生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

ゼネラル・モーターズ(GM)とアップルコンピュータ(Apple)

      2014/05/18

米ゼネラル・モーターズ(GM)に対し、米政府は、2008年年末つなぎ融資で、約3600億円を供与したとのことですが、一時しのぎの感がありそうです。

アメリカ大統領ですら、大国を支えるには、一時凌ぎと分かっていても実行しなければならないことがでるのでしょう。

なぜ、一時凌ぎなのかは、車が売れる前提が必要だからです。売れる前提でしたら、その政策は正しいかもしれません。

冷え込んでいる市場にその政策では、延命ではあるけど、それ以上は疑問符がつきます。その瞬時の工面としてはしかたないと言えばそれまでですが。

もし、オバマ次期大統領ならばどうしているでしょうか、興味あるところで、時間の問題でその対策に対応することになります。

2009年は、色々な意味で試される年になるでしょうね。政府、民間企業、労働者も含めて。

つまり時代の変化に対して意識は変わらなければならないことです。トップリーダーとして。そして、企業として。米ゼネラル・モーターズ(GM)もそうですし、トヨタといえどもそうでしょうか。

確か、トムピーターズ氏だったと思いますが、ゆでガエル現象では、衰退すると。
つまり、ぬるま湯に入っていたカエルが、じわじわと温度が上がっているのに気づかずにいたまま、ゆであがってしまう現象。

大手自動車会社は安泰と思われていた企業が救済を求める時代に突入したのです。
ある意味、ガソリンのみに頼る時代から新エネルギー時代に来たのではないかと思います。
ハイブリッドも、ガソリンの時代に含まれます。

その現在使われてる併用技術ではなく、全く新しい動力が必要とされます。電気もその一つ、大学でも電気自動車を試運転してるニュースを見ますね。ようやく、真剣に新エネルギーが表舞台に出てきました。

そうした、新しい技術や、分野に人材を移していく必要があります。新分野にお金を投入していくことが民間企業、政府にとって必要なことでしょうか。

特に政府は、そうしたことに、税金が使われて活路が拡がり、生きたお金につながるといえるのではないかと思います。

アップルコンピュータスティーブ・ジョブズ氏がこれまで導いた実績と企業家精神は、これまでにない道筋を新たに創造していくことが、これから最も必要な要素になります。

極端な言い方をすると、オバマ次期大統領が、変革のスペシャリストとして、対策のご意見番としてスティーブ・ジョブズ氏を次期の、第二の経済対策大統領補佐官として迎えることができると無理に仮定すると経済状況が変化する可能性があるようにも、つい想像してしまいます。

民間人の企業家精神を持つトップクラスの人材の投入がアメリカの変革を支えるキーになると思います。

 - 企業 , , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
本物志向と未来の先取り

新製品、新サービスからテクノロジーも含めて本物志向とは何か?、が問われています。車から携帯、スマートフォンを初め、幅広い業界・業種、ジャンルにおいて、『本物志向』とは、の問いに対して明白な答えの一つに

2014年の世界で最も価値あるブランド
2014年の世界で最も価値あるブランド企業は?

2014年 世界で最も価値あるブランドの会社と言えば、どこを思い浮かびますか? …

no image
アップルがNo.1(ナンバーワン)

アップル(Apple)がついに、米国で賞賛される企業のベスト20社をアメリカ経済誌のフォーチュン誌が発表した、2007年に17位だった、アメリカ電子機器大手のアップル(Apple)がナンバーワンとなったと、ニューヨーク共同が伝えています。

no image
パソコン大手デル(Dell)は、かつてのように復活できるのか?

マネジメントバイアウト(MBO)の成立を受けて、株式市場上場を廃止となるようです。CEOのマイケル・デル氏は、「デルは非公開企業として新たな道を歩み始める」と述べているようですが、新たなる道を作るためにも絶対その方がいいですね。株主の利益追求や株主の顔色を伺って経営していては、うまくいくものもいかなくなる可能性が高いと思われます。それよりも、創業した当初の起業家精神を発揮して、デルが生まれ変わるくらいの気持ちで再浮上を目指すことが望ましいですね。

no image
Googleの英断

Googleの中国国内における、言論の自由については、注目していましたが、本土撤退のGoogleの英断は、本来持っているGoogleの良さが損なわれておらず、GoogleのDNAは息づいている、自由闊達な企業風土、コミュニケーションが生きていた。

no image
伝えることから始めよう!販売とは『伝たわる力』?

『伝えることから始めよう』とは、著者であるテレビ通販大手のジャパネットたかたの前 …

no image
アップルは以前のMac時代に回帰していくのだろうか?

新型タブレット型端末iPad AirとiPad Minの新製品を初め、MacBook、Mac Proも欲しくなる一品で、世界でも、ある一定の販売力がある製品群であると想像できます。さらにですよ、Mac OS X最新バージョン「Marverick」は無料であるのにびっくりですが、ジョブズお得意の『One more thing』は?

no image
CIが企業・製品イメージを変える?

松下電器産業が、社名をパナソニックに変えると発表しています。CI導入により、統一性を出すということですね。
つまり時代の流れの中で、企業の持つ役割が変化したことを意味します。ナショナル、松下電器、パナソニックと、現在バラバラになった状態のロゴになっているので社名と製品イメージを統一することによって、製品のブランドの持つ力を効果的に引き出すのと併せ、引いては社名のブランド化も図ることも主眼としていると思います。

no image
新製品はハイテクぞろい

ハイテク製品といっても様々、最近では、デジタルカメラで撮影するにも、被写体(撮影対象者)を登録しておけば、その被写体を追っかけて焦点を合わせるデジカメまで出てきました。

no image
電気自動車の実現性は

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は1日、産経新聞などの取材に応じ、電気自動車(EV)を2012年までに新興国を除いた全世界に販売する方針を明らかにしました。(ここまで出所:産経新聞)ようやく、電気自動車がお目見えすることになりましたね。大学など、自動車メーカーでなくても電気自動車の開発・試作・試乗をしていて、自動車メーカーより開発意識は高いように思えます。