニックと、現在バラバラになった状態のロゴになっているので社名と製品イメージを統一することによって、製品のブランドの持つ力を効果的に引き出すのと併せ、引いては社名のブランド化も図ることも主眼としていると思います。

no image
新製品はハイテクぞろい

ハイテク製品といっても様々、最近では、デジタルカメラで撮影するにも、被写体(撮影対象者)を登録しておけば、その被写体を追っかけて焦点を合わせるデジカメまで出てきました。

no image
エンジン・ガソリン時代の終焉?電気自動車(EV)、PHV時代の到来か!

数年前に、このブログでもガソリン車に代わって電気自動車の時代になると何度か、その …

no image
本物志向と未来の先取り

新製品、新サービスからテクノロジーも含めて本物志向とは何か?、が問われています。車から携帯、スマートフォンを初め、幅広い業界・業種、ジャンルにおいて、『本物志向』とは、の問いに対して明白な答えの一つに

no image
iPhoneのCMとギャラクー・ギアCMの独創性と価値とは?

企業の文化やスタイルはCMにも現れ、製品同様にいかに新製品を伝えるか、どう表現してアピールしていくかは、その企業が持つ独創性、そのものですね。製品にオリジナル、これまでにない、独創的な製品を創り出したり(作るのではなく)、過去に見たこともない、あっと驚くほど優れている製品を創る企業が存在する中で

no image
アップルは以前のMac時代に回帰していくのだろうか?

新型タブレット型端末iPad AirとiPad Minの新製品を初め、MacBook、Mac Proも欲しくなる一品で、世界でも、ある一定の販売力がある製品群であると想像できます。さらにですよ、Mac OS X最新バージョン「Marverick」は無料であるのにびっくりですが、ジョブズお得意の『One more thing』は?

no image
マッキンゼー出身者が活躍や成功する理由は?

マッキンゼー出身者が成功するのはなぜ?と、話題になっています。多くのマッキンゼー出身の優れた卒業生が、様々な分野の産業界で活躍している中、経済評論家の勝間和代さんやオイシックス(Oisix)創業者の高島宏平さんもまた、食材宅配のネット販売で同じように活躍しています。これらのマッキンゼー出身者の活躍が実力を十二分に発揮してその業界のリーダー的存在としても成功しています。では、なぜ、マッキンゼーから優秀な人材続々と出てくるのでしょうか?その理由が面白いです。

no image
電気自動車の実現性は

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は1日、産経新聞などの取材に応じ、電気自動車(EV)を2012年までに新興国を除いた全世界に販売する方針を明らかにしました。(ここまで出所:産経新聞)ようやく、電気自動車がお目見えすることになりましたね。大学など、自動車メーカーでなくても電気自動車の開発・試作・試乗をしていて、自動車メーカーより開発意識は高いように思えます。