生活情報・生活スタイル、気になることは?

生活情報・生活スタイル、気になることを情報発信しています。

*

4Kテレビが映像の世界を根本的に激変させる技術とは?

      2014/05/17

4Kテレビが映像の世界を根本的に激変させる技術とは?としていますが、

誰しも気になる4Kテレビ(4K TV)や、次世代の8K TVの秘める力は近く全ての映像を根本から変えるだろうと思っています。

その4K、8Kテレビは、まさに夢のテレビになる技術と将来性を秘めています。これは、ハイビジョンからフルハイビジョンになった変化の度合いとは違います。

また、3Dに変化した時代とは根本的に違いがあります。理由は・・・?

楽しみが直接、視覚的、直感的に想像以上に楽しめることです。
これまでに観たこともない映像として楽しめるだろうと想像できるのですね。

じゃー、本当にそうなのー?と思われるでしょうからその理由の一つにまずは、下記のナショナル・ジオグラフィックの映像を見ると分かります。

その変化の度合いや影響は、映像全ての範囲にわたり、テレビ業界、映画業界、撮影、映画館はもとよりPC、スマホ、タブレットのiPad、iPhoneやアンドロイド系のタブレット、スマホはもちろん、インターネットの業界などありとあらゆるビデオ撮影やブルーレイ映像についても激変するものと思われます。

余りにも美しすぎる映像ですね。
このvimeoとナショナル・ジオグラフィックの映像を見られると分かりますが(画像が重いので、光インターネット以上オススメ、PCによっては読み込みに少し時間がかかるかも)このチーターの映像でも、投稿者は何度も見返したほどと書き込みしてますが、その通りだと思います。

自分自身でも、あまりにも美しいので再度見返したほどです。なんと、ファントムカメラは、
一秒間に1200フレーム(1200枚)を収める能力を持っています。とんでもない能力を持つ撮影機器です。

普通は、一秒間に映画では24フレーム、テレビでは30フレームの世界です。4Kテレビは、現在のテレビと比べて映像が4倍美しいと言われていて、表示パネルは現在のフルハイビジョンの水平画素(1980画素数)の約2倍、約4000画素数ある高精細テレビなので写真に近い映像となるわけです。

この目で直接、ハイビジョン、フルハイビジョン、そして4Kテレビの映像を実際見て来ました。
ハイビジョンは、既にテレビで観ているとおりですがフルハイビジョンも通常、40V以上のテレビには装備されているのでお持ちの方はご覧のとおりですね。

しかしです、4Kテレビで映し出される例えば髪の毛の映像や肌のキメの細やかさ、映像の綺麗なこと、美しいこと、髪の毛一本一本まで高精細なので綺麗に見れます。

見ると感動もので、引き込まれてじっーと、ついつい観てしまいます。笑

4Kテレビなどの高精細テレビの映像は国も注目していて、4Kテレビを2014年のサッカーW杯ブラジル大会までに実用化の計画も検討など(放送枠では実現していません)

更に上を行くハイビジョンテレビの16倍の解像度を実現する『8Kテレビ』の試験放送を2016年のリオデジャネイロ五輪にあわせてスタートさせる予定みたいで一層驚きです。

まさに、ここまで来るなら、動く写真そのものです。8Kテレビの映像をプリントアウトしても、
写真画像と変わらないくらい綺麗でしょうか。

女優さんの映像が更に綺麗に・・?女優・俳優さんにとって、ちょっとやばくないですか?
と言うか、相当ヤバイですよね。化粧だけでなく、地肌がモロに見えてしまうわけですから。

相当の美肌でないと映像に耐えれなくなってしまいませんか?笑と、冗談半分にしても、映像そのものは天下一品となりますね。

これなら、大画面のテレビやパソコンやタブレットも4Kや8Kテレビに対応した、容量や処理能力も兼ね備えていないといけないわけで、インターネットも光以上のパワーが必須になってきます。

4Kテレビは、これからですが、8Kテレビなど、全ての映像を扱う世界では、インフラが激変することは間違いないでしょう。それだけに、今後の映像の世界はとても楽しみになりますね。

 - 話題 , , , ,

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
つみきのいえ、おくりびと、アカデミー賞をダブルで受賞

<strong>アカデミー賞</strong>で、<strong>おくりびと</strong>Departures(滝田洋二郎監督)が外国語映画賞、<strong>つみきのいえ</strong>(加藤久仁生監督)が短編アニメーション賞をついにダブルで受賞しました

no image
信頼性は長きに亘り築き、反面、信頼性を失うのは一瞬で!

信頼性は長きにわたり築れますが、反面、信頼性は一瞬で失います。最近のホテルのメニューの誤表記、偽装など問題になっていますが、食材や食事のメニューが違った状態で、そもそも長い間、人の前に提示されていることは考えにくいわけです。ここにきて信頼性が問われる問題を一流ホテルが突きつけられています。ちゃんとしているホテルまで迷惑がかかるのですね。

no image
ヤンキースの田中将大投手への『想いの強さ』が入団の大きな決め手!

田中将大投手が遂にヤンキースと合意!固唾を呑んでメジャーの注目を一身に集めていた田中将大投手がヤンキースと合意しましたね。ヤンキースは井川投手で苦い経験があったものの、田中投手の将来性を見込んでヤンキースの柱を作る意味でも大きな決断をしたわけです。先日は、カーショー(ドジャース)の7年2億1500万ドル(約217億5800万円)と、度肝を抜く契約金額で衝撃を与えましたが、ヤンキースも負けじと・・・切り札を切ってきました。

no image
BCNデータとGfKのデータの違いで記事にも大きな変化が!

製品やサービスなど、データのサンプリングをとるにしても、調査対象の中身によって、公表データの違いによってデータの取り扱い方にも随分差が出ることが分かります。朝日新聞によると、調査会社BCNでは、「iPad」を売る米アップルが初めて首位から陥落したとが発表されました。BCNデータ→エイスースが12月のメーカー別シェアで44・4%に急伸、アップルは40・1%、一方、GfKデータ→12月もアップルが首位を維持したとしています。違いは、BCNのサンプリング数は、調査対象の家電量販店がBCNでは約2400店のデータ数、iPadの入荷が多い複数の大手量販店が含まれていないデータによる発表。一方、GfKは約4000店、iPadの入荷が多い複数の大手量販店が含まれるデータです。データーひとつ採るにしても、調査対象製品が含まれる販売先によって随分データーの正確性に違いが浮き彫りになってくるのですね。

no image
東日本大地震に関する災害情報

東日本大地震に関する災害情報源

no image
ダビング10解禁か?

ダビング10、著作権の関係で、デジタル放送の録画を一度しかコピーできないシステムでしたが、それがコピーを含めて、10回までダビングができるということになります。

no image
世界長者番付、すごいの一言では片付けられない?

経済誌フォーブスの、2008年の世界長者番付では、13年間マイクロソフトのビルゲーツ氏が首位でしたが、2008年には、アメリカの投資家、バフェット氏がはじめて首位となったようで

no image
新国立競技場の建築の粋を極めた臨場感とデザイン性を白紙に!

新国立競技場は、斬新的で、どこにも無い近未来を思わせる建築!と、タイトルは付いてますが、新国立競技場 国際デザインコンクールで選ばれた建築物の作品で、新国立競技場は、8万人を収容する立体スタジアムのキャパが必要なこと・・最優秀賞に輝いたのは、イギリスの建築設計事務所、ザハ・ハディド・アーキテクトのデザインが選出され、それはもう近未来の斬新的なデザイン・・

no image
たばこ1000円時代突入?

たばこを1箱1000円に値上げした場合、最大5兆9000億円の税増収が見込めるとの試算をはじき出した。たばこ愛煙家にとって、たばこ無しの生活リズムは成り立つのだろうか。

no image
世界最強将棋ソフトV.S.現役プロ棋士との電王戦 対決結果は?

「第2回将棋電王戦」は、世界コンピュータ将棋選手権で好成績を挙げた最強コンピュータと、現役のプロ棋士5人による史上初の団体戦で、これまでプロ棋士1勝2敗1分。その1引き分けも、現役の塚田九段がまさに執念で持ち込んだ背水の陣の賜。相手コンピュータの考え方の隙をついたプロ棋士の頭脳将棋の結果とも言えるかもしれません。