生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

OKWaveへようこそ、コミュニティーサイトとは

      2014/05/18

OKWaveへようこそ。
と、始まる「質問」と「回答」のやりとりがオープンに交わされるコミュニティーサイトが、OKWaveとマイクロソフト間で業務提携しました。

ネット上で悩みや疑問を投稿すると、ネット利用者が答えるQ&Aのサイトを運営しているのがOKWave。

解決策を利用者同士の「質問」と「回答」によって、コミュニケーションをとっていこうとするものです。

例えば、OKWaveのサイトには、次のことが記されています。日常のふとした疑問からあらゆるトラブルまで「質問」の形で投稿することができ、多彩かつ好意的な回答者たちから回答を得ることができますと。

読者が得意とする分野では、もちろん読者が回答者として、
寄せられた質問の解決策やアドバイスを「回答」の形で投稿することができるのです。

疑問に思ったことが、調べても解答が得られなかった時には投稿といったカタチで誰かに質問することで、コミニュケーションして、疑問が解ければ、とても悩みで困っていることを解決できたり、人の役立つことにつながるわけですね。

勿論、何も調べずに質問するのも、相手がいることですから、良識の上で、また相手のことを考えてあげて、質問することはとても大切なことですし、ネットの向こうに人がいるので、全てには答えられないこともあるでしょうけど。

同社社長は、想像を絶するくらい、人知れず苦労されて、ここまで、個人一人として、また会社組織として発展させられた持ち主でもあります。

スタートから現在に至るまで生還してできることは果てしなく大変難しい壁をいくつも乗り越えて成し遂げられました。

一人の「企業家」として、そして一人の「人」として。
企業家精神やバイタリティといった、言葉すら表現した時点ですぐに陳腐化してしまいそうです。

こんな、例え自体が意味をなしませんが、次の選択肢しか無い場合、次のどちらの道を選んで成功に導くことができるだろうかと考えたら。

「「明日登山家と2人でエベレスト登頂に出発するので、数日で出発準備整えるように・・」ただし、マイクロソフトとの提携は別格なので、超トップ企業などとの提携は例外として考えて。

OKWave社長が過去に経験された道のりで今ある成功を成し遂げたことと、エベレスト登頂のいずれかを選択するならば。

二者択一で成功を収めて生還に導くには、どちらを選択するでしょうか。
それだけリアルに実践し成まで持ち込むにはとても困難が伴うことは、容易に想像できます。
何の経験も無いエベレスト登頂はすぐに選べるだろうかと、思ってしまいます。かと言って、辛く経験された過去を振り返って同じことを経験することもまた、大変です。

または、OKWave社長の経験されたようなすさまじい環境の中から、這い上がり今日のように普段と変わらぬ企業に作り上げることはできるのかどうか。

 - 企業 , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
金融危機とG・M(ゼネラル・モーターズ)

金融危機により、G・M(ゼネラル・モーターズ)含む、アメリカの三大自動車メーカーの資金の流れが急変しています。株価の暴落、恐らく1929年の世界恐慌同等か、下手すればそれ以上の恐慌にもなりかねません。

no image
マッキンゼー出身者が活躍や成功する理由は?

マッキンゼー出身者が成功するのはなぜ?と、話題になっています。多くのマッキンゼー出身の優れた卒業生が、様々な分野の産業界で活躍している中、経済評論家の勝間和代さんやオイシックス(Oisix)創業者の高島宏平さんもまた、食材宅配のネット販売で同じように活躍しています。これらのマッキンゼー出身者の活躍が実力を十二分に発揮してその業界のリーダー的存在としても成功しています。では、なぜ、マッキンゼーから優秀な人材続々と出てくるのでしょうか?その理由が面白いです。

no image
Google Glass(グーグル・グラス)の凄さとは?驚くほどシンプル?

瞬時に必要な情報を知らせてくれる近未来的なウエアラブルコンピュータ端末、かけて、目で見える情報収集・情報通知メガネ、Google Glass(グーグル・グラス)は驚くほどシンプルとしていますが、すごい情報端末を開発したものです。じゃー、どれくらいシンプルなのかですね。情報端末メガネは、かけながらハンズフリーで、情報を収集して瞬時に必要な情報を知らせてくれる近未来的なウエアラブルコンピュータ端末でもあります。例えば、子どもと遊んでいる瞬間、目の前の子供の表情を撮りたいとき、撮影と言うと、その素敵な目の前にある瞬間の写真がハンズフリーで撮れてしまう。また、例えば・・

no image
新製品はハイテクぞろい

ハイテク製品といっても様々、最近では、デジタルカメラで撮影するにも、被写体(撮影対象者)を登録しておけば、その被写体を追っかけて焦点を合わせるデジカメまで出てきました。

no image
PC最大手ヒューレット・パッカード VS エーサー(EeePC)

エーサー(台湾パソコンメーカー)、が発売したノートPCのEeePCは、5万円を切る価格、液晶画面は7インチでもネットワーク機能は搭載しているみたい。3日間で1万台を完売して、更に生産が追いつかない状態が続いて夏近くまで、品薄状態が続く見込みとのことです。一方、パソコン最大手ヒューレット・パッカードは、

2014年の世界で最も価値あるブランド
2014年の世界で最も価値あるブランド企業は?

2014年 世界で最も価値あるブランドの会社と言えば、どこを思い浮かびますか? …

アップル iphone6
iPhone6 デザインは、外観がオールグラス製で先進性・機能も重視?

アップル iPhoneのデザイン性は、 もともと外観性にも優れ、   …

no image
本物志向と未来の先取り

新製品、新サービスからテクノロジーも含めて本物志向とは何か?、が問われています。車から携帯、スマートフォンを初め、幅広い業界・業種、ジャンルにおいて、『本物志向』とは、の問いに対して明白な答えの一つに

Gopro
GoProは最高に楽しそう! 撮った映像をYoutubeで世界で共有できる!

世界でも最も多目的に撮れるカメラのGoProは、アクション中の動画や水中での映像 …

no image
CIが企業・製品イメージを変える?

松下電器産業が、社名をパナソニックに変えると発表しています。CI導入により、統一性を出すということですね。
つまり時代の流れの中で、企業の持つ役割が変化したことを意味します。ナショナル、松下電器、パナソニックと、現在バラバラになった状態のロゴになっているので社名と製品イメージを統一することによって、製品のブランドの持つ力を効果的に引き出すのと併せ、引いては社名のブランド化も図ることも主眼としていると思います。