生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

髪の毛が生えるiPS細胞で脱毛症の治療は?

      2014/05/17

髪の毛が生えるiPS細胞で脱毛症の治療はできるのか、
本来、一番知りたいところ、気になるところですね。

髪の毛が生える技術の進歩もiPS細胞のエンジンで推進していきそうな勢いで、髪の毛が生える元の『毛包』を部分的に再生させる実験に成功したようです。

慶応大学医学部の大山専任講師らのチームが、人のiPS細胞(人工多能性細胞)を利用して
髪の毛を生成させる『毛包』を部分的にせよ、再生することを実験で確認できた成果は大きく、
脱毛症の治療への可能性につながりそうです。

毛包は毛穴より、更に下にある組織、発毛の司令を出す毛乳頭がありますが、元の毛包の再生に一定の成果が出たことは脱毛症の多い患者さんにはかなりの朗報です。

次回以降の実験では毛乳頭細胞と毛包の全体的なカタチづくりの結果、技術を
確立していくことになりそうです。

実際にその結果はどうなのかです。増殖力の高いiPS細胞がどう生かされていくのか、研究から実践へとiPS細胞を使うことでこれまで出来なかったことも出来るようになるなど、リアルな実際に使える技術としてまた、確立していくためにも段階がより上がっていくように思います。

これまで不可能に近く実現が困難だった分野への応用も含め夢から現実化への移行が試されていくかもしれません。

この辺りは、iPS細胞の威力を含めて、実験、実証的にもかなりの注目です。

 - 話題 , , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
4Kテレビが映像の世界を根本的に激変させる技術とは?

4Kテレビが映像の世界を根本的に激変させる技術とは?としていますが、誰しも気になる4Kテレビ(4K TV)の秘める力は、全ての映像を根本から変えるだろうと思っています。その4Kテレビは、まさに夢のテレビになる技術と将来性を秘めています。これは、ハイビジョンからフルハイビジョンになった変化の度合いとは桁外れに違うこと。また、3Dに変化した時代とは根本的に違いがあります。理由は・・・?映像を直接これまでに観た映像とは違う絵を直視できることと、楽しみが視覚的、直感的に想像以上に楽しめることです。これまでに観たこともない映像として楽しめるだろうと想像できるのですね。じゃー、本当にそうなのー?と思われるでしょうから、その理由の一つに・・

no image
オバマ氏の演説は、どこがそんなにすごいのか?

オバマ氏の演説、題名からして、批判記事かと思ってスルーしようとしたが、実はそうではない。かなり、興味深い毎日新聞の特集記事になっているので、今回、そのまま紹介してみたいと思います。
なぜ、アメリカ大統領候補の当初は無名のオバマ氏が、ここまで、知名度の高いクリントン氏を追い上げてきたのかという、理由が垣間見ることができます。

no image
新国立競技場の建築の粋を極めた臨場感とデザイン性を白紙に!

新国立競技場は、斬新的で、どこにも無い近未来を思わせる建築!と、タイトルは付いてますが、新国立競技場 国際デザインコンクールで選ばれた建築物の作品で、新国立競技場は、8万人を収容する立体スタジアムのキャパが必要なこと・・最優秀賞に輝いたのは、イギリスの建築設計事務所、ザハ・ハディド・アーキテクトのデザインが選出され、それはもう近未来の斬新的なデザイン・・

小保方氏のSTAP細胞を一緒に捜してあげればいいのでは。

小保方氏の息子を一緒に捜してあげればいいのでは。と、つくづくそう思います。 延々 …

no image
STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見

STAP細胞『刺激惹起性多能性獲得細胞』の驚くべき大発見が!体の細胞に酸性の溶液で刺激を与えるだけで、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などと同様、あらゆる臓器や組織になれる「万能細胞」を作ることに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターなどのグループがマウスの実験で成功しました。iPS細胞では通常作製に2〜3週間かかるのに対し、STAP細胞では最短2日間で作製して、成功率や使う際の安全性も高く

no image
つみきのいえ、の加藤監督作品、オスカー受賞となるか?

つみきのいえ、の加藤監督の作品が第81回アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされ、いよいよ、22日、『つみきのいえ』が、アカデミー賞受賞式で作品賞でオスカー像を手にできるのか、発表も間もなく。

no image
GILLE(ジル)の魅力とYoutubeの魅力は可能性を創る大きな扉!

GILLE(ジル)の魅力とYoutubeの魅力を、一層思い知ったのは今日が初めてかもしれません。それだけ、Youtubeを見たり、大きな魅力を感じていなかったり、また、活用していなかったこともあるかもしれません。投稿されている動画が置いてあるライブラリー的な感覚で。つまり、静的な動画のイメージだったのですね。ところが、GILLE(ジル)もそうだけど、スーザーン・ボイルのデビューもYoutube。現在から過去まで。これだけ遠く遡って記録してくれるメディアはあったでしょうか・・

no image
世界最強将棋ソフトV.S.現役プロ棋士との電王戦 対決結果は?

「第2回将棋電王戦」は、世界コンピュータ将棋選手権で好成績を挙げた最強コンピュータと、現役のプロ棋士5人による史上初の団体戦で、これまでプロ棋士1勝2敗1分。その1引き分けも、現役の塚田九段がまさに執念で持ち込んだ背水の陣の賜。相手コンピュータの考え方の隙をついたプロ棋士の頭脳将棋の結果とも言えるかもしれません。

no image
ダビング10解禁か?

ダビング10、著作権の関係で、デジタル放送の録画を一度しかコピーできないシステムでしたが、それがコピーを含めて、10回までダビングができるということになります。

no image
つみきのいえ、おくりびと、アカデミー賞をダブルで受賞

<strong>アカデミー賞</strong>で、<strong>おくりびと</strong>Departures(滝田洋二郎監督)が外国語映画賞、<strong>つみきのいえ</strong>(加藤久仁生監督)が短編アニメーション賞をついにダブルで受賞しました