生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

OKWaveへようこそ、コミュニティーサイトとは

      2014/05/18

OKWaveへようこそ。
と、始まる「質問」と「回答」のやりとりがオープンに交わされるコミュニティーサイトが、OKWaveとマイクロソフト間で業務提携しました。

ネット上で悩みや疑問を投稿すると、ネット利用者が答えるQ&Aのサイトを運営しているのがOKWave。

解決策を利用者同士の「質問」と「回答」によって、コミュニケーションをとっていこうとするものです。

例えば、OKWaveのサイトには、次のことが記されています。日常のふとした疑問からあらゆるトラブルまで「質問」の形で投稿することができ、多彩かつ好意的な回答者たちから回答を得ることができますと。

読者が得意とする分野では、もちろん読者が回答者として、
寄せられた質問の解決策やアドバイスを「回答」の形で投稿することができるのです。

疑問に思ったことが、調べても解答が得られなかった時には投稿といったカタチで誰かに質問することで、コミニュケーションして、疑問が解ければ、とても悩みで困っていることを解決できたり、人の役立つことにつながるわけですね。

勿論、何も調べずに質問するのも、相手がいることですから、良識の上で、また相手のことを考えてあげて、質問することはとても大切なことですし、ネットの向こうに人がいるので、全てには答えられないこともあるでしょうけど。

同社社長は、想像を絶するくらい、人知れず苦労されて、ここまで、個人一人として、また会社組織として発展させられた持ち主でもあります。

スタートから現在に至るまで生還してできることは果てしなく大変難しい壁をいくつも乗り越えて成し遂げられました。

一人の「企業家」として、そして一人の「人」として。
企業家精神やバイタリティといった、言葉すら表現した時点ですぐに陳腐化してしまいそうです。

こんな、例え自体が意味をなしませんが、次の選択肢しか無い場合、次のどちらの道を選んで成功に導くことができるだろうかと考えたら。

「「明日登山家と2人でエベレスト登頂に出発するので、数日で出発準備整えるように・・」ただし、マイクロソフトとの提携は別格なので、超トップ企業などとの提携は例外として考えて。

OKWave社長が過去に経験された道のりで今ある成功を成し遂げたことと、エベレスト登頂のいずれかを選択するならば。

二者択一で成功を収めて生還に導くには、どちらを選択するでしょうか。
それだけリアルに実践し成まで持ち込むにはとても困難が伴うことは、容易に想像できます。
何の経験も無いエベレスト登頂はすぐに選べるだろうかと、思ってしまいます。かと言って、辛く経験された過去を振り返って同じことを経験することもまた、大変です。

または、OKWave社長の経験されたようなすさまじい環境の中から、這い上がり今日のように普段と変わらぬ企業に作り上げることはできるのかどうか。

 - 企業 , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
Googleの英断

Googleの中国国内における、言論の自由については、注目していましたが、本土撤退のGoogleの英断は、本来持っているGoogleの良さが損なわれておらず、GoogleのDNAは息づいている、自由闊達な企業風土、コミュニケーションが生きていた。

no image
Google Glass(グーグル・グラス)の凄さとは?驚くほどシンプル?

瞬時に必要な情報を知らせてくれる近未来的なウエアラブルコンピュータ端末、かけて、目で見える情報収集・情報通知メガネ、Google Glass(グーグル・グラス)は驚くほどシンプルとしていますが、すごい情報端末を開発したものです。じゃー、どれくらいシンプルなのかですね。情報端末メガネは、かけながらハンズフリーで、情報を収集して瞬時に必要な情報を知らせてくれる近未来的なウエアラブルコンピュータ端末でもあります。例えば、子どもと遊んでいる瞬間、目の前の子供の表情を撮りたいとき、撮影と言うと、その素敵な目の前にある瞬間の写真がハンズフリーで撮れてしまう。また、例えば・・

no image
iPhone5cの廉価版の販売が予想下回った訳は?

iPhone5cの廉価版が予想を下回った販売の訳はとてもシンプル。そもそものiPhone5cのコンセプトである多色タイプのiPhoneは、iMacの成功に起因しているのですね。カラフルで半透明な筐体は斬新でした。しかーし、です。iPhone5cが5色の色で登場するのではと噂がたっていましたが、その時点で、えっーと、思ったものでした。あの再来をイメージするものを、また同じように投入するのだなと。iMacを知っているファンは、一瞬で分かったと思います。

no image
ゼネラル・モーターズ(GM)とアップルコンピュータ(Apple)

ゼネラル・モーターズ(GM)とアップルコンピュータ(Apple)は共に、アメリカを代表する超優良企業ですが、金融危機に直面して、温度格差が出始めました。

no image
アップルは以前のMac時代に回帰していくのだろうか?

新型タブレット型端末iPad AirとiPad Minの新製品を初め、MacBook、Mac Proも欲しくなる一品で、世界でも、ある一定の販売力がある製品群であると想像できます。さらにですよ、Mac OS X最新バージョン「Marverick」は無料であるのにびっくりですが、ジョブズお得意の『One more thing』は?

no image
アップルがNo.1(ナンバーワン)

アップル(Apple)がついに、米国で賞賛される企業のベスト20社をアメリカ経済誌のフォーチュン誌が発表した、2007年に17位だった、アメリカ電子機器大手のアップル(Apple)がナンバーワンとなったと、ニューヨーク共同が伝えています。

no image
本物志向と未来の先取り

新製品、新サービスからテクノロジーも含めて本物志向とは何か?、が問われています。車から携帯、スマートフォンを初め、幅広い業界・業種、ジャンルにおいて、『本物志向』とは、の問いに対して明白な答えの一つに

no image
マッキンゼー出身者が活躍や成功する理由は?

マッキンゼー出身者が成功するのはなぜ?と、話題になっています。多くのマッキンゼー出身の優れた卒業生が、様々な分野の産業界で活躍している中、経済評論家の勝間和代さんやオイシックス(Oisix)創業者の高島宏平さんもまた、食材宅配のネット販売で同じように活躍しています。これらのマッキンゼー出身者の活躍が実力を十二分に発揮してその業界のリーダー的存在としても成功しています。では、なぜ、マッキンゼーから優秀な人材続々と出てくるのでしょうか?その理由が面白いです。

no image
パソコン大手デル(Dell)は、かつてのように復活できるのか?

マネジメントバイアウト(MBO)の成立を受けて、株式市場上場を廃止となるようです。CEOのマイケル・デル氏は、「デルは非公開企業として新たな道を歩み始める」と述べているようですが、新たなる道を作るためにも絶対その方がいいですね。株主の利益追求や株主の顔色を伺って経営していては、うまくいくものもいかなくなる可能性が高いと思われます。それよりも、創業した当初の起業家精神を発揮して、デルが生まれ変わるくらいの気持ちで再浮上を目指すことが望ましいですね。

伝えることから始めよう!販売とは『伝たわる力』?

『伝えることから始めよう』とは、著者であるテレビ通販大手のジャパネットたかたの前 …